知的障害とは?原因・種類・症状・発達障害の違いや診断基準
 

知的障害は、個人の知的能力が平均よりも顕著に低く、日常生活や社会生活への適応が困難な状態を指します。この記事では、知的障害の種類、原因、症状、そして発達障害との違いについて詳しく掘り下げます。また、知的障害者への支援と治療、家族との関係、社会的認識と受容についても考察し、知的障害者が直面する課題と可能性に光を当てます。知的障害に関する正確な情報と理解を深めることで、より包摂的で理解ある社会を目指します。

知的障害とは

知的障害とは

知的障害は、個人の知的機能が平均よりも顕著に低い状態を指し、日常生活や社会生活における適応が困難であることを特徴とします。知的障害は、通常、18歳未満の発達期に知的能力や日常生活のスキルの遅れとして現れます。

知的障害者とは

知的障害者は、知的機能の障害が発達期に現れ、日常生活において特別な援助を必要とする状態にある人々を指します。知的障害は、IQ(知能指数)が70未満であることが一般的な診断基準とされています。しかし、IQだけでなく、日常生活や社会生活への適応能力も重要な評価基準です。

知的障害の診断は、通常、標準化された知能検査によって行われます。これには、ウェクスラー知能スケールやスタンフォード・ビネ検査などが含まれます。これらの検査は、言語的理解、作業記憶、知覚推理、処理速度など、さまざまな知的能力を測定します。

知的障害と発達障害の診断基準の違い

知的障害と発達障害は、しばしば混同されますが、両者には明確な違いがあります。知的障害は、全般的な知的能力の低さが特徴であり、日常生活のスキルにおいても制限があります。一方、発達障害は、特定のスキルや機能の発達が遅れることを指し、言語、運動、社会的スキルなど特定の領域における遅れが中心となります。

知的障害の診断のプロセス

知的障害の診断プロセスには、通常、以下のようなステップになります。

  1. 初期評価:医師による健康状態の評価と、発達の歴史に関する詳細なインタビュー。
  2. 知能検査:標準化された知能検査によるIQの測定。
  3. 適応行動の評価:日常生活のスキルや社会的適応能力の評価。
  4. 総合的な診断:上記の情報を総合して、知的障害の有無と程度を判断。

「知的」障害の診断基準

診断基準 説明
IQの基準 IQが70未満であること
適応行動の制限 日常生活のスキル、社会的スキル、家庭や職場でのタスクなど、日常生活に必要なスキルの習得が難しいこと
発達期における発症 18歳未満での知的能力や日常生活のスキルの遅れ

知的障害の診断を受けた場合申請をすると療育手帳を取得することができる場合があります。

「発達」障害の診断基準

診断基準 説明
特定のスキルの遅れ 言語、運動、社会的スキルなど特定の領域における遅れ
生まれつきの脳機能の発達の偏り 日常生活に支障が出る状態

発達障害の診断を受けた場合には精神障害者保健福祉手帳を取得できることがあります。

知的障害者はなぜ生まれる?

知的障害の原因は多岐にわたります。これには、遺伝的要因、母体の健康や妊娠中の問題、出産時の合併症、早産、感染症や栄養不足などが含まれます。特に、染色体異常や遺伝子変異が知的障害の原因となることがあります。例えば、ダウン症候群は、21番染色体の異常によって引き起こされる知的障害の一例です。

知的障害の種類・原因・症状

以下の表は、知的障害の種類、原因、症状に関する概要を簡潔にまとめたものです。

知的障害の種類(IQの程度)

種類 IQ範囲 特徴
軽度知的障害 50-69 学習や社会的スキルに遅れがあるが、適切なサポートと教育で独立した生活が可能
中度知的障害 35-49 日常生活のスキルの習得が難しく、一定のサポートが必要
重度知的障害 20-34 基本的な自己ケアスキルの習得も難しく、常にサポートが必要
極度知的障害 20未満 全ての面でのサポートが必要

知的障害の原因

原因のカテゴリ 説明
遺伝的要因 遺伝子異常や染色体異常が原因で発生することがある
母体の健康問題 妊娠中の感染症、栄養不足、アルコールや薬物の使用が影響を与えることがある
出産時の合併症 低酸素状態や出産時の合併症が原因で発生することがある
環境的要因 早産、感染症、栄養不足など、出生後の環境が影響を与えることもある

知的障害の症状

症状のカテゴリ 説明
認知能力の制限 学習、記憶、問題解決などの認知機能が平均よりも低い
日常生活のスキルの制限 自己ケア、社会的スキル、家庭や職場でのタスクなど、日常生活に必要なスキルの習得が難しい
適応行動の制限 新しい環境や状況に適応するのが難しい

知的障害とIQの関係・診断基準

知的障害の診断において、IQ(知能指数)は重要な指標です。一般的に、IQが70未満の場合、知的障害の可能性が考慮されます。しかし、IQスコアだけではなく、日常生活や社会生活への適応能力も重要な評価基準となります。

IQと知的障害

IQは、個人の知的能力を数値で表したもので、標準化された知能検査によって測定されます。IQスコアは、個人の知的能力が平均と比較してどの程度異なるかを示します。知的障害の診断において、IQ70未満は一つの基準とされていますが、これはあくまで一般的な目安であり、個々のケースによって異なる場合があります。

知的障害の診断基準の重要性

知的障害の診断は、IQスコアだけでなく、個人の日常生活や社会生活への適応能力を総合的に評価することによって行われます。これには、自己ケア、社会的スキル、家庭や職場でのタスクの遂行能力などが含まれます。診断は、医師や心理学者による詳細な評価と、必要に応じて家族や教師からの情報も取り入れて行われます。

知的障害者の支援と治療

知的障害者への支援と治療は、その人の能力を最大限に引き出し、社会的な自立を促進することを目的としています。これには、教育的アプローチ、治療方法、社会的支援などが含まれます。

教育的アプローチ

知的障害者に対する教育的アプローチは、個々のニーズと能力に基づいてカスタマイズされます。これには、基本的な生活スキルの訓練、コミュニケーション能力の向上、社会的スキルの発達などが含まれます。特別支援教育や個別教育計画(IEP)が、このアプローチの一部として用いられます。

治療方法

知的障害者に対する治療方法には、行動療法、認知行動療法、音楽療法、職業療法などがあります。これらの治療は、社会的適応能力の向上、ストレス管理、感情調整などを目的としています。また、必要に応じて、薬物療法が用いられることもあります。

社会的支援と支援者への支援

知的障害者が社会において自立し、活躍するためには、適切な社会的支援が不可欠です。これには、就労支援、住宅支援、日中活動プログラム、レクリエーション活動などが含まれます。また、家族やケアギバー(支援者:Caregiver)への支援も重要であり、教育プログラム、カウンセリング、サポートグループなどが提供されます。

知的障害と家族との関係

知的障害者の家族は、彼らの生活において重要な役割を果たします。家族のサポートは、知的障害者が社会に適応し、自立するために不可欠です。また、家族間のコミュニケーションの工夫も、相互理解と支援の強化に寄与します。

家族の役割

知的障害者の家族は、日常生活のサポート、教育的支援、感情的な支えなど、多岐にわたる役割を担います。家族は、知的障害者が社会的スキルを学び、自立した生活を送るための基盤を提供します。また、家族は、知的障害者が直面する課題を理解し、適切なサポートを提供するための情報とリソースを得ることも重要です。知的障害児に対しては療育手帳を取得することにより育児をしていく中でのサポートや情報を得ることなどができます。

コミュニケーションの工夫

知的障害者とのコミュニケーションには、特定の工夫が必要です。これには、簡潔で明確な言葉を使う、視覚的な支援を提供する(例:絵カード、ジェスチャー)、一度に一つの指示を与える、ポジティブなフィードバックを提供するなどが含まれます。家族がこれらのコミュニケーション戦略を用いることで、知的障害者はより効果的に学習し、コミュニケーション能力を向上させることができます。

知的障害者に対する社会的認識と受容

知的障害に対する社会的な認識と受容は、知的障害者がより良い生活を送るために非常に重要です。社会全体が知的障害についての正しい理解を持ち、受容的な態度を取ることで、知的障害者は自分らしく生きることができます。

社会における認識

知的障害に対する社会的な認識は、しばしば誤解や偏見に基づいています。知的障害者は、能力が低いと見なされがちですが、実際には彼らは多様な能力と才能を持っています。社会が知的障害についての正しい理解を持つことは、知的障害者が直面する障壁を減らし、彼らの潜在能力を引き出すために不可欠です。

インクルージョンと社会的な受け入れの心の促進

知的障害者の社会的包摂と受容を促進するためには、教育、職場、地域社会における取り組みが必要です。学校や職場でのインクルージョン(包摂)プログラム、地域社会における啓発活動、知的障害者との交流機会の提供などが、この目的を達成するための方法です。また、メディアや公共の場でのポジティブな表現も、社会的な受容を促進する上で重要な役割を果たします。

知的障害者はしばしば差別の対象にされたり、その特性を理解していない人からひどい言葉をかけられたり、本人の様々な自由を奪われてしまうような状況に陥ったりすることがあります。このような状況はよくありません。知的障害者にも人権があることを理解しつつ、もちろん社会に適応していくことは難しい場合もありますが本人の気持ちと人権を持っていくことは重要なことです。

まとめと展望

知的障害者は、社会の一員として彼ら自身の権利と可能性を持っています。社会全体が知的障害に対する理解を深め、包摂的な環境を提供することで、知的障害者は自分らしい生活を送り、社会に貢献することができます。

未来への展望

知的障害者の未来に向けて、社会はより包摂的でアクセスしやすい環境を作り出す必要があります。教育、雇用、レクリエーションなど、生活のあらゆる面での機会均等を実現することが重要です。技術の進歩や革新的な支援プログラムの開発も、知的障害者の自立と社会参加を促進するために役立ちます。

社会の進化

知的障害者に対する社会の進化は、単に法的な保護や支援サービスの提供にとどまらず、社会的な意識の変革を含むべきです。知的障害者が自分の意見を表明し、決定過程に参加する機会を持つことが、真のインクルージョンにつながります。また、知的障害者の才能と能力を認識し、それを社会の発展に活かすことも重要です。

合わせて知的障害者への差別や権利の侵害がないよう社会的にも進化が問われます。

総括

知的障害者は、それぞれ独自の能力と個性を持ち、社会に貴重な貢献をすることができます。社会全体が知的障害に対する理解を深め、支援と機会を提供することで、知的障害者は自分らしい生活を送り、社会の一員として活躍することができます。知的障害者の権利と可能性を認識し、彼らが社会に完全に参加できるような環境を作り出すことが、私たち全員の責任です。

 

障がい者におすすめの転職エージェント

障がい者としての転職をするのは抵抗があるかもしれませんが実際にどんな求人があるのか、どれくらいの給料でどんな条件なのかについてはサイトで確認することができます。

障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

アットジーピー【atGP】アットジーピー【atGP】」は、障害者雇用のパイオニアとして、15年以上に渡り障害者の就職・転職をサポートしてきた企業です。会員登録をしない状態でも一般的な転職サイトのように障がい者向けの公開求人情報を確認でき、給料や条件を見れるのが特徴です。会員登録すると一般には公開されていない、優良企業の求人などもあります。

障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

障がい者転職エージェント【Agent-Sana】障がい者転職エージェント【Agent-Sana】

【Agent-Sana】障がい者転職エージェント【Agent-Sana】」は、30年の歴史があり、きめ細やかな支援体制で企業と求職者のベストマッチングを進める身体障がい、内部障がい者のための「転職エージェント」です。身体障がい、内部障がいの方の転職支援の経験が豊富なため、身体障がい・内部障がいの方で転職を検討している方におすすめです。

Agent-SanaAgent-Sana