介護で痛みや異常の場所を伝えるときなどに骨の位置は役立つ

介護を行っていて、異常や痛みなどを誰かに伝えなくてはならない場面があります。
そのような時に、骨の名前や位置が分かると、相手に分かりやすく伝えることができます。
ここでは、介護の現場で良く使われる大きい骨を骨格のイラストを用いて紹介します。

人体模型 骨標本で骨の名前と場所

上肢の骨(鎖骨、肩甲骨、上腕骨、橈骨、尺骨

上肢の骨はいろいろありますが、鎖骨、肩甲骨、上腕骨を覚えておくと良いと思います。
肩甲骨は肋骨の後ろ側にある三角型をしている骨です。前腕にある骨は、親指側が橈骨で小指側が尺骨です。

下肢の骨(大腿骨、脛骨、腓骨)

下肢の骨は3つ覚えておきましょう。
大腿骨は、骨折や褥瘡(じょくそう)の多い部位ということで多々現場で出てきます。大転子は臀筋など下肢を支える筋肉が付いているのでモコッと大きなこぶになっています。
脛骨の脛は「すね」と読み、内果(内くるぶし)があります。腓骨の腓は「こむら」と読み、外果(外くるぶし)があります。

骨盤の骨(腸骨、仙骨、尾骨、坐骨、恥骨)

骨盤のことを寛骨(かんこつ)とも言います。
腸骨の扇型の縁の部分を腸骨稜(ちょうこつりょう)と言います。この部分は仰向けに寝ていると床に骨が当たり圧がかかりやすいため、仙骨・尾骨と合わせて褥瘡になりやすい部分と言われてます。

スポンサーリンク

骨の位置を覚えておくと、神経や血管のイメージがしやすくなります。

例えば、坐骨神経痛と聞くと、坐骨のところの穴から出て太ももの後ろを通っている「坐骨神経」が損傷していて痺れが出たりしています。
脈をとる時に、橈骨動脈や尺骨動脈で測定したりします。上腕動脈では血圧測定をしたりします。
体全体のイメージするときに、骨の位置がベースになります。

手元に1冊は人体の解剖学や臓器などのことが分かる書籍があると楽しいです

ぜんぶわかる人体解剖図やからだマップなど、綺麗な図やイラストが豊富なものがわかりやすく学びやすいと思います。

大学の勉強ではとても細かくて難しい本で学びましたら、私もこの本を購入して点が繋がるような感じでした。

介護医療で使う体位の名前・呼び方はこちら

臥位(寝る姿勢)の名称や特徴について

臥位での姿勢の呼び方はいろいろあります。

座位(座る姿勢)の名称や特徴について

座位での姿勢の呼び方はいろいろあります。

介護で骨の名前や体の部位の名前を使うケース

高齢者は転倒しやすく、骨折しやすい特徴があります。骨粗鬆症の方では特に注意深く骨への影響が少ない動きや、転倒を防ぐための住環境整備などが必要になります。骨粗鬆症 骨密度が低下する原因を知り予防と治療をでは、骨粗しょう症の病態や対応を紹介しています。褥瘡リスクアセスメントスケール評価表・予防と対策では、褥瘡の好発部位として骨の突出部位などが挙がり、骨の名前で部位を情報共有することが多いです。やや医療寄りです、実際には主治医の診断がすべてですが、予備知識として骨折した場所によって治癒の期間がことなるということを、骨折の治癒過程と骨折部位による骨癒合期間の目安で紹介しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事