介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格と業務・仕事内容

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは、要介護者や要支援者の人の相談や心身の状況に応じるとともに、サービス(訪問介護、デイサービスなど)を受けられるようにケアプラン(介護サービス等の提供についての計画)の作成や市町村・サービス事業者・施設等との連絡調整を行う者とされています。

居宅ケアマネの仕事

施設ケアマネの仕事

ケアマネジメント

ケアマネジメントとは、介護や支援を必要とする利用者本人が望む生活に向けて、介護福祉サービス・医療サービス、その他の社会資源を調整してつなぎ合わせる作業のことを指します。

ケアマネジメントプロセスのテクニック

ケアプラン

ケアプランとは、介護支援専門員(ケアマネジャー)がケアマネジメントを実施して作成する「居宅サービス計画」「施設サービス計画」のことです。ご本人のニーズを明確に、健康面、家族のこと、活動状況、社会参加など総合的にアセスメントし、必要な介護サービスやインフォーマルサービスを組み入れて計画します。ケアの方針が明文化されているので、ご本人の希望と援助を行うサービス担当者などが方向性や役割を認識して効果的な関わりをするために役立ちます。

ケアプラン作成の実務に役立つテクニック

ケアプラン・ケアマネの記事一覧