障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定基準や留意点
スポンサーリンク

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)とは

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定基準は、何らかの障害を有する高齢者の日常生活の自立度を保健師、看護師、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員などが客観的かつ短時間に判定することを目的として作成されたものです。

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定の際には、「~をすることができる」といった「能力」の評価ではなく「状態」、特に「移動」に関わる状態像に着目して、日常生活の自立の程度を4段階・8区分にランク分けすることで評価をします。

スポンサーリンク

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の活用について

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は、身近な場面としては、要介護認定の認定調査や主治医意見書などに使用されています。

朝昼夜等の時間帯や体調等によって能力の程度が異なる場合には、一定期間の状況(調査日よりおおむね過去1週間)において、最も頻回に見られる状況で選択をします。

障害を有する高齢者の状況は加齢や生活環境などで変化することから、必要に応じて繰り返し判定を行うこととし、その判定の際には主治医などと連絡を密にすることとされています。

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定基準では、特に障害を持たない、いわゆる健常高齢者は対象としていません

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の「障害」の意味とは

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の「障害」の意味とは、疾病や傷害およびそれらの後遺症あるいは老衰により生じた身体機能の低下のことです。

障害を持つ方は、補装具や自助具等の器具を使用しているケースがありますが、障害高齢者の日常生活自立度の判定に当たっては、補装具や自助具等の器具を使用した状態であっても差し支えないとされています。

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の簡単な覚え方

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の覚え方は、まずは生活自立度の中でも活動範囲に着目した評価であるということを意識します。

ポイント障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は、J外出自立、A屋内自立、Bほぼ寝たきり、C寝たきり、という段階で簡単に覚えましょう

認知症高齢者の日常生活自立度の覚え方のポイント
ランクJは、日常生活はほぼ自立で外出もする(J-1:遠方まで J-2:隣近所)

ランクAは、屋内での生活は概ね自立だが介助なしでは外出しない(A-1:日中離床 A-2:日中もほぼ寝たきり)

ランクBは、日中もベッド上での生活が主体(B-1:食事・排泄は介助なしで離床 B-2:食事・排泄は介助ありで離床)

ランクCは、寝たきり(C-1:寝返りできる C-2:寝返りできない)

ランクJ(生活自立) 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)

ランクJ(生活自立)の判断基準は、「何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する」状態であることです。

ランクJ-1の判定基準

ランクJ-1の判断基準は、「交通機関等を利用して外出する」状態であることです。

ランクJ-1の状況や行動の例

ランクJ-1はバス、電車等の公共交通機関を利用して積極的に、また、かなり遠くまで外出する場合が該当します。

ランクJ-1はバス、電車等の公共交通機関を利用して積極的に、また、かなり遠くまで外出

ランクJ-2の判定基準

ランクJ-2の判断基準は、「隣近所へなら外出する」状態であることです。

ランクJ-2の状況や行動の例

ランクJ-2は隣近所への買い物や老人会等への参加等、町内の距離程度の範囲までなら外出する場合が該当します。

隣近所への買い物や老人会等への参加等、町内の距離程度の範囲までなら外出

ランクA(準寝たきり) 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)

ランクA(準寝たきり)の判断基準は、「屋内での生活は概ね自立しているが、介助なしには外出しない」状態であることです。

ランクAは、「準寝たきり」に分類され、「寝たきり予備軍」ともいうべきグループでです。屋内での日常生活活動のうち食事、排泄、着替に関しては概ね自分で行い、留守番等をするが、近所に外出するときは介護者の援助を必要とする場合が該当します。
「ベッドから離れている」とは「離床」のことであり、床や畳にふとんを使用している和式生活の場合も含まれますが、ベッドの使用は本人にとっても介護者にとっても有用であり普及が図られているところでもあるので、奨励的意味からベッドという表現を使用しているそうです。

ランクA-1の判定基準

ランクA-1の判断基準は、「介助により外出し、日中はほとんどベッドから離れて生活する」状態であることです。

ランクA-1の状況や行動の例

ランクA-1は寝たり起きたりはしているものの食事、排泄、着替え時はもとより、その他の日中時間帯もベッドから離れている時間が長く、介護者がいればその介助のもと、比較的多く外出する場合が該当します。

介助により外出し、日中はほとんどベッドから離れて生活する

ランクA-2の判定基準

ランクA-2の判断基準は、「外出の頻度が少なく、日中も寝たり起きたりの生活をしている」状態であることです。

ランクA-2の状況や行動の例

ランクA-2は日中時間帯、寝たり起きたりの状態にはあるもののベッドから離れている時間の方が長いが、介護者がいてもまれにしか外出しない場合が該当します。

ベッドから離れている時間の方が長いが、介護者がいてもまれにしか外出しない

ランクB(寝たきり) 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)

ランクB(寝たきり)の判断基準は、「屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが、座位を保つ」状態であることです。

排泄に関しては、夜間のみ「おむつ」をつける場合には、介助を要するものとはみなしません。

なお、「車いす」は一般のいすや、ポータブルトイレ等で読み替えても差し支えありません。

ランクB-1の判定基準

ランクB-1の判断基準は、「車いすに移乗し、食事、排泄はベッドから離れて行う」状態であることです。

ランクB-1の状況や行動の例

ランクB-1は介助なしに車いすに移乗し食事も排泄もベッドから離れて行う場合が該当します。

ランクB-2の判定基準

ランクB-2の判断基準は、「介助により車いすに移乗する」状態であることです。

ランクB-2の状況や行動の例

ランクB-2は日中時間帯、寝たり起きたりの状態にはあるもののベッドから離れている時間の方が長いが、介護者がいてもまれにしか外出しない場合が該当します。

ランクC(寝たきり) 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)

ランクC(寝たきり)の判断基準は、「1日中ベッド上で過ごし、排泄、食事、着替において介助を要する」状態であることです。

ランクBと同様、「寝たきり」に分類されるが、ランクCはランクBより障害の程度が重い者のグループです。

ランクC-1の判定基準

ランクC-1の判断基準は、「自力で寝返りをうつ」状態であることです。

ランクC-1の状況や行動の例

ランクC-1は、ベッドの上で常時臥床しているが、自力で寝返りをうち体位を変える場合が該当します。

ランクC-2の判定基準

ランクC-2の判断基準は、「自力では寝返りもうてない」状態であることです。

ランクC-2の状況や行動の例

ランクC-2は、自力で寝返りをうつこともなく、ベッド上で常時臥床している場合が該当します。

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は評価の一部

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)は、障害をもつ高齢者の生活の自立度を簡単に表した評価方法です。

ADLやIADLの各項目などについてを評価しているわけではありませんので、全体像をつかむために覚えておき、実際の支援の際には各活動の状況などに着目していきましょう。

また寝たきりの状態は、拘縮や褥瘡、認知症の進行などのリスクも高まるためランクBやランクCの方の場合には援助の際に注意しましょう。

セットとしてよく評価される、「認知症高齢者の日常生活自立度」も合わせて覚えておきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう