【最新】通所介護費 単位数一覧 <2024年4月介護報酬改定後>
 

介護保険の通所介護の単位数について、2024年4月(令和6年4月)からの介護報酬改定内容を紹介します。この通所介護費(デイサービス)の単位数については、2024年1月22日に厚生労働省から公表されたものです。

通所介護費については、2024年4月に改訂される項目と、2024年6月に改訂される項目があります。

2021年4月介護報酬改定の内容はこちら「通所介護費単位数・サービスコード 2021年4月介護報酬改定後

  この記事は、「厚生労働省 第239回社会保障審議会介護給付費分科会 資料資料2ー1 報酬の算定構造」を参考に作成したものです。支給限度額管理の対象外の算定項目や所定単位の表現など、記事上では省略した記載になっている部分がございます。本記事情報は参考にとどめ、厚生労働省ホームページ内の資料より情報をご確認ください。この情報をもとに対応したことにより損害やトラブル等が発生しても、当サイトおよび筆者は一切の責任を負いませんのでご了承ください。
利用している介護ソフトでお困りごとはありませんか?
介護ソフトは日々進化しています。新しく契約する場合も、ソフトの乗り換えの場合も、人気の介護ソフトの費用や機能、使い心地を比較して、新発見しませんか?
「介護ソフトナビ」 なら、機能や利用料金をかんたん比較!
2024年の介護報酬改定前に仕事環境を見直ししてみましょう!

こちらから無料で介護ソフト・クラウドサービスをかんたんに比較・資料請求できます!


令和6年介護報酬改定後(2024年4月1日から)通所介護費(基本報酬時間区分)

令和6年介護報酬改定後(2024年4月1日から)の通所介護費の単位数の一覧です。

令和6年介護報酬改定後(2024年4月1日から)の通所介護費の基本部分の単位数は・・・

  • 通常規模 全体的に微増
  • 大規模(Ⅰ) 全体的に微増
  • 大規模(Ⅱ) 全体的に微増 ということになりました。

加算などについては算定要件の変更は若干ありつつも大きな単位数は大きくは変更なし。

2時間以上3時間未満の通所介護を行う場合

4時間以上5時間未満の単位数×70/100

3時間以上4時間未満

通常規模 大規模(Ⅰ) 大規模(Ⅱ)
要介護1 370単位 358単位 345単位
要介護2 423単位 709単位 395単位
要介護3 479単位 462単位 446単位
要介護4 533単位 513単位 495単位
要介護5 588単位 568単位 549単位

4時間以上5時間未満

通常規模 大規模(Ⅰ) 大規模(Ⅱ)
要介護1 388単位 376単位 362単位
要介護2 444単位 430単位 414単位
要介護3 502単位 486単位 468単位
要介護4 560単位 541単位 521単位
要介護5 617単位 597単位 575単位

 

 

5時間以上6時間未満

通常規模 大規模(Ⅰ) 大規模(Ⅱ)
要介護1 570単位 544単位 525単位
要介護2 673単位 643単位 620単位
要介護3 777単位 743単位 715単位
要介護4 880単位 840単位 812単位
要介護5 984単位 940単位 907単位

6時間以上7時間未満

通常規模 大規模(Ⅰ) 大規模(Ⅱ)
要介護1 584単位 564単位 543単位
要介護2 689単位 667単位 641単位
要介護3 796単位 770単位 740単位
要介護4 901単位 871単位 839単位
要介護5 1008単位 974単位 939単位

7時間以上8時間未満

通常規模 大規模(Ⅰ) 大規模(Ⅱ)
要介護1 658単位 629単位 607単位
要介護2 777単位 744単位 716単位
要介護3 900単位 861単位 830単位
要介護4 1023単位 980単位 946単位
要介護5 1148単位 1097単位 1059単位

8時間以上9時間未満

通常規模 大規模(Ⅰ) 大規模(Ⅱ)
要介護1 669単位 647単位 623単位
要介護2 791単位 765単位 737単位
要介護3 915単位 885単位 852単位
要介護4 1041単位 1007単位 970単位
要介護5 1168単位 1127単位 1086単位

延長加算

8時間以上9時間未満の通所介護の前後に日常生活上の世話を行う場合、 8時間以上9時間未満の単位数に以下の単位数を加算できます。

9時間以上
10時間未満の場合
+50単位
10時間以上
11時間未満の場合
+100単位
11時間以上
12時間未満の場合
+150単位
12時間以上
13時間未満の場合
+200単位
13時間以上
14時間未満の場合
+250単位

通所介護の減算一覧

利用者の数が利用定員を超える場合 基本報酬×70/100
看護・介護職員の員数が基準に満たない場合 基本報酬×70/100
事業所が送迎を行わない場合 片道につき-47単位

高齢者虐待防止措置未実施減算

算定項目 加算内容
高齢者虐待防止措置未実施減算 上記の訪問介護費または共生型訪問介護費に対して-1%

業務継続計画未策定減算

算定項目 加算内容
業務継続計画未策定減算 上記の訪問介護費または共生型訪問介護費に対して-1%

※ 業務継続計画未策定減算については、感染症の予防及びまん延の防止のための指針の整備及び非常災害に関する具体的計画の策定を行っている場合には、令和7年3月31日までの間適用しない

共生型通所介護を行う場合

指定生活介護事業所が行う場合 基本報酬×93/100
指定自立訓練事業所が行う場合 基本報酬×95/100
指定児童発達支援事業所が行う場合 基本報酬×90/100
指定放課後等デイサービス事業所が行う場合 基本報酬×90/100

支給限度額管理の対象外の算定項目

感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の減少が一定以上生じている場合 基本報酬+基本報酬×3/100
事業所と同一建物の利用者に通所介護を行う場合 1日につき-94単位
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算 基本報酬+基本報酬×5/100

「感染症又は災害の発生を理由とする利用者数の減少が一定以上生じている場合」、「事業所と同一建物に居住する者又は同一建物から利用する者に通所介護を行う場合」、「中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算」、「サービス提供体制強化加算」、「介護職員処遇改善加算」、「介護職員等特定処遇改善加算」及び「介護職員等ベースアップ等支援加算」は、支給限度額管理の対象外の算定項目

通所介護の加算一覧

生活相談員配置等加算 1日につき+13単位
入浴介助加算(Ⅰ) 1日につき+40単位
入浴介助加算(Ⅱ) 1日につき+55単位
中重度者ケア体制加算 1日につき+45単位
生活機能向上連携加算(Ⅰ) 1月につき+100単位
(3月に1回を限度)
生活機能向上連携加算(Ⅱ) 1月につき+200単位
※ただし、個別機能訓練加算を算定している場合は、1月につき+100単位
個別機能訓練加算(Ⅰ)イ 1日につき+56単位
個別機能訓練加算(Ⅰ)ロ 1日につき+76単位
ADL維持等加算(Ⅰ) 1月につき+30単位
ADL維持等加算(Ⅱ) 1月につき+60単位
ADL維持等加算(Ⅲ) 1月につき+3単位
認知症加算 1日につき+60単位
若年性認知症利用者受入加算 1日につき+60単位
栄養アセスメント加算 1月につき+50単位
栄養改善加算 1回につき+200単位
(月2回を限度)
口腔・栄養スクリーニング加算(Ⅰ) 1回につき+20単位
(6月に1回を限度)
口腔・栄養スクリーニング加算(Ⅱ) 1回につき+5単位
(6月に1回を限度)
口腔機能向上加算(Ⅰ) 1回につき+150単位
(月2回を限度)

厚生労働省へのデータ提出(LIFE)による加算

2021年4月の介護報酬改定で、厚生労働省のデータベース(科学的介護情報システム LIFE)へデータを提出することが条件の加算が新設され、単位数としては変更なし。(一部算定要件、情報提出頻度等に変更有)

科学的介護推進体制加算 1月につき+40単位
個別機能訓練加算(Ⅱ) 1月につき+20単位
口腔機能向上加算(Ⅱ) 1回につき+160単位
(月2回を限度)

サービス提供体制加算

サービス提供体制強化加算(Ⅰ) 1日につき 22単位を加算
サービス提供体制強化加算(Ⅱ) 1日につき 18単位を加算
サービス提供体制強化加算(Ⅲ) 1日につき 6単位を加算

介護職員処遇改善の加算

※所定単位数とは、サービス提供体制強化加算を含む上記の単位数

2021年4月~2024年5月

通所介護事業所の処遇改善加算(2021年4月~2024年5月)

介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 1月につき +所定単位×59/1000
介護職員処遇改善加算(Ⅱ) 1月につき +所定単位×43/1000
介護職員処遇改善加算(Ⅲ) 1月につき +所定単位×23/1000
介護職員処遇改善加算(Ⅳ) 1月につき +(Ⅲ)の90/100
介護職員処遇改善加算(Ⅴ) 1月につき +(Ⅲ)の80/100

介護職員等特定処遇改善加算(2021年4月~2024年5月)

介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ) 1月につき +所定単位×12/1000
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅱ) 1月につき +所定単位×10/1000

介護職員等ベースアップ等支援加算(2021年4月~2024年5月)

介護職員等ベースアップ等支援加算 1月につき +所定単位×11/1000

※ 介護職員処遇改善加算、介護職員等特定処遇改善加算及び介護職員等ベースアップ等支援加算については令和6年5月31日まで算定可能。

2024年6月以降

算定項目 加算内容
訪問介護処遇改善加算(Ⅰ) 所定単位数の9.2%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅱ) 所定単位数の9.0%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅲ) 所定単位数の8.0%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅳ) 所定単位数の6.4%加算
算定項目 加算内容
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(1) 所定単位数の8.1%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(2) 所定単位数の7.6%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(3) 所定単位数の7.9%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(4) 所定単位数の7.4%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(5) 所定単位数の6.5%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(6) 所定単位数の6.3%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(7) 所定単位数の5.6%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(8) 所定単位数の6.9%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(9)
所定単位数の5.4%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(10) 所定単位数の4.5%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(11) 所定単位数の5.3%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(12) 所定単位数の4.3%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(13) 所定単位数の4.4%加算
訪問介護処遇改善加算(Ⅴ)(14) 所定単位数の3.3%加算

※ 介護職員等処遇改善加算(Ⅴ)については、令和7年3月31日まで算定可能。

通所介護とは

通所介護は、要介護状態となった場合でも、その利用者が可能な限り自分の住まいで、その方の能力に応じた自立した日常生活を送ることができるよう、生活機能の維持や向上を目指し、必要な日常生活上の世話や機能訓練を送迎付きの日帰りで計画的に提供します。高齢者が住まいで過ごしていると社会的孤立感を感じたり、心身の機能が低下したりする恐れがあるため、集団的な場で社交をしたり体操を行ったりすることを通して、これらの対策としての役割もあります。また、利用者の家族の時間的、精神的負担の軽減を図る目的もあります。

2024年4月・6月介護報酬改定の情報

令和6年~8年 地域区分(介護)区市町村の等級一覧(2024年4月~)

2024年介護報酬改定後の介護保険サービスごとの介護報酬・単位数

令和6年度介護報酬改定では、4月に変更となる内容と、6月に変更になる内容があります。例えば、訪問介護費の場合、基本報酬部分は4月から、処遇改善加算等は6月から変更という2段階での変更が生じることがあります。詳細は各記事に添付している厚生労働省のサイトからご確認ください。

 介護保険の居宅サービス介護給付費単位数の改定内容

施設サービス等介護給付費単位数の改定内容

利用者負担軽減の仕組みの改定

補足給付(負担限度額認定)に関わる見直しは、以下のとおりです。

令和6年8月1日施行とする事項
• 基準費用額の見直し

令和7年8月1日施行とする事項
• 多床室の室料負担

 

 

他の介護ソフトの使い勝手、気になりませんか?

介護ソフトナビ
今使っている介護の事務作業、記録・請求・書類作成のソフトは利用料が高いし使いにくい・・・・
パソコンが苦手なみんながストレスなく使える良いソフトやクラウドサービスはないかな…?

そんなときは介護ソフトを一覧から探して比較・情報収集ができる「介護ソフトナビ」が便利です。各社の介護ソフトは進化してますから、今使っているソフトと比べたり、情報収集だけでもきっと業務改善のための発見がありますよ!管理者はもちろんのこと、一般職員もソフト比較や資料請求は無料ですので、新しい業務環境を整える取り組みを通して最新情報にアップデートしていきたい人にもおすすめです。

ソフトの概要や費用の見積もりなどの資料を揃えて、上司や管理者に業務改善の提案してもよいですね!