むくみ・浮腫の確認圧迫痕テスト方法、リンパ節とリンパ球、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)、免疫と対応。
高齢者や女性にとって割と身近な身体の変化として「浮腫」があります。リンパ接・リンパ管、静脈と組織液の関係性について知り、浮腫みについて考えてみましょう。
これを知ればリンパマッサージや静脈マッサージなどにも効果的になります。
浮腫の原因から、知っているようで知らない「リンパ」や「免疫」にまで話を広げて浅く広く押さえておきましょう!

むくみ・浮腫とは

長時間にわたって座り続けていたり、循環器系の疾患があったりすると、組織液がリンパ管に吸収されにくい状態になります。
組織液の吸収が滞ると、体内の老廃物等がスムーズに回収されないまま皮下の組織間に滞ってしまいます。これが「むくみ」です。
むくみは、医学用語で「浮腫(ふしゅ)」「エデーマ(エデマ)」と言います。

スポンサーリンク

むくみ・浮腫の確認テスト(圧迫痕テスト)の方法と判断

浮腫の起きている範囲を指で圧迫して、指を離した後も押していた部分に圧痕(あっこん)が残る場合は浮腫と言えます。

心臓・血管系の機能低下、排尿機能低下などが原因の一般の浮腫

心不全、腎不全、肝不全、内分泌などにより全身にむくみが見られる場合、「全身性浮腫」と呼ばれます。
また、静脈やアレルギーが原因でむくむものを「局所性浮腫」と言います。例えば妊婦の場合、拡大した子宮が圧迫して下肢がむくみます。

リンパ流の低下が原因の「リンパ浮腫」のメカニズム

血行障害やリンパ流の停滞により組織の代謝が低下すると、その付近の集合リンパ管の壁にある平滑筋細胞の活性が低下します。
平滑筋は少しずつリンパ液を運ぶ機能がありますが、組織の代謝が落ちるとその機能も弱まり、リンパの還流が低下します。
この時にリンパ管に炎症が起きたりして、さらにリンパ管の壁が厚くなって通り道が狭くなることや封鎖(閉塞)してしまうこともあります。
この状態だと、組織間にある組織液は吸収されずに残っていまいます。この状態がリンパ浮腫です。

リンパ管・静脈と組織液、リンパ管・リンパ節の関係

lymphasosiki
毛細血管まで運ばれてきた血液は、細胞に栄養供給して、老廃物を溶かして組織液になります。
血管と細胞は直接つながっているわけではなく、細胞が組織液やコラーゲンに浸っているような状態で存在しています。
この時に、水にスムーズに溶かせた成分(組織液の8~9割)は、静脈に吸収されて戻っていきます
残りの1~2割の組織液(タンパク質、ウイルス等の異物、細胞の残骸等を含む)が毛細リンパ管に吸収されていきます
つまり、ウイルスなどの異物など、毛細血管の壁を通過しないものは、静脈血管では吸収しない仕組みなのです。
リンパ管には「リンパ節」があり、そこにはリンパ球などの免疫細胞があり、リンパはそれらの細胞を含む状態になり免疫に関与します。

リンパとリンパ球とは

リンパは血管から組織に漏れ出た血液の成分(組織液)が、リンパ管で吸収されたものです。

リンパ球とは

リンパ球(Lymphocyte)は、白血球の一種で免疫能を担当する血液細胞で、リンパ節に多く存在します。
リンパ球には、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)、B細胞(Bリンパ球)、T細胞(Tリンパ球)の3種類あります。

研究がすすみ、免疫の鍵として注目されるリンパ

小学校の理科では、動脈と静脈があるということを学び、リンパの話は出てきません。
近年、リンパに免疫の大きな役割があるということが話題になり、「NK細胞を増やす!」や、「リンパの流れをよくすると健康になる!」といった健康法がいろいろ提唱されだしました。


今回は浅く広くになりましたが、リンパ・静脈・浮腫のイメージが湧きましたら嬉しく思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事