今年はよく花粉が飛んでますが、みなさん花粉症は大丈夫でしょうか?
今回は春を悩ます花粉症の薬の中から内服薬について話をしたいと思います。

スポンサーリンク

第1世代 抗ヒスタミン薬

第1世代抗ヒスタミン薬は、ポララミン(クロルフェニラミン)、タベジールなどです。
昔から花粉症の症状軽減に使われている抗ヒスタミン薬です。アレルギーにかかわる主要な体内物質(化学伝達物質)であるヒスタミンの働きを抑えます。
比較的速効性で、くしゃみや鼻水によく効きます。眠気や口渇などの副作用が出やすいこともあり、最近は処方されないことが多いです。

第2世代 抗ヒスタミン薬

第2世代抗ヒスタミン薬は、ザジテン、ゼスラン、アレジオン(エピナスチン)、エバステル(エバスチン)、ジルテック(セチリジン)、ザイザル、アレグラ(フェキソフェナジン)、アレロック(オロパタジン)、クラリチン、デザレックス、ビラノア、ルパフィンなどの薬が該当します。
第2世代抗ヒスタミン薬は、抗ヒスタミン剤で問題となった眠気や口渇など抗コリン作用に基づく副作用を減らす為に改良された薬です。
第2世代抗ヒスタミン薬は、第1世代抗ヒスタミン薬と比較すると眠気や集中力の低下といった中枢抑制作用からくる副作用も少なくなっています。鼻づまりにもある程度有効です。
現在、花粉症で一番広く処方されています。ザジテン、ゼスランは初期に開発されたもので、まだ眠気など出ることがありますが、それ以降販売されている薬は、さらに副作用が減っています。

市販薬 アレジオンやアレグラはCMでも有名な第2世代抗ヒスタミン薬

 
市販薬 アレジオンやアレグラはテレビCMでも有名な第2世代抗ヒスタミン薬ですよね。ザイザルは、ジルテックの改良された薬剤になります。
デザレックス、ビラノア、ルパフィンは、最近販売された新薬なのでアレルギーを抑える効果や副作用軽減など期待できると思います。
ただ、ビラノアは空腹時投与なので気をつけないといけません。

高齢者への第2世代抗ヒスタミン薬 内服の注意点

高齢者への第2世代抗ヒスタミン薬投与では、特に気をつけないといけないことがあります。緑内障と前立腺肥大症と認知機能です。
第2世代抗ヒスタミン成分には、抗コリン作用があり、高齢者で多い緑内障をもっている患者様は眼圧が上昇するため注意が必要です。男性の高齢者ではほとんど前立腺が肥大していますので、上記の薬を服用すると尿閉など起こることがあるので気をつけてください。
花粉症の薬や抗ヒスタミン剤の話をすると最近インペアード・パフォーマンスという言葉を耳にする事が多くなってきたと思います。

抗ヒスタミン剤の副作用 インペアード・パフォーマンスとは

インペアード・パフォーマンスとは、眠気まで行かないまでも、なんかぼぉーとしたり、認識機能が低下したりしてしまう副作用をいい、そのパフォーマンスが低下していることも本人が自覚していない事もあります。高齢者では、ふらつきや転倒につながったりするので注意が必要になってきます。
アレグラ(フェキソフェナジン)やビラノア、ルパフィンは添付文書から眠気の副作用が記載されていないくらい副作用が軽減されているので、インペアード・パフォーマンスや眠気の問題を抱えている患者様には強い味方だとおもいます。

スポンサーリンク

抗アレルギー薬(遊離抑制薬、抗ロイコトリエン薬、その他)

花粉症に用いる抗アレルギー薬としては、シングレア・キプレス(モンテルカスト)、オノン(プランルカスト)などがあります。
アレルギーに関係する化学伝達物質の生成や遊離を抑えるなどして、その働きを抑制します。予防的な薬になので、花粉が飛びだす2~3週間くらい前からはじめると効果的です。抗ロイコトリエン薬のオノンやシングレアは、鼻づまりにも効果があります。どれも副作用は少なく、眠気もほとんどあらわれません。

交感神経刺激薬配合剤:ディレグラ

交感神経刺激薬配合剤は、アレグラと交感神経刺激薬のプソイドエフェドリンの配合剤です。抗ヒスタミン薬の弱点とされる鼻閉に対する作用を補うためプソイドフェリンが配合されてます。これにより、アレルギー性鼻炎の3大症状“くしゃみ・鼻水・鼻づまり”を1剤でカバーできるようになってます。
効き目も早く、抗ロイコトリエン薬に優とも劣らない効果が示されています。ただ、錠剤が大きいのが難点です。

その他の花粉症の内服薬 セレスタミン

ステロイド薬と抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミン)が配合されている薬です。症状のひどいときに使います。医師によっては、頓服で服用の指示で出てる場合も多いです。ステロイドが配合されているので、すごく良く効きますが、眠気も起こりやすいです。

高齢者・要介護者が花粉症のお薬を飲むときのポイント

抗ヒスタミン剤の副作用で問題となっている抗コリン作用で高齢者でもう一つ注意が必要になってくることがあります。抗うつ薬やアルツハイマー病薬にもコリン作用がすごく影響があります。
薬を併用していたり、うつ病やアルツハイマー病をもってらっしゃる患者様は、抗ヒスタミン剤を服用することにより急に病気の症状が悪化する事があるので、今まで大丈夫だったのに急に症状が悪化したなどあれば、抗ヒスタミン剤の服用も原因の一つと考えてください。
アレグラやアレジオン、クラリチン、特に新薬のデザレックス、ビラノア、あるいはリザベンやオノンなどはほとんど眠くなりませんが、効果、副作用の眠気・口渇は個人差が非常にあるので、症状が改善されない場合や副作用で困っている場合は、色々主治医と相談しながら試してみてください。

花粉症についてはこちらの記事もどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事