住環境福祉コーディネーター 1級・2級・3級の難易度・合格率
 

日本は少子高齢化が進む中、高齢者や障がい者の住環境の整備が急募となっています。その中で、福祉住環境コーディネーターという職種が注目されています。この記事では、その役割や資格について詳しく解説します。

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者にとって住みやすい住環境を整備するためのアドバイザーです。医療、福祉、建築の各分野からの視点を持ち合わせ、最適な住環境の提案を行います。具体的には、滑りにくい浴室の手すりの取り付けや、車いすの移動を容易にするための段差の解消、適切な福祉用具や介護用品の選定などが主な仕事内容となります。

介護の仕事をしているなら簡単60秒でできるジョブメドレーの登録がおすすめの3つの理由
  • 求人数、業界最大規模!
  • 求人情報を探し放題、見放題!
  • しつこい電話や催促がない!

だから、自分の目的に合わせて利用できる!

【特集】「ジョブメドレー」介護の評判 悪質な求人・転職サイトなの?


福祉住環境コーディネーターとは 介護・介助が必要な高齢者や障がい者の生活環境に対してアドバイスし、提案をする資格
仕事内容 住環境・福祉用具に関するアドバイスや、住宅改修費支給申請の理由書作成など
資格取得のメリット 幅広い業界で活躍できる、スキルアップを図れる、介護や福祉の現場で役に立つなど
試験の概要 3級、2級、1級の順に難易度が上がり、それぞれ出題範囲が異なる

福祉住環境コーディネーター資格試験の出題範囲・過去問

福祉住環境コーディネーター資格試験の出題範囲・過去問については以下の記事で詳しく紹介しています。

福祉住環境コーディネーター資格の取得とそのメリット

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が主催する民間資格で、1級から3級までのレベルが存在します。2級を取得すると、介護保険を利用する際の「住宅改修が必要な理由書」の作成がしやすくなります。

1級の受験には2級に合格がすることが受験資格として必要ですが、2級と3級はどなたでも受験可能です。この資格には特定の学歴や年齢、国籍の制限はありません。資格を取得することで、介護や介護施設の問題点を早期に発見し、解決する能力が身につきます。また、住宅のリフォームの依頼が受けやすくなるとともに、専門家としての信頼も得られます。

福祉住環境コーディネーターの資格は業務独占の資格ではない

福祉住環境コーディネーターの資格は業務独占の資格ではないため、この資格を持っていることで何かの仕事を独占できるわけではありません。そのためこの資格を取得したことで将来性が高いということもありません。ただし福祉用具や要介護者向けの住宅改修を行うような事業に携わっている場合には、その方のニーズを叶えるための知識として、手すりの位置がどの辺にあると良いかや、住宅を回収する時の配置など、とても役に立つもので、信頼や、本当に要介護のご利用者は困っているところや、将来老化して家での生活が難しくなった時のことをあらかじめ考える力がつくので、営業成績を高めるために役立つ知見に行ってはありますす。

福祉住環境コーディネーター資格試験の合格率一覧表

福祉住環境コーディネーター試験の東京商工会議所の検定試験情報によると、以下のような受験者数・合格者数・合格率になっています。

2023年度 試験結果 (全国分)

シーズン・試験回 受験者数(人) 実受験者数(人) 合格者数(人) 合格率
第1シーズン
第50回
2級 7,266 6,766 2,428 35.9%
3級 2,681 2,483 1,131 45.5%

2022年度 試験結果(全国分)

シーズン・試験回 受験者数(人) 実受験者数(人) 合格者数(人) 合格率
第1シーズン
第48回
2級 6,322 5,804 2,317 39.9%
3級 2,562 2,376 937 39.4%
第2シーズン
第49回
1級 333 285 16 5.6%
2級 7,991 7,459 2,586 34.7%
3級 3,501 3,240 1,246 38.5%
2022年度
合計
1級 333 285 16 5.6%
2級 14,313 13,263 4,903 37.0%
3級 6,063 5,616 2,183 38.9%

東京商工会議所検定サイト | データ | 福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーター試験の難易度と対策

試験対策としては、公式テキストや追補資料をしっかりと読み込むこと、過去問題を解くことが推奨されます。この高確率の表を見ていただいてもわかるように、まずは2級を目指すという人が多く受験した人の合格率は35%程度、福祉用具や福祉住環境に関する仕事を本格的に行っている人が1級を取得するために受験をして高確率は5%程度という難易度の高い状態となっています。

まとめ

少子高齢化が進む日本では、高齢者向けの住環境整備のニーズが増加しており、福祉住環境コーディネーターの役割は今後も増えていくと予想されます。資格を取得することで、専門家としての信頼を得ることができ、多くの高齢者や障がい者の生活の質を向上させる手助けをすることができます。特にケアマネージャーや、介護業界とは少し離れますが住宅業界や建築士、リフォーム会社の方などにおすすめしたい資格の一つであると考えます。

介護の仕事をしているなら簡単60秒でできるジョブメドレーの登録がおすすめの3つの理由
  • 求人数、業界最大規模!
  • 求人情報を探し放題、見放題!
  • しつこい電話や催促がない!

だから、自分の目的に合わせて利用できる!

【特集】「ジョブメドレー」介護の評判 悪質な求人・転職サイトなの?