関節リウマチとは?原因・初期症状、治療、してはいけない10項目
 

関節リウマチは、多くの人々の生活に影響を及ぼす慢性的な自己免疫疾患です。この病気は、関節に痛みや腫れを引き起こし、日常生活におけるさまざまな活動に制限をもたらすことがあります。しかし、適切な知識と治療によって、症状の管理と生活の質の向上が可能です。本記事では、関節リウマチの基本的な理解から、その原因、初期症状、現代医学における治療法、そして日常生活で注意すべき点について詳しく解説します。関節リウマチに苦しむ患者やその家族、またこの病気についてもっと知りたいと思っている方々に、この記事が役立つ情報を提供することを願っています。

このページの目次

関節リウマチとは?

関節リウマチは、英語で「Rheumatoid Arthritis」と表現され、医療業界では略語として「RA」と言われる、主に整形外科で診療する自己免疫疾患です。

関節リウマチの病態と疾患

関節リウマチの病態と疾患

関節リウマチは、自己免疫疾患の一つで、主に関節に慢性的な炎症を引き起こす病気です。この炎症は関節の腫れ、痛み、そして機能障害を引き起こし、放置すると関節の変形や破壊につながることがあります。病態は、体の免疫システムが誤って関節の組織を攻撃することによって起こります。

関節リウマチは何科の専門医に診察してもらうのがおすすめか

関節リウマチの診断と治療は、主にリウマチ科や整形外科で行われます。リウマチ科や整形外科などの診療科目を標榜している医院や病院、専門医は、関節リウマチの診断、治療計画の立案、および病状の管理において豊富な経験と専門知識を持っています。

全くリウマチの専門医の探し方

一般社団法人日本リウマチ学会の「リウマチ専門医・指導医・施設検索」のページではリウマチ専門医ならびに専門医が所属する施設について都道府県ごとやキーワードなどから検索することができます。

全身から見た関節リウマチの影響

関節リウマチは関節だけでなく、全身に影響を及ぼすことがあります。例えば、疲労感、発熱、体重減少などの全身症状や、肺や心臓の合併症などが挙げられます。これらの症状は、炎症が全身に広がることによって引き起こされます。

男性と女性での関節リウマチの違い

関節リウマチは女性に多く見られる疾患ですが、男性にも発症します。女性の方が発症率が高い傾向にあり、症状の重さや進行の仕方にも性差が見られることがあります。ホルモンの違いがこれらの差に影響している可能性があります。

関節リウマチの原因と早期発症

関節リウマチの原因と自己抗体の関連性

関節リウマチの正確な原因はまだ完全には解明されていませんが、遺伝的要因と環境要因の両方が関与していると考えられています。特に、自己抗体と呼ばれる免疫システムの異常な反応が、関節リウマチの発症に重要な役割を果たしています。これらの自己抗体が健康な関節組織を攻撃し、炎症を引き起こすことがあります。

関節リウマチの早期発症と兆候

関節リウマチの早期発症は、しばしば手や足の小さな関節に起こる痛みや腫れとして現れます。これらの症状は、特に朝の時間帯に顕著で、関節のこわばりが30分以上続くことが一般的です。早期に発見し治療を開始することで、関節の損傷を防ぎ、症状の進行を遅らせることが可能です。

生活ストレスと関節リウマチの関連性

ストレスは関節リウマチの症状を悪化させる可能性があります。ストレスが多い環境や生活習慣は、体の炎症反応を刺激し、リウマチの痛みや腫れを増加させることがあります。ストレス管理は、関節リウマチの総合的な治療計画の重要な部分です。

関節リウマチの初期症状と診断

関節リウマチの初期症状と痛みの特徴

関節リウマチの初期症状には、関節の痛み、腫れ、赤み、熱感、そして朝のこわばりが含まれます。これらの症状は通常、対称的に発生し、両側の同じ関節に影響を及ぼします。初期段階では、これらの症状が軽微であることが多く、時間とともに徐々に悪化する傾向があります。

関節リウマチの初期症状を表にまとめます。これらの症状は個人差があり、すべての患者に一様に現れるわけではありませんが、一般的によく見られる兆候です。

初期症状 説明
関節の痛み 特に朝の時間帯に顕著で、関節の使用とともに改善することがある。
関節の腫れ 炎症による関節の腫れが見られ、しばしば熱を持つ。
こわばり 朝の時間帯に関節のこわばりがあり、30分以上続くことが一般的。
対称性の症状 両側の同じ関節に症状が現れることが多い(例:両手の指関節)。
疲労感 一般的な疲労感や全身のだるさが見られることがある。
軽度の発熱 低度の発熱が伴うことがある。
筋力の低下 関節の痛みや腫れにより、筋力が低下することがある。
体重減少 病気の活動性が高い時に、体重が減少することがある。

これらの初期症状が見られた場合、特に症状が数週間以上続く場合は、リウマチ科専門医に相談することが重要です。早期発見と治療は、関節リウマチの進行を遅らせ、より良い治療結果を得るために不可欠です。また、これらの症状は他の疾患でも見られることがあるため、正確な診断を受けることが重要です。関節リウマチで特徴的に起きる膝や手の指などの変形に関する症状は以下の記事で詳しく解説しています。

関節リウマチの診断と検査方法

関節リウマチの診断は、症状の評価、身体検査、血液検査、および画像診断(X線、MRI、超音波など)を通じて行われます。これらの検査は、関節の炎症の程度、関節損傷の有無、および自己抗体の存在を確認するために重要です。

血液検査と関節リウマチの診断基準

血液検査では、リウマトイド因子(RF)や抗CCP抗体などの自己抗体の有無が調べられます。これらの抗体は関節リウマチの患者にしばしば見られますが、必ずしもすべての患者に存在するわけではありません。

診断基準はこれらの検査結果に加えて、症状の持続期間や関節の影響範囲などを考慮して決定されます。

関節リウマチの診断基準

関節リウマチの診断基準を表にまとめます。ここで示すのは、アメリカリウマチ学会(ACR)と欧州抗リウマチ薬学会(EULAR)が共同で策定した2010年の診断基準の概要です。これらの基準は、関節リウマチの診断に広く用いられています。

項目 詳細 得点
関節の関与 1大関節(0点)、2-10大関節(1点)、1-3小関節(2点)、4-10小関節(3点)、10以上の関節(5点)
血液検査(抗CCP抗体、RF) 陰性(0点)、低陽性(2点)、高陽性(3点)
炎症反応(CRP、ESR) 正常(0点)、異常(1点)
症状の持続期間 6週間未満(0点)、6週間以上(1点)

診断基準の合計得点が6点以上で、関節リウマチの診断が検討されます。ただし、これらの基準は診断の一部であり、最終的な診断は医師の臨床判断に基づきます。また、これらの基準は時間とともに更新される可能性があるため、最新のガイドラインや専門家の意見を参照することが重要です。

関節リウマチの治療法と進行防止

専門医による関節リウマチの治療法

関節リウマチの治療は、症状の緩和、関節の損傷の進行の防止、および生活の質の向上を目的としています。治療法には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、疾患修飾抗リウマチ薬(DMARDs)、生物学的製剤、およびステロイドが含まれます。これらの薬は、炎症を減少させ、免疫システムの活動を調節することで、関節の損傷を防ぎます。

進行防止と経過観察

関節リウマチの治療においては、定期的な医師の診察と検査が重要です。これにより、治療の効果を評価し、必要に応じて治療計画を調整することができます。また、適切な運動、栄養、および生活習慣の管理も、病気の進行を遅らせるために不可欠です。

関節リウマチの治療薬とその効果

関節リウマチの治療に用いられる薬剤は、症状の重さや病気の進行度に応じて選択されます。DMARDsは病気の進行を遅らせるために広く使用され、生物学的製剤はより重度の症状に対して効果的です。これらの薬剤は、関節の炎症を抑え、痛みを緩和し、関節の機能を改善します。

関節リウマチでよく用いられる治療薬

関節リウマチの治療に用いられる一般的な薬剤の名称、効果、および注意点を表にまとめますが、、実際の治療は患者の状態や他の健康問題に応じて異なるため、医師の指示に従うことが重要です。また、これらの薬剤には潜在的な副作用がありますので、詳細については医師・薬剤師にご確認ください。

薬剤名 効果 注意点
メトトレキサート (MTX) 疾患修飾抗リウマチ薬 (DMARD) の一種で、関節の炎症を抑え、病気の進行を遅らせる。 肝機能障害、骨髄抑制、胎児への影響などの副作用があるため、定期的な血液検査が必要。妊娠中や授乳中の使用は避けるべき。
ヒドロキシクロロキン 抗マラリア薬であり、軽度の関節リウマチに使用される。炎症を抑える効果がある。 目の障害(網膜毒性)のリスクがあるため、定期的な眼科検査が推奨される。
スルファサラジン 抗炎症作用を持ち、関節の痛みや腫れを減少させる。 胃腸の不快感、頭痛、発疹などの副作用がある。稀に重い血液障害を引き起こす可能性がある。
レフルノミド DMARDの一種で、免疫系の活動を抑制し、関節の炎症を減少させる。 肝機能障害、高血圧、髪の薄毛などの副作用が報告されている。妊娠中の使用は避けるべき。
TNF阻害薬(例:エタネルセプト、インフリキシマブ) 生物学的製剤で、炎症を引き起こすタンパク質(TNF)の活動を抑制する。 感染症のリスクが高まる。結核などの潜在的な感染症のスクリーニングが必要。
リツキシマブ B細胞を標的とする生物学的製剤で、免疫系の一部を抑制し、炎症反応を減少させる。 重い感染症、心臓の問題、皮膚反応などのリスクがある。

関節リウマチ患者の日常生活と注意点

関節リウマチと食事の関係

関節リウマチの患者にとって、バランスの取れた栄養摂取は非常に重要です。抗炎症作用を持つ食品(例えば、オメガ3脂肪酸を豊富に含む魚類)を取り入れることが推奨されます。また、体重管理を通じて関節への負担を減らすことも大切です。

関節リウマチに良いとされる食品

近年の研究で関節リウマチに良いとされる食品と、それらが持つ可能性のある効果を表にまとめます。

食品 効果の可能性
オメガ3脂肪酸を含む魚類(サーモン、マグロ、サバなど) 炎症を減少させる
エキストラバージンオリーブオイル 抗炎症作用があり、関節の炎症や痛みを軽減する可能性
くるみ、アーモンドなどのナッツ類 健康的な脂肪、タンパク質、繊維を含み、炎症を抑える効果
果物(特にベリー類:ブルーベリー、イチゴ、ラズベリーなど) 抗酸化物質であるアントシアニンを含み、炎症を抑える効果
緑黄色野菜(ほうれん草、ケール、ブロッコリーなど) ビタミン、ミネラル、抗酸化物質を豊富に含み、炎症を抑制する効果
全粒穀物(玄米、全粒小麦パンなど) 繊維が豊富で、体内の炎症を減少させる効果
豆類(レンズ豆、豆類など) タンパク質と繊維が豊富で、炎症を抑える効果
生姜やターメリック 抗炎症作用があり、関節の痛みや腫れを軽減する効果が期待される

関節リウマチで食べてはいけないもの(避けた方がよい食べ物)

関節リウマチの患者さんが避けると良いとされる食品の一例を示しますが、好きなものを食べないとストレスも溜まってしまいますので絶対に食べてはいけないというわけではありません。

食品カテゴリ 具体的な食品 理由
加工肉と赤身肉 ソーセージ、ベーコン、ステーキ 炎症を促進する可能性がある
砂糖と精製された炭水化物 白砂糖、白パン、白米、菓子類 血糖値の急上昇を引き起こし、炎症反応を悪化させる可能性
トランス脂肪 マーガリン、ショートニング、ファストフード 炎症を促進し、心血管疾患のリスクを高める
グルテン含有食品 小麦、ライ麦、大麦 グルテンに対して感受性がある場合、炎症を引き起こす可能性
アルコール ビール、ワイン、スピリッツ 過剰摂取は免疫系に影響を与え、症状を悪化させる可能性

食品の影響は個人差が大きいため、具体的な食事制限については医師や栄養士と相談することが重要です。また、これらの食品を完全に排除するのではなく、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

ヨーグルトは関節リウマチに良い?

ヨーグルトは、関節リウマチに良いとされることがありますが、その効果は個人差があり、直接的な治療効果を期待するものではありません。ヨーグルトが関節リウマチに良いとされる理由は以下の通りです。

理由 説明
プロバイオティクスの存在 ヨーグルトに含まれるプロバイオティクス(善玉菌)は腸内環境を改善し、免疫系のバランスをサポートする可能性があります。これは自己免疫疾患である関節リウマチの管理に役立つかもしれません。
抗炎症作用 プロバイオティクスは体内の炎症を減少させる効果があるとされ、これにより関節リウマチの症状緩和に寄与する可能性があります。
栄養素の提供 ヨーグルトはカルシウム、ビタミンD、タンパク質などを含み、これらは骨や筋肉の健康をサポートし、関節リウマチに伴う骨の脆弱性や筋力低下を予防するのに役立ちます。

この表は、ヨーグルトが関節リウマチに良いとされる主な理由を示しています。ただし、ヨーグルトの摂取が直接的に関節リウマチの治療につながるわけではなく、全体的な健康維持の一環として考えるべきです。また、ヨーグルトの種類によって糖分や脂肪の含有量が異なるため、選択には注意が必要です。

運動療法(リハビリ)と在宅でできるリウマチのケア方法

適度な運動は関節の柔軟性と強度を保つのに役立ちます。水泳やウォーキングなどの低負荷の運動が推奨されます。また、物理療法士や作業療法士による指導のもと、関節を保護しながら日常生活の動作を改善する方法を学ぶことが重要です。関節リウマチの患者に推奨される運動療法とその注意点を表にまとめます。

運動療法の内容 効果 注意点
水中運動(水泳、アクアジムなど) 関節への負担が少なく、筋力と柔軟性を向上させる。 水温が低すぎると関節がこわばる可能性があるので、適度な温度のプールを選ぶ。
ウォーキング 低負荷で心臓血管系の健康を促進し、関節の柔軟性を保つ。 適切な靴を選び、関節に負担がかからないようにする。
ストレッチング 筋肉の柔軟性を高め、関節の可動域を維持する。 痛みを感じる場合は無理をせず、範囲内で行う。
ヨガやピラティス 筋力、バランス、柔軟性を向上させる。 関節に負担をかけるポーズは避け、自分のペースで行う。
サイクリング(固定自転車含む) 下半身の筋力を強化し、関節への衝撃が少ない。 サドルの高さを適切に調整し、膝に負担がかからないようにする。
軽いウェイトトレーニング 筋力を増加させ、関節をサポートする。 重すぎる重量は避け、医師や理学療法士の指導のもとで行う。

これらの運動療法は、関節リウマチの患者にとって有益ですが、個々の症状や健康状態に応じて適切な運動を選ぶことが重要です。運動を始める前には、医師や理学療法士と相談し、個々の状態に合わせた運動計画を立てることをお勧めします。また、運動中に痛みを感じた場合は、すぐに中止し医師に相談することが重要です。

関節リウマチ患者がしてはいけない10項目

関節リウマチ患者が避けるべき10項目とその理由を表にまとめます。

してはいけない項目 理由
過度の運動や関節への負担 関節や周囲の組織への過度のストレスは炎症を悪化させ、痛みを増加させる可能性がある。
バランスの悪い食事 栄養不足や不健康な食生活は全体的な健康を損ない、炎症を悪化させる可能性がある。
喫煙 喫煙は炎症を促進し、関節リウマチの症状を悪化させる。また、治療の効果を低下させる可能性がある。
アルコールの過剰摂取 アルコールの過剰摂取は肝臓に負担をかけ、一部のリウマチ薬の副作用を増加させる可能性がある。
ストレスの管理を怠る ストレスは体の炎症反応を高め、リウマチの症状を悪化させる可能性がある。
睡眠不足 十分な睡眠は体の回復と免疫機能の正常化に必要であり、睡眠不足は症状の悪化につながる。
定期的な医師の診察を怠る 定期的な診察は病状の管理と治療の効果を評価するために重要であり、怠ると病状が悪化する可能性がある。
処方された薬の不適切な使用 薬の不適切な使用は効果を低下させるだけでなく、副作用のリスクを高める。
自己診断や治療の遅延 適切な診断と治療が遅れると、病状が悪化し、治療の効果が低下する可能性がある。
適切な体重管理を怠る 過体重は関節への負担を増加させ、症状を悪化させる。また、全体的な健康状態にも悪影響を及ぼす。

この表は、関節リウマチ患者が避けるべき行動とその理由を示しています。これらの項目は、症状の管理と病状の進行を遅らせるために重要です。患者はこれらの点に注意し、健康的な生活習慣を維持することが推奨されます。

関節リウマチと合併症

関節リウマチと皮膚疾患

関節リウマチは皮膚にも影響を及ぼすことがあり、リウマトイド結節や皮膚の炎症などが見られることがあります。これらの皮膚症状は、病気の活動性が高い時により顕著になることがあります。

関節リウマチと強皮症

関節リウマチの患者は、強皮症という別の自己免疫疾患を発症するリスクが高まることがあります。強皮症は、皮膚の硬化や内臓の線維化を引き起こす病気です。

関節リウマチと感染症のリスク

関節リウマチの患者は、免疫系が抑制されているため、感染症にかかりやすいです。特に、生物学的製剤や免疫抑制薬を使用している患者は、感染症のリスクが高まります。

関節リウマチと介護保険の関係(特定疾病)

関節リウマチは介護保険の特定疾病に入っている疾患です。

特定疾病とは、わかりやすく言うと、継続して介護が必要な状態になる割合が高い16種類の疾患のことです。心身の病的加齢現象との医学的関係があると考えられる疾病で、次の要件をも満たすものについて総合的に勘案し、加齢に伴って生じる心身の変化に起因し、要介護状態の原因である心身の障害を生じさせると認められる疾病のことです。この16種類の疾病を罹患している場合、介護保険制度での要介護認定の際に考慮され、認定されやすくなります。

指定難病(特定疾患)としての関節リウマチ

「特定疾患」とは、いわゆる指定難病のことで、2021年現在は338種類の疾患が指定されており、関節リウマチについてもこの指定難病に入っています。「難病法」による医療費助成の対象となるのは、原則として「指定難病」と診断され、「重症度分類等」に照らして病状の程度が一定程度以上の場合です。詳しい情報は以下の記事で紹介しています。

関節リウマチを含む指定難病は、治療法が確立されておらず、医療費も高額になるため、患者の医療費の負担軽減を目的として、一定の認定基準を満たしている場合に指定難病によってかかる医療費の一部を助成する指定難病医療給付制度を利用できる可能性があります。

まとめ

関節リウマチは、適切な治療と管理によって、その症状を軽減し、生活の質を向上させることが可能な疾患です。早期発見と治療、適切な生活習慣の維持、定期的な医療フォローアップが重要です。患者とその家族は、病気についての正しい知識を持ち、支援を受けることで、関節リウマチと共に生きる方法を見つけることができます。