Vitality Indexの評価方法 高齢者・要介護者の意欲の評価指標
スポンサーリンク

Vitality Indexとは

Vitality Index(バイタリティインデックス)とは、虚弱高齢者を対象とする、起床、意思疎通、食事、排泄、リハビリテーションの5項目の日常生活動作に関する「意欲」についての客観的機能評価法です。Vitality Indexの得点範囲は0〜10 点で、得点が高いほど生活意欲が高いことを示しています。

Vitality Indexは、要介護状態の高齢者の意欲についての研究などで多数用いられている他、2021年から本格運用される厚生労働省の科学的介護情報システム「LIFE」で、利用者全員の継続的なデータ提出を求める科学的介護推進体制加算の提出項目として採用されており、今後あらゆる介護現場で用いられることが増える「生活意欲」の評価指標です。

スポンサーリンク

Vitality Indexの評価基準・評価用紙

Vitality Indexは、起床、挨拶、食事、 排泄、活動の5項目から構成されていて、要介護の状態の高齢者のでも家族や介護者が自然に想起できるようなものになっています。

1 起床 2点.いつも定時に起床している
1点.起こさないと起床しないことがある
0点.自分から起床することがない判定上の注意 薬剤の影響(睡眠薬など)を除外。起座できない場合、開眼し覚醒していれば2点
2 意志疎通 2点.自分から挨拶する、話しかける
1点.挨拶、呼びかけに対し返答や笑顔がみられる
0点.反応がない判定上の注意 失語の合併がある場合、言語以外の表現でよい。
3 食事 2点.自分で進んで食べようとする
1点.促されると食べようとする
0点.食事に関心がない、全く食べようとしない判定上の注意 器質的消化器疾患を除外。麻痺で食事の介護が必要な場合、介助により摂取意欲があれば2点(口まで運んでやった場合も積極的に食べようとすれば2点)
4 排せつ 2点.いつも自ら便意尿意を伝える、あるいは自分で排便、排尿を行う
1点.時々尿意、便意を伝える
0点.排泄に全く関心がない判定上の注意 失禁の有無は問わない。尿意不明の場合、失禁後にいつも不快を伝えれば2点
5 リハビリ、活動 2点.自らリハビリに向かう、活動を求める
1点.促されて向かう
0点.拒否、無関心判定上の注意 リハビリでなくとも散歩やレクリエーション、テレビでもいい。寝たきりの場合、受動的理学運動に対する反応で判定する。

Vitality Indexの各項目の評価方法

Vitality Indexの「起床」

Vitality Indexの起床の質問内容では、自分から起床できるかどうかを問います。睡眠薬などで起きられないという場合は除外します。また体を起こすことができない場合には目を開けて意思疎通可能な状態で覚醒していれば2点と採点します。

Vitality Indexの「意思疎通」

Vitality Indexの意思疎通の質問内容では、 挨拶をしたり挨拶に反応があるかどうかを問います。 声を出して挨拶をするというわけではなく、失語など声が出せない場合には言語以外の表現でも挨拶やに一つの表現ができれば良いとされています。

Vitality Indexの「食事」

Vitality Indexの食事の質問内容では、食事を進んで食べることができるかということを問います。 食欲の面を評価するため、消化器疾患などで食べれない場合や、食事に介助が必要な状態になどでも食事を摂取する意欲があり積極的に食べようとすれば2点と評価します。

Vitality Indexの「排泄」

Vitality Indexの排泄の質問内容では、自分から便意や尿意を伝えたり、自分で排便排尿を行うことができるかを問います。排泄への意欲の面を評価するため、失禁の有無は問われません。失禁をしてしまう場合でも不快だということを伝えられれば2点と採点します。

Vitality Indexの「リハビリテーション・活動」

Vitality Indexのリハビリテーション・活動の質問内容では、 自分から活動を求めるかどうかを問います。 自分から散歩やレクリエーション、テレビなど何かの活動を自発的に求めているかを評価します。 アレン活動に対して拒否的であったり無関心な状態の場合は0点となります。

高齢者の生活に関わる評価の大切さ

高齢者や要介護者は身体的な障害や 印象などの影響により生活意欲が低下しやすい状態にあります。 ADL などの日常生活上の動作ができるかなどはよく着目されますが、意欲的にその人らしく生活ができているかという点については十分に確認されないまま要介護生活が進んでしまうことがあります。21年からは科学的介護推進体制加算のデータ提出項目の一つとして Vitality Indexが採用されたため、介護保険サービスを利用する高齢者の多くにこのVitality Indexでの生活意欲の評価がなされていきます。
高齢者の生活やその人らしさを多角的に捉えるために、色々な評価方法があります。

スポンサーリンク