異業種から介護業界への転職は可能か?成功ポイントを解説

異業種から介護業界への転職は、多くの人にとって大きな挑戦です。特に中年の男性が異業種から介護業界に転職する場合、その可能性と成功のポイントを理解することが重要です。本記事では、介護業界への転職の概要から、成功のコツ、挑戦点と対策、給与面や福利厚生について詳しく解説します。

異業種からの介護職への転職は可能か

結論から申し上げますと、異業種からの介護職への転職は可能ですし、実際増えています。

業界の現状と将来性

介護業界は、高齢化社会の進展に伴い、今後も需要が増加すると予想されます。介護職は、社会的な意義が大きく、安定した職業として注目されています。給料が安いなどと言われてはいますが、毎年のように処遇の改善がなされ、介護福祉士などの資格を取れば給与の水準も他の職種と遜色ないくらいまでアップしてきました。

介護職の業務内容

介護職の主な業務内容は、高齢者や障害を持つ人々の日常生活を支援することです。これには、身体介助(食事、入浴、排せつなど)、生活支援(掃除、洗濯、買い物の援助)、移動の補助、健康管理(バイタルチェック、服薬管理)などが含まれます。また、レクリエーション活動の企画・実施や、心のケアを通じて、利用者の社会的・精神的な健康を支える役割も担います。介護職は、利用者の尊厳を守り、より良い生活の質を提供するための重要な職務を果たしています。

介護の仕事大百科では、通所介護や訪問介護その他の介護施設など、介護サービスの種類ごとに違う仕事の内容などを詳しく紹介しています。

介護業界への転職の可能性、力持ち男性やパソコンができると好条件も

異業種から介護の仕事への転職は十分に可能ですし、実際多くの人が30代、40代、50代になってから介護業界に初心者で転職するケースは多くあります。特に、人と接する仕事の経験や、コミュニケーション能力が高い人は、介護業界で求められるスキルを持っていますし、介護の仕事は忙しさもありますが、やりがいがあったり、今後もなくならない仕事としてある意味安定性はあるので介護業界への転職も選択肢として選ばれることが増えています。

介護業界はまだまだ女性が多い職場ですが、パソコンができたり、力仕事ができたりと男性ならではの長所を活かすこともできるので、男性の介護職員はとても重宝されます。

介護業界への転職の可能性、力持ち男性やパソコンができると好条件も

異業種から介護業に転職する際のポイント

異業種から介護業に転職する際のポイントを解説します!

転職理由の明確化

転職を成功させるためには、なぜ介護業界を選んだのか、その理由を明確にすることが重要です。社会貢献への意欲や、人と接する仕事への情熱などが、転職の動機として有効です。

実際転職理由として面接など転職理由として探りたいのは以下のようなことです。

  •  職場の環境に馴染めるような人なのか
  •  高齢者に対しても礼儀正しく接することができるのか
  •  介護に対して仕方なく来たというような印象を持たれないか

転職理由を考える場合でも、このようなことを確認にしたくて転職理由を聞いているんだということを意識していくことで、面接担当者の人の印象を良くすることができるかと思います。

接客業から介護業への転職例

接客業から介護業への転職は、人と接する経験を活かすことができます。接客業で培ったコミュニケーション能力やサービス精神は、介護職においても非常に重要です。接客業をしていた人が介護業界に転職するというケースも多く、この場合にはコミュニケーション能力や接遇がある程度身についているのでその延長上で仕事ができる部分もあります。採用する側としても接客業をしていた人は、介護の仕事でも活躍してくれるという期待感があると思います。

保育士・歯科衛生士から介護業への転職例

保育士・歯科衛生士からの経験は、介護業界で非常に有利です。これらの職業で培ったケアのスキルや人間理解は、介護職に直接応用可能です。保育士が歯科衛生士の場合には夜勤の仕事はないので、高齢者のことが好きで夜勤もしてしっかり稼ぎたい場合などには介護業界への転職も良いでしょう。

介護業界への転職成功のコツとケース

介護は未経験・初心者でも活躍できる職種

介護業界には、未経験者でも活躍できる職種が多くあります。例えば、介護施設の介護職の場合には、資格が無くても働くことはできます。(2023年度までは努力義務の経過措置期間ですが、2024年度以降は認知症介護基礎研修を受けることが最低限必要となります。)

認知症介護基礎研修とは 2021年度から義務化される認知症ケアの初任者研修

介護への異業種転職者の体験談と成功例

異業種から介護業界に転職した人々の体験談は、転職を考える人にとって大きな参考になります。

 40代男性、元タクシー運転手から介護業界への転職体験談

私は40代でタクシー運転手をしていましたが、ある事故が原因で免許が停止され、仕事を失いました。その時、介護業界への転職を決意しました。最初は未経験で不安も大きかったですが、介護職員初任者研修を受け、徐々に仕事に慣れていきました。人と接することが好きだったので、利用者の方々とのコミュニケーションは自然と楽しくなり、彼らの日常生活をサポートすることに大きなやりがいを感じるようになりました。今では、この転職が人生の転機となり、新たなキャリアを築けたことに感謝しています。

建築業から介護職への転職体験談

私は長年、建築業界で働いていましたが、業界の不況により廃業を余儀なくされました。その後、介護業界への転職を決めました。建築業で培った体力と精密な作業能力が、介護の現場でも役立つことに気づきました。特に、利用者の方々の移動支援や日常生活のサポートにおいて、私の経験が活かされていると感じます。また、人の役に立つ仕事であることが、自分にとって大きな満足感をもたらしています。転職してからは、新しい人間関係を築き、毎日が充実しています。今では、介護職に転職したことを心から良かったと思っています。

転職サイトやエージェント利用のメリット

転職サイトやエージェントを利用することで、自分に合った求人を見つけやすくなります。また、履歴書の書き方や面接のコツなど、転職活動のサポートを受けることができます。特に異業種から介護業界に転職する場合には転職サイトや転職エージェントを使って自分の長所を整理したり条件の交渉をしたりしていく方が良いと思います。以下はおすすめの転職サイトです。なるべく多く登録した方がたくさんの求人が見ることができるので複数登録することをおすすめします。

介護業界の就職に強い!おすすめ転職エージェント3選【無料】

転職サイトごとに持っている求人情報が異なるので、以下の大手は全部登録して一気に調べるのもお勧めです!

  • 利用者満足度 96% で安心!
  • しつこい転職勧誘電話なし
  • 登録後は自分のペースで全て検索可能

  • 独自の職場体験をレポートが見れる
  • 無資格・未経験もOK!
  • 求職者に合わせた非公開求人もあり

  • 介護の仕事の転職の老舗・定番!
  • 月間利用者が40万人以上
  • ハローワーク非掲載の求人も多数

介護業界への転職時の挑戦点と対策

必要な資格と取得方法

介護業界で働くためには、介護職員初任者研修や介護福祉士などの資格が有利です。これらの資格は、専門学校や通信教育、職業訓練として補助金をもらってでも取得することができます。資格がない状態から採用してもらい、各取得を支援してくれる転職先などもありますのでこちらも転職サイトなどを通じて情報を収集することをおすすめします。介護の仕事をする場合にステップアップするには以下のような資格があります。介護福祉士の資格まで取ると手当などもつきますし、役職などにもつきやすくなります。

認知症対応型サービス事業管理者研修
介護職員初任者研修
介護職員実務者研修
介護福祉士(国家資格)

体力面や人間関係の問題

介護職は体力を要する仕事です。また、人間関係の構築も重要です。これらの問題に対処するためには、適切な体力管理とコミュニケーションスキルが必要です。

募集内容と職場選択のポイント

求人を選ぶ際には、勤務条件、給与、職場の雰囲気などをしっかりと確認することが重要です。自分に合った職場を見つけることが、長期的なキャリア形成につながります。

特に異業種から介護業界に転職する場合には転職サイトや転職エージェントを使って自分の大切にしたいことを整理したり、条件の交渉をしたりしていく方が良いと思います。以下はおすすめの転職サイトです。なるべく多く登録した方がたくさんの求人が見ることができるので複数登録することをおすすめします。

介護の仕事はどの職種も不足で好条件求人増加中!
専門の転職サイトでよい求人がないか確認してみましょう!

非公開求人無し!登録したら全求人を探せる!
求人案件数最大級!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」登録後に自分で非公開の求人を探していくサーチ型となりますので、転職の情報収集に最適のサービスです。自分のペースで職探しが可能です。 求人紹介のしつこい電話や催促がないのも安心です。

少しの情報で、すぐ登録可能!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」

「ジョブメドレー」は、都心だけでなく、地方にも強いです。しかも、ケアマネや介護職員の他、生活相談員や看護師、社会福祉士、管理者や施設長・事務長などの高ポジションもジョブメドレーだからこそです。登録すると、検索条件で求人をどんどん調べられるので、お気軽に登録してもよいと思いますよ!