スポンサーリンク

仙骨座りとは

骨盤の図

仙骨座りとは、椅子や車椅子の座るときに骨盤が大きく後傾して、骨盤の後側にある仙骨が座面に接して支えている座位姿勢です。

仙骨座り姿勢は悪い座位姿勢、ずり落ちそうな座り方であり、仙骨座りが続くと胸椎や腰椎の変形、仙骨やシートに接した背骨の棘突起などに集中的に剪断力や圧力がかかり皮膚剥離や褥瘡になったりするリスクが高いため注意が必要です。

座り方の特徴や座位姿勢については下の記事で詳しく紹介しています。

高齢者の仙骨座りと骨盤

仙骨とは、脊柱の下に位置し、骨盤を形成する骨のうちの一つです。正常の座位姿勢であれば、仙骨や座骨に体重が分散されるため、一点に集中して圧がかかることはありませんが、様々な要因や原因によって滑ったような姿勢で仙骨に圧がかかる仙骨座りと呼ばれる座位姿勢になります。

 

医療や介護の現場では、高齢者の寝たきりの予防についてはしきりに言われていますが、離床した後の環境も大切です。車椅子に座っているとき、この仙骨座りの状態で長時間過ごしてしまうことにより、仙骨に褥瘡が生じてしまうケースもみられています。

では高齢者の仙骨座りとはどのような原因で生じ、どのような対策が必要かお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

仙骨座りの症状と褥瘡や誤嚥などのリスク

仙骨座りによる身体への弊害としては一番の弊害としては姿勢が悪くなる事が知られています。姿勢が悪いから仙骨座りになるかの順序はどちらが先かは個人により違いますが、仙骨座りで長時間座っていると、筋緊張の亢進が生じやすく、より不良姿勢を引き起こしてしまいます。

不良姿勢になることで呼吸の抑制や、内臓機能にも悪影響や二次障害を及ぼしてしまいます。特に高齢者においては円背姿勢を助長してしまうことが多く、仙骨座りにならず、自分で骨盤がニュートラルに維持できるようポジショニングするなどの適切な対応が必要となります。円背姿勢でずっといると背骨への負担が大きいため腰痛にもなりやすいです。

また、仙骨に集中的に圧がかかることで褥瘡を形成してしまうこともあります。褥瘡や拘縮を防ぐために形式的に離床している施設もあると思いますが、離床していても座位姿勢や同じ姿勢でいる時間に無頓着になっていると褥瘡を生じる要件は十分成立します。

車椅子クッションや背当てなどでポジションを保ちやすいようにしますが、クッションなどを過剰にすると自分で姿勢を保てない依存的な姿勢になったり、座面が柔らかすぎて固定されず姿勢が保てないなど十分な座位評価を行いながら調整する必要があります。高齢の方の皮膚は栄養状態などにもよりますが、脆弱であることが多く、思わぬ力が加わることで傷を作り新たな感染症が生じてしまう可能性もありますので注意が必要です。

また、仙骨座りの姿勢のままで食事を行う場合、頭部が伸展(顔が上に向いた姿勢)で摂食嚥下を行うため、誤嚥のリスクが高くなります。

仙骨座りの原因

高齢者の仙骨座りの一番の原因としては「車椅子の大きさが適切でない」ことが挙げられます。
姿勢や筋緊張の亢進など複数の要因が関連して、仙骨座りは引き起こされますが、特に座面やシートのバックサポートなどの環境面での要因も大きく影響します。
例えば車椅子の座面の奥行きが大きすぎる場合、背もたれに寄りかかると体幹も骨盤も後に傾いた仙骨座りになります。

座位姿勢で足底が床やフットレストに着かず、下腿がぶらぶらとしているときには、おしりが前に移動しやすく仙骨が前方へ滑り、そのままだと仙骨座りになってしまいます
また円背傾向のある虚弱な高齢者の場合は、座位で体幹、骨盤をまっすぐに保持できないため、バックサポートと隙間ができてしまいます。これも車椅子の選定や適合がうまく行えていない時に生じ、仙骨座りを助長してしまいます。

車椅子のパーツの名前やあると仙骨座り対策に便利な機能などは以下の記事で図やイラストも使って紹介していますのご参考にどうぞ。

仙骨座りの対策やリハビリ方法

仙骨座りの対策として最も大事なのは正しい車椅子の選定とフィッティングを行うことです。

状態に応じた車椅子を選択し、姿勢や身体面に応じたシーティングを行っていきましょう。

個々人によって身体の大きさや基本姿勢が異なるため、まずは車椅子の選定が大切となります。

仙骨座り対策としての車椅子の選定のポイント

仙骨座り対策としての車椅子の選定のポイントとしては、身体のずれを防ぐこと、体圧を分散させること、身体と車椅子の隙間を過分に作らないことが大事となります。

特に車椅子上でご自身の力で体位変換を行ったり、座り換え(プッシュアップなどでお尻を浮かして圧を抜いたり姿勢を直したりすること)が行えない方にとっては、ずれや車椅子と隙間がある場合に、一度向きを変えてしまうとご自身で戻すことができないため、筋緊張の亢進や関節に負担がかかるなどの悪影響も生じてしまいます。

仙骨座り対策としてのクッションのポイント

仙骨座り対策としては、座位姿勢が不安定だなと思ったら、必要に応じて福祉用具の専門スタッフやリハビリスタッフに相談し、姿勢保持のためのポジショニングクッションの使用や車椅子のクッションを変えてみるなどの対応が必要です。

車椅子の種類によりますが、合皮やナイロンなどの素材の硬くて滑りやすい座面にそのまま座っているご利用者・患者様も結構います。するする滑る座面や、硬くて痛い座面に座っていたら、健常な人でもお尻の位置を前に移動したりしてごまかしごまかし耐えます。人のからだは痛くて緊張すると体は伸展方向に筋緊張が高まってしまいお尻が前に移動します。

車椅子はあくまでも移動のための道具なので、可能ならば車椅子から普通の椅子に移乗することが最善です

またクッションを選択する場合には、分厚ければ良いというものでもないので、座位でいる時間等も含めて専門職等によく相談しましょう。

在宅生活の方の場合には、車椅子のクッションも福祉用具貸与の対象になっているものもありますので、お試ししながらより良いクッションを見つけると良いと思います。

仙骨座りを改善し、座位姿勢を直すための評価とリハビリ方法

仙骨座りの原因は車椅子がフィットしていないことなどの座る環境面の問題もありますが、リハビリを効果的に進めるためには骨盤を後傾した姿勢を取ってしまう原因を考える必要があります。

平らなところで背もたれ無しの端座位(腰掛け座位)のイラスト

仙骨座りになってしまう原因を探るために、車椅子ではない平らで硬いところに背もたれ無しで座ってもらい、端座位姿勢を評価して原因を特定していきましょう。(座位が明らかに不安定な方は無理せず)

もしかすると平らで背もたれのない座面で端座位だったらまっすぐ座れるかもしれません。その場合はやはり車椅子や座位を取る時間が原因かもしれません。早急に車椅子を適切なものに変更したり、普通の座りやすい椅子で過ごすような生活習慣に見直しましょう。

背もたれ無しでまっすぐ座れない場合には、すでに背骨や骨盤のアライメントのずれが生じているかや、身体を前にかがめた姿勢はとれるのかなどを評価しながら原因を探っていきます。

もしも端座位で後ろに傾いた姿勢から自分で起こしてこれない、介助しても前かがみの姿勢が取れないという場合には股関節や胸腰椎の可動域訓練から行っていく必要があります。

例えば、端座位の姿勢で一緒に前かがみになる練習(骨盤を前傾する訓練)を行うということがリハビリのベースになり、少しずつレベルアップしたプログラムにしていきます。仙骨座りが問題になっているときには、リハビリについては理学療法士や作業療法士の介入が効果的だと思います。

まとめ

寝たきりを防ぐため、車椅子へ離床することはとても大切ですが、車椅子上での様子についても注意深く観察し、仙骨座りにならないように対応が必要です
具体的には車椅子の適合、調整、座位でのポジショニングが重要で、定期的に姿勢を評価し、皮膚状態などを観察することも大事です。
車椅子は移動介助の手段のみでなく、座って過ごす時間が多い方にとっては生活の中心的役割を担います。

ぜひ、みなさんの周りでも仙骨座りになっている方がいないかどうか、明日から注意深く見て頂けると嬉しいです。

仙骨座りと合わせて、円背や後方重心姿勢を助長してしまう可能性がある両手引き歩行介助も是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事