介護職の転職前にチェック!ケース別おすすめ転職サイト
 

介護業界で働く人たちにとって、仕事を見つけるのは今が絶好のチャンスです。厚生労働省によると、介護の仕事をする人が足りないという問題があります。そのため、たくさんの企業や団体が介護職員を探しています。転職を考えているなら、介護職専門の転職サイトを使うことをおすすめしますが、あなたの性格に合った転職サイトを利用しないと焦って探すことになったり、前よりも条件が良くない職場になってしまったりします。

このページでは、介護の仕事にはどんなタイプがあるかや、どんな働き方があるかを整理した上で自分にピッタリの職場を見つけることができるように進めていきます。

この記事を読めば、どの転職サイトが自分に合っているかどうやって選べば良いかがわかります。また、転職サイトの賢い使い方や、失敗しないためのポイントも紹介しているので、転職を成功させたい人にはとても役立ちます。転職を考えている介護職の方、または転職を迷っている方も、ぜひこの記事で紹介している情報を参考にしてください。

転職活動前に自分の希望を整理!介護職員の仕事・働き方の種類

介護の仕事で転職するにあたっては、まずは自分がどんな仕事をしたいかを整理することが必要です。介護職員の仕事の種類についてはいくつかの分け方がありますが、転職を前提とする場合には以下のような分け方をして自分がどんな仕事に適性があるのか、希望をしているのかを考えていくと良いかと思います。

介護施設(老人ホーム)か、通所・訪問か

介護職員の働き方として大きく分けると、介護施設や老人ホームなどの施設系、通所介護(デイサービス)やデイケアなどの通い系、訪問介護や訪問入浴などの訪問系があります。それぞれのサービスの種別により、以下のような特徴があります。

給料 資格 夜勤 レク 車の運転 仕事の特徴
介護施設(老人ホーム) 高い 不要(あれば手当付く) あり あり 基本は運転しない 利用者の変化が少ない
通所介護など 安い 不要(あれば手当付く) なし あり 利用者も載せる 毎日違う利用者が来る
訪問介護など 高い 必要 ケースによる なし 移動のため 調理や洗濯などもある

常勤か非常勤か派遣か

転職をする際には働き方も重要です。介護の仕事では、他の仕事に比べると色々な働き方があるのが特徴です。正社員としてかっちりとした雇用契約に基づいて決められた時間や条件に基づいて働くという方法もありますし、昼間の数時間だけパートで働くということもできます。また、近年は派遣という働き方も注目されており、派遣の場合には一つの職場に決められた日に必ず行かなければならないというわけではなく、派遣会社(派遣サイト)に登録して、自分が希望する募集があった場合には応募して働くという方法もあります。

給料 自由度 残業 有給 メリット
常勤(正社員) 月給+賞与 既定の労働時間厳守 パート等に比べると正社員の方が時間外労働を担うことが多い あり 解雇されず安定収入が得られる
非常勤
パート
アルバイト
時給 契約した時間帯のみ
他、シフトで調整可能
契約した時間以外は残業を命じられても拒否可能 あり
(勤務日数に応じた分)
無理なく働ける
派遣 時給で比較的高い 希望の時間のみ
募集にマッチした場合だけ
好きな職場を選べる
原則なし 基本的にはない スポット単発で好きな時に働ける

このように働く職場のタイプや、自分の働き方について整理してみると、今何を重視しているのか、どんな働き方をしたいのかが少し見えてくるかと思います。ただし、転職するにあたっては「今の職場よりも良い場所で働きたい」という漠然とした気持ちがただ湧いているという場合もあります。その場合には次で紹介するようにあなたの性格に合わせた転職サイトを利用してもう少しどんな場所で働きたいのかを情報収集していくと良いでしょう。

 

介護職員の転職サイトの選び方(正社員・パート・アルバイトの場合)

介護の仕事を探すとき、できるだけ希望の条件に近い職場を見つけたいというのは誰もが同じ気持ちだと思います。仕事を探す時には転職サイトを利用することがおすすめですが、転職サイトの中にも2つのタイプがあります。

あなたの性格や転職の希望の時期などによって利用した方が良い転職サイトが違ってきますので、2つのタイプの特徴とどんな人におすすめか、1番おすすめの転職サイトを紹介します。

エージェント型
(自分の担当が付く)
サーチ型
(登録者用の求人情報サイトで自分で探す)
どんなサービス? 転職の相談役が希望を聞いて仕事を提案
面接対策や条件交渉などもしてくれる
登録すると求人情報をサイトで見れる
気になる求人に問い合わせてつないでもらう
メリットは? 急ぎで転職をしたい場合、自分で条件交渉が苦手な場合などには担当の転職エージェントがサポートして希望を叶えてくれる。

担当の人からいろいろ提案してもらえる。

たくさんある求人から自分のペースで探すことができる。
こだわり条件がある場合や、情報収集にも便利。転職会社からあれこれ聞かれたり、しつこい電話などがない。
デメリットは? 担当が必ず付くので、状況確認などの連絡がやや多い。
担当により、少し焦らされてしまう場合がある。
いろいろな情報があるので、求人情報を見ているだけで満足してしまい転職に踏み切れない場合がある。
どんな人におすすめ? 転職時期が決まっている人
自分で探すのが苦手な人
求人情報をゆっくり見る時間が無い人
特別な事情がある人
年収アップを確実にしたい人
第三者に入ってもらい言った言わない問題を避けたい人
転職時期に少しゆとりがある人
検索するのが上手な人
じっくり求人情報を見て比較したい人
1番おすすめの転職サイトは? エージェント型で1番おすすめなのは
カイゴジョブカイゴジョブ」です。
 
カイゴジョブ長い歴史と圧倒的な求人保有数!

サーチ型で1番おすすめなのは
ジョブメドレージョブメドレー」です。
 
ジョブメドレークリーンでじっくり探せる!

転職サイトは1つだけしか登録してはいけないというわけではありません。

転職サイトによって持っている求人情報が異なるので、複数登録するとよい求人に巡り合える率は高くなります!

例えば、エージェント型の転職サイトに1つ登録して、サーチ型の転職サイトにも登録しておくと、現在の介護業界の給与や条件の水準も把握し、納得いく転職活動ができると思います。

 

カイゴジョブ
4.6
「カイゴジョブ」は、信頼できる上場企業によって運営されており、月間利用者数が55万人を超える国内最大級の介護職専門の求人サイトです。その特長として、30,000件以上の豊富な求人を提供しており、東証一部上場企業の安心感と共に、多くの介護従事者に選ばれています。
ジョブメドレー
4.9
ジョブメドレーは、業界最大規模の求人数を誇ります。そのため、さまざまな特徴を持つ職場や、希望する年収、時給、月給に合った求人を見つけやすいです。実際に利用した方の約94%が「満足」と回答しているので、転職を考えている方にはぜひおすすめしたいサービスです。登録してもデメリットが少ないです。

介護職員の派遣会社の選び方

派遣として働く場合には、転職サイトという呼び方よりも、派遣会社への登録という方が適切です。一般的には、派遣会社に登録すると、登録者専用の情報サイトにログインできるようになり、そこで何月何日に派遣の募集が出ていないかを探したり、一定期間決められた事業所に派遣されたりするような働き方になります。

また、副業OKの職場で働いている場合に、派遣会社にも登録しておき、休みの日に派遣の募集が無いかを探して働くというような働き方をしている人もいます。

転職サイトの場合には、求人情報には結構重複していることがありますが、派遣会社の場合は各派遣会社が派遣を必要としている事業所と直接契約していることが多いので、派遣会社ごとに独自の派遣先を持っていることが多くなります。そのため、派遣という働き方を希望する場合には、たくさんの派遣会社に登録しておく方が希望の派遣先が見つかりやすくなります。

介護職員として働く時の派遣でおすすめのサイト

介護職での就業・転職を検討中の方必見!

好条件の求人を多数掲載!

★ 週3日〜勤務OK!
★ 無資格・未経験OK!
★ 日勤帯のみ勤務OK! などなど

さらにかいご畑に会員登録すると、資格講座の受講料割引などの特典多数!

正社員・パートアルバイト・派遣すべてに対応しているので、働き方に迷っている場合にもおすすめのサイトです。

かいご畑の最大の特徴は、派遣求人で就業が決まると介護資格講座の受講料が無料になる「キャリアアップ応援制度」が利用できます。

さらに全ての専任コーディネーターが介護資格を持っているため、介護の仕事が初めての人も安心して始められます。

介護の仕事と一口に言っても本当に色々な職場や働き方があります。自分が今働いている施設だけしか知らないと、他の場所はもっと待遇が良くなっていたり働きやすくなっていたりしてきているかもしれません。
どこも人材不足の状態なので給料が高い求人などもポーンと出ることがあります。タイミング次第のところもありますので情報収集のアンテナは張っておき、充実した生活に向けていつでも動けるようにしておくと良いと思います。

 

辞めたい職場環境・条件なら転職して当たり前

働く環境は私たちの生活に大きな影響を及ぼします。一日の大部分を職場で過ごすのですから、私たちの心身の健康、私生活、さらには全体的な人生の質にも影響します。だからこそ、自分にとって良くない職場環境や条件の下で働き続けることには大きな問題があります。

不適切な人間関係、過度なストレス、不十分な報酬、適切な休息時間が確保できない、成長の機会が無いなど、これらの条件が当てはまる場合、転職を検討することは十分に理にかなっています。

一人ひとりが価値ある仕事に携わり、満足感を得られ、安心して生活できる環境で働くことは、みんなに与えられた権利です。介護の仕事をしている人は高齢者や障がい者の権利を尊重しながら、自分の心や時間を犠牲にしてしまうことが度々あります。

「辞めたい職場環境・条件なら転職して当たり前」というのは、自分自身を大切にし、自分の人生をより良くするためもいたって普通の考えです。

介護職員・介護福祉士の転職での平均年収

厚生労働省がまとめた資料によると、介護職員の平均給与額は月収30万円から35万円であり、平均年収は約360万円から420万円となっています。平均給与額を法人の種別別に見てみると地方公共団体や社会福祉法人がやや高めの給与となっています。

参考:令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(厚生労働省老健局老人保健課)

介護職員・介護福祉士の転職で後悔・失敗した例

介護の転職に際して、時に後悔や失敗を経験する方もいます。具体的な例をいくつか挙げてみましょう。

詳細な情報を調べずに転職した: 職場の雰囲気や働き方、職務内容など詳細な情報を十分に調査せず、転職を決断すると、思わぬ問題に直面することがあります。入社後に予想外の労働時間や人間関係の問題、仕事内容の不一致などが発覚することがあります。

条件だけで転職を決めた: 高給や待遇面だけで転職先を選ぶと、職場の文化や風土が自分に合わない場合があります。例えば、高給を受け取る代わりに長時間労働を強いられるなど、見落としがちな条件が待ち構えていることもあります。

転職先の安定性を見落とした: 介護施設は経営状況により、急に閉鎖や経営破綻することがあります。その結果、再び転職を余儀なくされるケースもあります。

自分のキャリアパスを見失った: 高待遇や人間関係の改善など短期的な目標にとらわれ、長期的なキャリアパスを見失うこともあります。その結果、自身の専門性やスキルが活かせない職場になってしまうこともあります。

介護の転職の不安をなくすために第三者の介入を

転職の失敗の一例を紹介しましたが、後悔や失敗を避けるためには、自分の価値観や目指すキャリア、必要なスキル、働きたい環境等を明確にして、それに基づいた転職先を選ぶことが重要です。また、転職を決断する前には十分な情報収集を行い、可能なら転職エージェントなど第三者の意見も聞くと良いでしょう。さらに給与や待遇については一対一だとなかなか聞きにくかったり、言った言わない問題になったりするので、そういう意味でも転職サイトや転職エージェント、ハローワークなどの第三者を介した方が安心です。

まとめ

この記事では介護職員として働く場合の転職サイトの選び方や、おすすめの転職サイトをご紹介しました。

転職サイトは転職のプロフェッショナルであり、転職にまつわる不安や質問を気軽に相談できる場所です。

自分の性格や仕事の探し方に合った転職サイトを活用することで転職活動をスムーズに進めることが可能です。

自分に合ったサービスを見つけて利用することで、望むキャリアアップ、条件アップを叶えましょう。

あなたの性格や転職の希望の時期などによって利用した方が良い転職サイトが違ってきますので、2つのタイプの特徴とどんな人におすすめか、1番おすすめの転職サイトを紹介します。

エージェント型
(自分の担当が付く)
サーチ型
(登録者用の求人情報サイトで自分で探す)
どんなサービス? 転職の相談役が希望を聞いて仕事を提案
面接対策や条件交渉などもしてくれる
登録すると求人情報をサイトで見れる
気になる求人に問い合わせてつないでもらう
メリットは? 急ぎで転職をしたい場合、自分で条件交渉が苦手な場合などには担当の転職エージェントがサポートして希望を叶えてくれる。

担当の人からいろいろ提案してもらえる。

たくさんある求人から自分のペースで探すことができる。
こだわり条件がある場合や、情報収集にも便利。転職会社からあれこれ聞かれたり、しつこい電話などがない。
デメリットは? 担当が必ず付くので、状況確認などの連絡がやや多い。
担当により、少し焦らされてしまう場合がある。
いろいろな情報があるので、求人情報を見ているだけで満足してしまい転職に踏み切れない場合がある。
どんな人におすすめ? 転職時期が決まっている人
自分で探すのが苦手な人
求人情報をゆっくり見る時間が無い人
特別な事情がある人
年収アップを確実にしたい人
第三者に入ってもらい言った言わない問題を避けたい人
転職時期に少しゆとりがある人
検索するのが上手な人
じっくり求人情報を見て比較したい人
1番おすすめの転職サイトは? エージェント型で1番おすすめなのは
カイゴジョブカイゴジョブ」です。
 
カイゴジョブ長い歴史と圧倒的な求人保有数!

サーチ型で1番おすすめなのは
ジョブメドレージョブメドレー」です。
 
ジョブメドレークリーンでじっくり探せる!

転職サイトは1つだけしか登録してはいけないというわけではありません。

転職サイトによって持っている求人情報が異なるので、複数登録するとよい求人に巡り合える率は高くなります!

例えば、エージェント型の転職サイトに1つ登録して、サーチ型の転職サイトにも登録しておくと、現在の介護業界の給与や条件の水準も把握し、納得いく転職活動ができると思います。

カイゴジョブ
4.6
「カイゴジョブ」は、信頼できる上場企業によって運営されており、月間利用者数が55万人を超える国内最大級の介護職専門の求人サイトです。その特長として、30,000件以上の豊富な求人を提供しており、東証一部上場企業の安心感と共に、多くの介護従事者に選ばれています。
ジョブメドレー
4.9
ジョブメドレーは、業界最大規模の求人数を誇ります。そのため、さまざまな特徴を持つ職場や、希望する年収、時給、月給に合った求人を見つけやすいです。実際に利用した方の約94%が「満足」と回答しているので、転職を考えている方にはぜひおすすめしたいサービスです。登録してもデメリットが少ないです。