高齢者の血圧の正しい測り方と血圧測定時に食事・入浴・運動などをした後や、精神状態・測定時刻などにより血圧が上下する理由について紹介します。

スポンサーリンク

血圧が変化する原因は大きく分けると2つ!

血圧は、心臓がドックンドックンとたくさん血液が全身に送られている時は高くなります。
また、浮腫みに代表されるように、末梢(末端)の抵抗(血管の通りにくさ)が高くなると高くなります。これが血圧測定の時に血圧が高くなる主な原因です。
極端な話をすれば、血が流れないように手足を縛ったとしたら、血圧は一気に上昇しますよね。

運動をしている時と運動直後は血圧が上昇し、その後血圧は低下する

運動をしている時は、筋肉で酸素を欲してたくさんの血液が供給されている中、力んで抹消の血管が通りにくくなっているという状態なので血圧測定をした場合には血圧が高く出ます。

この時のイメージは、血管にいっぱい血液を送り出し、筋肉の所で溢れださせるという感じです。そのため、血圧は高い状態になります。
筋肉は運動するとき酸素をたくさん必要とします。血液には酸素がいっぱい含まれておりますので、酸素の需要に合わせて心臓は動きます。
その後、運動を止めると筋肉はそれほど酸素を使わないため、心臓から送りだされる血液の量も減少、筋肉での抵抗も減少、その結果血圧は低下します。

血圧の測定は条件にも注目

血圧は一定なわけではありません。時間や環境によって変動していくものです。
そのため、血圧測定は、測定する時刻、測定する時の姿勢、測定手順、測定前に何をしていたかをしっかりと整えます。

仮に寝たまま背臥位で血圧測定した測定値は座位で測定した値とは異なりますし意味合いも違うものになります。

スポンサーリンク

血圧の基本的な測定方法

血圧ドットコムの血圧測定に関する記事から、きちんとした手順や環境を整えて血圧測定する方法を引用します
高齢者の場合、必ずしも椅子に座れるわけではありませんので、毎回同じ条件で測定ができるように測定をする人で情報共有します。

血圧測定などのバイタルサインは、時間や環境によって変化する

血圧などのバイタルサインは、1日を通じて一定ではありません。食事、飲酒、喫煙、運動、入浴、仕事など、状況によって数値は変動します。血圧管理の第1歩は、正しい血圧測定から始まります。血圧を正確に計るためには、以下のポイントに注意してください。

1. 体の力を抜いてリラックスする

トイレを我慢しているときや、出かける直前のあわただしい時間などには血圧は上昇してしまいます。また、測定前1時間位の間には、食事・入浴・運動は避けてください。

2. 座って測定する

血圧は、「心臓の高さにある上腕の血圧を座って計測した値」が基準です。必ず座って測定しましょう。

3. 毎日同じ時間に測る

血圧は、時間によって変動するため、ほぼ同じ時間に測らないと、日々の変化がつかめません。

4. 信頼できる血圧計を選択する

上腕部にカフを巻くタイプのものがおすすめです。手首や指先で測る血圧計では正確な測定ができないことがあります。
引用血圧ドットコム> 正しい血圧測定 > 血圧の正しい測り方

それでは、高齢者の血圧測定をする際に知っておきたい留意点をまとめました。こんなときは血圧が高く出るよ、食事の後は?などを確認していきましょう!

知っておくと役立つ、高齢者の血圧測定と血圧変化の留意点

高齢者を想定した場合、血圧を測定する場面として多いのは以下のような時です。
ただし、冒頭でも説明したように、血圧は心臓の動きや末梢の抵抗などで常に変化しています。

高齢者の入浴時の血圧測定は信ぴょう性に乏しい

入浴する時など、寒い脱衣所で裸になったり、熱い湯に入ると血圧は急上昇しますが、少しぬるめの適温の湯に長く入っていると下がっていくという特徴があるため留意しましょう。

たばこを吸った後、血圧が上昇する

たばこを吸った時、血圧は上がります。これはニコチンにより、末梢の血管が収縮して血液が流れにくい状態となるためだと言われます。

朝の血圧を測定する場合、原則は起床後1時間以内・食前・排尿後

朝の血圧を測定する場合には、原則は起床後1時間以内・食前・排尿後という条件で統一することが望ましいです。入浴や食事の直後は血圧の変動が激しく、特に高齢者ではその差が顕著になる傾向があるためです。

食事をとると血圧が上昇する傾向がある

食後は消化のため血液が胃や腸に集まります。
健康な人はこのとき自律神経の働きで血圧や心拍数が上昇させて、体を巡る血液の不足分を補おうとします。
しかし、高齢者や疾患によりこの血圧調節がうまくいかないと食事により血圧が下がり、「食事性低血圧」が起きます。

医療現場で簡易的測定の際に使われる血圧計の紹介

医療の場面では家庭や施設における血圧測定よりも精度の高い測定が求められます。
そのためICUなどではかなり大きな機器を使用して全身管理しますが、ちょっとした場面ならば以下のようなものがスタンダードで使用されています。
いろいろ意見があると思いますが、個人的にはバイタルチェックの血圧測定は手首型より上腕型をお勧めします。
医療場面では上腕測定が基本となっているためです。

介護や看護の場面でよくバイタルチェックされるバイタルサイン(脈拍、SpO2、血圧、意識、呼吸、体温)についても是非ご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事