介護の事故報告書 標準様式(エクセルテンプレート)市町村報告用

介護保険サービスや介護保険施設では、サービスの提供により事故が発生した場合には速やかに市町村や利用者の家族などに連絡を行うことと、必要な措置を講じることが決められています。市町村への事故の報告については、「事故報告書」業界用語では事故報(じこほう)を使って事故のあった事実や発生時の対応、事故発生後の状況や原因の分析などを行うのですが、 各施設ごとや市町村によって事故報告書の様式(テンプレート)が異なっていて、標準化ができないという課題がありました。

このような中で、厚生労働省が2021年3月19日に「介護保険施設等における事故の報告様式等について」を発出し、市町村に報告をする事故報告書の標準化が必要であることから、事故報告書の標準様式を公表しました。介護保険施設や、 介護保険サービス事業所は、市町村に事故報告を行う際には、可能な限り今回提示された様式(テンプレート)を使用することとされています。厚生労働省が提示した介護施設などでの事故に関する市町村への事故報告書はエクセルファイルでダウンロードして、自施設の情報などをあらかじめ入力しておき事故が発生したときには速やかに報告できるようにしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

市町村への報告が必要な介護サービスでの事故

以下の事故については、原則として全て報告することとされています。

  1. 死亡に至った事故
  2. 医師(施設の勤務医、配置医を含む)の診断を受け投薬、処置等何らかの治療が必要となった事故
スポンサーリンク

市町村への事故報告書の提出方法

市町村への事故報告の提出については、 電子メールによる提出が望ましいと示されております。速やかに報告が行えるように、事故報告書の報告先となる市町村のメールアドレスや連絡先をあらかじめ確認しておきましょう。

事故報告書の提出期限

介護保険施設や介護サービス事業所で事故が発生した場合には、第一報については少なくとも事故状況、事業所の概要、対象者、事故の概要、事故発生時の対応、事故発生後の状況については可能な限り記載して、事故発生後速やかに遅くとも5日以内を目安に提出することとされています。

その後状況の変化など必要に応じて追加の情報報告を行い、事故の原因分析や再発防止策について作成次第報告することとなっています。

介護の事故報告書の標準様式(テンプレート)

2021年3月に厚生労働省が示した事故報告書の様式は、介護保険施設における事故が発生した場合の報告を対象として作成されています。その他の介護保険サービスについても市町村への事故報告の際には可能な限りこの様式(テンプレート)を活用するよう促しています。特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護保険施設だけではなく、認知症対応型共同生活介護や、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、通所介護や訪問介護などの居宅介護サービスなどについても、事故報告書の標準様式を活用することを薦めています。

事故報告書の標準様式のエクセルファイルダウンロードはこちらから

事故報告書の標準様式のエクセルファイルダウンロードはこちらから

事故報告書を記入するときに役立つ記事はこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう