ケアマネの仕事内容って?大変で辞めたい理由とその対策
 

「ケアマネの仕事内容って?」と疑問に思う方は少なくありません。ケアマネージャー、通称「ケアマネ」とは、高齢者や障害者の生活をサポートするためのケアプランを策定・調整する専門家のことを指します。彼らの役割は非常に重要であり、多くの人々の生活の質を向上させるためのキーパーソンとも言えるでしょう。

しかし、その仕事内容は多岐にわたり、時には大変な状況に直面することも。本記事では、ケアマネの具体的な仕事内容と、その中での課題や大変な点、そしてそれを乗り越えるための対策について詳しく解説していきます。

介護の仕事をしているなら簡単60秒でできるジョブメドレーの登録がおすすめの3つの理由
  • 求人数、業界最大規模!
  • 求人情報を探し放題、見放題!
  • しつこい電話や催促がない!

だから、自分の目的に合わせて利用できる!


ケアマネを目指す方や、すでにその道を歩んでいる方にとって、少しでも参考になる情報を提供できれば幸いです。

介護支援専門員資格の概要

介護支援専門員は、都道府県が主体となって試験や認定を行う公的な資格で、国家資格ではありません。この資格を持つ者は、要介護や要支援の状態にある人々の相談を受け、その心身の状態に合わせて適切なサービス(例:訪問介護、デイサービス)を提供するためのケアプランを策定します。さらに、市町村やサービス提供者、施設との連携や調整も担当します。介護支援専門員は、要介護者ができるだけ自立した日常生活を送るための専門的な知識や技術を持つ者として、介護支援専門員証が交付されます。

居宅ケアマネの仕事内容

居宅ケアマネージャーは、在宅での生活を希望する高齢者や障害者のために、適切な介護サービスを計画・調整する役割を持っています。具体的には、利用者やその家族との面談を通じてニーズを把握し、それに基づいてケアプランを作成します。また、利用者の健康状態や生活環境の変化に応じて、ケアプランの見直しも行います。

施設ケアマネの仕事内容

特別養護老人ホーム(特養)の施設ケアマネージャーは、施設で生活する入所者の希望や状況に合わせて、生活全般の計画を立て、その状況を確認しながら適切な介護サービスや施設生活を提供する役割を持っています。具体的には、入所者の健康状態や生活上の問題点を踏まえて、介護・看護・機能訓練などの計画を立て、それをスタッフと共有して実施します。

ケアマネージャーの必須資格・条件とは

ケアマネージャーとして働くためには、介護支援専門員の資格が必要です。この資格を取得するためには、指定の養成施設での研修を受け、試験に合格する必要があります。

ケアマネージャーが大変で辞めたいと感じる理由ランキング

担当人数が多い 

ケアマネージャーが辞めたいと感じる理由は、担当者数の多さや業務の負担、コミュニケーションの難しさなどが考えられます。特に、施設ケアマネージャーの場合、100名近くの入所者のケアプランを担当することもあり、その負担は大きいと言えます。

介護職員時代より給料が下がった 

介護職員の上位資格のようなイメージがあるケアマネの仕事ですが、実際ケアマネになってみると、介護職員として働いている時よりも給料が低くなってしまったりすることもあります。介護職員の場合には、夜勤手当や処遇改善手当などで処遇が改善されて給料に反映されていましたが、ケアマネになると基本給や資格手当は少し上がるかもしれませんが、その他手当がなくなってしまうケースが多いです。

パソコンで記録やケアプランを作成する仕事が終わらない 

ケアマネになり仕事すると、作成したり管理したりする書類やデータが増えます。月初は給付管理・請求関連、月中にはモニタリング訪問やケアプランの見直し、月末になると各事業所に翌月の提供表を送るなど、苦手なパソコン業務が増えたり、仕事が終わらないということも辞めたい理由になることがあります。

実務研修・更新研修がしんどい 

ケアマネになると研修があってきついんですよね。職場が嫌とかでなくても、5年に一度、研修費を支払って研修するというのは結構モチベーションが下がりますし、さらに研修の内容も現場で役に立たない理想、スケジュールも融通が利かないという状態なので、この研修のせいでケアマネの仕事をやめようと思う人もいるくらいです。

 

ケアマネの仕事で大変で辞めたくなる理由にはこのようなことがあるのね。。
担当人数に無理がなく、給料はちゃんともらえて、パソコン作業を効率的にできる仕組みが整っているところで勤務したいわね。

ケアマネージャーの年収・収入を大調査

施設ケアマネージャーの平均年収は約430万円月収は約28万円とされています。

居宅ケアマネについても同等ですが、担当人数によりインセンティブがあるなど、担当する人数や法人の給与水準により、実際の給与は異なる場合があります。

実務が未経験でもケアマネージャーになれる?

実務未経験でもケアマネージャーになることは可能です。介護支援専門員の資格を取得すれば、ケアマネージャーとしての業務を開始することができます。しかし、介護支援専門員の資格を取得するために受ける実務研修は実際のケアマネ実務とはかけ離れた理想論・価値観の植え付けみたいなことが中心なので、実務には活きてきません。介護支援専門員実務研修を修了しただけでは、ケアマネとしていきなり実務を一人で行うことは困難に近いです。実務経験がない場合や、ケアマネの仕事を詳しく体験したことがない場合には、研修やOJTを受けることが推奨されます。

失敗せずケアマネージャーの転職をするポイント

ケアマネージャーの転職を成功させるためには、自分の希望や条件を明確にし、それに合った求人情報を探すことが重要です。また、転職サイトやエージェントを利用することで、より適切な職場を見つけることができます。転職の際は、自分のスキルや経験をアピールするとともに、新しい職場での役割や業務内容をしっかりと理解することがポイントとなります。

ケアマネージャーの転職はケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネージャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。

介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしているサイトがほとんどですが、ケアマネージャーの転職はケア求人PECORIケアマネージャーの転職はケア求人PECORIだけはケアマネ専門です。

 

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)

介護の仕事をしているなら簡単60秒でできるジョブメドレーの登録がおすすめの3つの理由
  • 求人数、業界最大規模!
  • 求人情報を探し放題、見放題!
  • しつこい電話や催促がない!

だから、自分の目的に合わせて利用できる!