失敗から学ぶケアマネの転職 理由・タイミング・求人探し
 

ケアマネジャーとしてのキャリアは多岐にわたりますが、時には新たな環境での挑戦が必要になることもあります。転職市場の現状を踏まえつつ、ケアマネが転職を考えるべき理由とタイミングについて探ります。色々な介護転職サイトを見てきた中で一番おすすめのサイトについても最後に紹介しますので、是非ケアマネの転職を考えている方は最後までお読みください!

ケアマネの転職理由

実際に多いケアマネの転職理由

ケアマネジャーの転職理由は多岐にわたりますが、実際には人間関係の問題や利用者との関係性が大きな要因となることが少なくありません。職場の人間関係がストレスの原因となり、それが仕事の質や生活の質に影響を及ぼす場合、転職を考えるケアマネも多いのです。また、利用者との関係性においても、ケアプランの方向性の違いや、サービス提供における価値観の不一致などが理由となることがあります。

実際に多いケアマネの転職理由

建前上、面接や志願理由を伝える時の転職理由

しかし、転職先の面接では、これらのネガティブな側面を直接話すのではなく、ポジティブな理由を前面に出すことが一般的です。例えば、「より多くの経験を積み、専門性を高めたい」「新しい環境でさらなる成長を遂げたい」「より幅広いケアプランを学び、利用者に質の高いサービスを提供したい」といった表現を用いることで、前向きなイメージを持たせることができます。

介護の仕事をしているなら簡単60秒でできるジョブメドレーの登録がおすすめの3つの理由
  • 求人数、業界最大規模!
  • 求人情報を探し放題、見放題!
  • しつこい電話や催促がない!

だから、自分の目的に合わせて利用できる!

【特集】「ジョブメドレー」介護の評判 悪質な求人・転職サイトなの?


このような表現は、単に面接で好印象を与えるためだけではなく、自身のキャリアに対する真摯な姿勢と、プロフェッショナルとしての成長願望を示すものです。転職を通じて新たな環境での挑戦を望むケアマネは、自己実現のためにも、これらのポジティブな理由を自己分析と自己表現の中で明確にしておくことが重要です。そうすることで、転職活動はより有意義なものとなり、新たな職場での成功へとつながるでしょう。

ケアマネの転職タイミング

ケアマネジャーの転職に最適なタイミングは、実は今この瞬間かもしれません。その理由はケアマネ不足が深刻化している現状にあります。高齢社会が進む中で、高齢者のサポートを担うケアマネジャーの需要は年々増加していますが、その供給が追いついていません。この不均衡が、ケアマネジャーにとっての転職市場を有利にしています。

さらに、ケアマネジャーとしてのなり手が少ないことから、各施設やサービス提供者はより良い待遇を提示して人材を確保しようとしています。給与の増加、福利厚生の充実、勤務条件の改善など、ケアマネジャーの働きやすい環境作りが進んでいます。これらの動きは、転職を考えるケアマネジャーにとっては大きなチャンスです。

また、社会的な議論としても、ケアマネジャーの待遇改善が積極的に行われていることは、職業としての魅力を高める要因となっています。これらの状況は、ケアマネジャーが転職を考えるにあたって、より良い条件でのオファーが期待できることを意味しています。このような背景を踏まえると、ケアマネジャーにとって転職のチャンスは今が一番と言えるでしょう。市場のニーズと待遇改善の流れを捉え、キャリアアップを目指す絶好の機会となっています。

ケアマネの転職時の志望動機

転職の志望動機は、自己実現や社会貢献の思いを明確にすることが大切です。ケアマネとしての熱意とビジョンを持つことで、転職活動はより有意義なものになります。ただ、志望動機なんてものは実際転職する先で面談する前に考えればよいので後回しでよいです。ケアマネ不足が注目されている今は、まずは求人情報収集から早めに始める方が絶対に良いです!

ケアマネの転職の失敗談

ケアマネジャーの転職において、失敗の一例として挙げられるのが、求人サイトや転職エージェントを利用せずに転職活動を行った結果、待遇面で不利益を被るケースです。

求人サイトや転職エージェントの利用がおすすめ

求人サイトやエージェントを通じることで、通常は複数の選択肢から比較検討することができ、また待遇交渉においても第三者が介在することで客観的な立場からアドバイスを受けることが可能です。

知人を通じて紹介された職場に直接応募するリスク

例えば、あるケアマネジャーは、知人を通じて紹介された職場に直接応募しました。面接では職場の雰囲気や仕事内容については満足できるものでしたが、待遇についての具体的な話は表面的なものにとどまりました。転職後、約束されたはずの条件が実際には適用されていないことに気づき、経営者に確認を取ったところ、「そんな話はしていない」との返答を受けました。第三者が介在していなかったため、言った言わないの問題でトラブルに発展し、結局は納得のいかない状況での勤務を余儀なくされました。

転職活動における情報収集の重要性と、待遇交渉における第三者の役割の大切さ

このケースでは、転職活動における情報収集の重要性と、待遇交渉における第三者の役割の大切さが浮き彫りになります。求人サイトや転職エージェントを活用することで、こうしたトラブルを未然に防ぎ、自分の条件に合った職場を見つけることができるのです。転職は人生の大きな転機であり、慎重にかつ戦略的に行う必要があります。失敗から学ぶことは多いですが、できる限り失敗は避けたいものです。そのためにも、転職活動には適切なツールの使用と、十分な準備が求められるのです。

ケアマネの転職で未経験はむしろ優遇される傾向がある

未経験からケアマネへの道は決して容易ではなく難しいと思われがちですが、実際は未経験のケアマネを欲しがっている企業もたくさんあります。それは、その企業や法人の方針に染めやすいからです。公正中立な立場を貫くのがケアマネとしての責務だと研修で教わりますが、実際にはケアマネージャーは介護保険の介護報酬の采配を担っており、法人にどれぐらいの利益をもたらすかや、法人の方針としてどんな支援の方針を取るかなどを純粋無垢な初心者ケアマネに1から叩き込んでいくという方がやりやすい場合もあります。

ケアマネの転職で未経験はむしろ優遇される傾向がある

営利目的の企業が運営する居宅介護支援事業所などでも、近年は運営上不正を働くことは厳しくなってきているので、極端な自社のサービスを強要するようなことは減ってきています。未経験のケアマネでも、必要な資格を取得し、熱意を持って挑めば、多くの職場がチャンスを与えてくれます。

50代のケアマネの転職

50代での転職は、豊富な経験を活かす絶好の機会です。特に主任介護支援専門員の資格を持っている場合には、どこの事業所からも引っ張りだこです。年齢と主任ケアマネを武器にし、ケアマネとしての深い知識と経験を前面に出しましょう。主任ケアまでじゃないと居宅介護支援事業所の管理者になれないという要件があるので、主任ケアまでがいない事業所は潰れます。それを阻止するためにどこの事業所も必死に主任ケアマネを探しているので強く出ても良いでしょう。

逆に若いケアマネージャーばかりの事業所の場合にも、実地指導やケアプラン指導などを経験しているベテランのケアマネを欲しがります。ベテランだからと言って今までやってきたやり方をそのまま突き通して、「私のやり方はこうだ」と協調性を取れないと居心地が悪くなってしまうかと思いますが、周りに合わせてやっていける方は本当に信頼され良い転職になると思います。

まとめ

ケアマネとしてのキャリアは一つではありません。転職を成功に導くためには、自己分析と市場の理解が不可欠です。この記事があなたの転職活動の一助となれば幸いです。転職を考えるケアマネの皆さん、今こそ新たな一歩を踏み出しましょう。自分自身の可能性を信じ、次のキャリア形成に向けて前進してください。

 

今ケアマネージャーの転職をするならばこの転職サイトが一番おすすめです!

 

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)

介護の仕事をしているなら簡単60秒でできるジョブメドレーの登録がおすすめの3つの理由
  • 求人数、業界最大規模!
  • 求人情報を探し放題、見放題!
  • しつこい電話や催促がない!

だから、自分の目的に合わせて利用できる!

【特集】「ジョブメドレー」介護の評判 悪質な求人・転職サイトなの?