ケアマネ不要論とは?ケアマネジメントはAIなどで機械的にすべき?
 

日本の高齢化社会が進む中、ケアマネジャーの役割はますます重要になっています。しかし、「ケアマネ不要論」が議論されるようになり、ケアマネジャーの存在価値が問われています。この記事では、ケアマネジャーの現状と、AI技術の進化がもたらす影響について掘り下げ、ケアマネジャーの必要性と未来のケアマネジメントについて考察します。

ケアマネ不要論の背景と現代社会における課題

日本は急速に進む高齢化社会に直面しており、介護の需要は増加の一途をたどっています。この状況の中で、ケアマネジャーの役割はますます重要になっています。しかし、一方で「ケアマネ不要論」が浮上しています。この論争の背景には、介護保険法の改正、ケアマネの役割、そしてAI技術の進化が関わっています。

高齢化社会とケアマネジャーの役割

高齢化が進む中で、ケアマネジャーは高齢者の生活を支える重要な役割を担っています。彼らは利用者のニーズに合わせたケアプランを作成し、適切なサービスを提供することで、高齢者の自立を支援しています。しかし、ケアマネジャー自身も高齢化の波に飲まれ、リテラシーの問題や業務の複雑化に直面しています。

介護保険法の改正とケアマネジャーへの影響

介護保険法の改正は、ケアマネジャーの業務に大きな影響を与えています。改正により、ケアマネジャーの業務範囲や報酬体系が変更され、彼らの働き方にも変化が求められています。これにより、ケアマネジャーの仕事の質や効率が問われるようになりました。

サービス事業所はサービス事業所で計画を作り実績報告や請求も行う

介護保険の仕組みとしてケアマネージャーを中心にしてケアマネジメントをもとにチームで利用者を支えていくというのが形として出来上がっていますが、実際はケアマネジメントは確認しますが具体的にどんなサービスを提供するかという計画に関しては各サービス事業者が作成をしていますし定期的なモニタリングも行っています。

このような中でケアプランを作成して各サービス事業所から集まってきた資料をケアマネが確認し、さらに介護報酬の請求をする時の確認作業までケアマネがやるという形は、不正を防ぐために重要そうな側面もありますが、かなり大きな負担になっておりケアマネを通さなくても別に国保連に請求を出せば済むんじゃないかという考え方も業界では広まっています。

AI導入の可能性とケアマネジメントの未来

AI技術の進化により、ケアマネジメントの方法にも変化が見られます。AIを活用することで、ケアプランの作成やサービスのマッチングが効率化される可能性があります。しかし、AIには人間のケアマネジャーにはない限界も存在し、そのバランスをどのように取るかが今後の課題となっています。また居宅介護支援事業所の運営基準の中でもAIの活用などが難しいルールになってしまっています。ケアプランを少し変更するためだけに様々なサービス事業者から意見を求めたりサービス担当者会議を行わなくてはならなかったり、情報のやり取りについても個人情報に配慮したやり取りを過剰に求められてしまったり、保管する書類についても自治体ごとにローカルルールがあり、自治体の介護保険課などはお役所仕事なので新しいことをしようとしません。

現場で働く介護支援専門員の高齢化・リテラシー不足

現場で働くケアマネジャーの中には、高齢化に伴う体力的な限界や、新しい技術への適応が難しいという問題があります。特にIT技術やAIの活用に関するリテラシー不足は、効率的なケアマネジメントの妨げとなっています。もちろん厚生労働省は作成する運営の基準が世の中の人工知能の発展や通信手段の一般化に追いついていないというのが第一の問題ですが、現場のケアマネージャーも今まで紙で作成してきて、対面で会議をして、各事業所からまた紙でFAXをもらったりして、それをまた違う紙に書き写して、さらにパソコンに打ち込むというような無駄な作業が大量に発生している状況は若い世代であれば解決できる課題の一つだと思います。

介護支援専門員資格を取得した若い世代が報われない待遇

一方で、介護支援専門員資格を新たに取得した若い世代は、待遇面での不満を抱えています。低賃金や長時間労働、キャリアパスの不透明さなどが問題となっており、若いケアマネジャーの離職率の高さにもつながっています。

ケアマネジャーの現場からの声と社会的価値

ケアマネジャーの現場からは、多くの声が上がっています。彼らは日々の業務を通じて、高齢者やその家族の支えとなり、社会的な価値を提供しています。しかし、彼らが直面する課題も少なくありません。

現場のケアマネジャーが抱える不安と挑戦

ケアマネジャーは、利用者のニーズに応じたサービスを提供するために、日々複雑な課題に直面しています。利用者一人ひとりの状況は異なり、その都度、最適なケアプランを考え出す必要があります。また、介護業界全体の変化に対応するため、常に新しい知識や技術を学ぶ必要があります。

ケアマネジャーの社会的価値とその必要性

ケアマネジャーは、単に介護サービスを提供するだけでなく、利用者やその家族の精神的な支えとなることも重要な役割です。彼らは利用者の生活の質を高め、自立を支援することで、社会全体の福祉の向上に貢献しています。

地区ごとにローカルルールが多い若者に不利な業界風土

介護業界には、地区ごとに異なるローカルルールが存在し、これが若いケアマネジャーにとっては不利な環境となっています。経験や地域のネットワークが重視されるため、新しいアイデアや方法を導入することが難しい場合があります。

介護業界では介護サービスのマッチングと雑用がケアマネの仕事だと思われている

多くの場合、ケアマネジャーの仕事は介護サービスのマッチングや雑用と見なされがちです。しかし、彼らの仕事はそれだけに留まらず、利用者の生活全体を支え、その質を高めることにも貢献しています。ケアマネジャーの仕事の多面性と重要性を理解することが、業界全体の質の向上につながります。

ケアマネジャーとAIのバランスの重要性

ケアマネジメントの分野において、AIの導入は大きな可能性を秘めていますが、それと同時に人間のケアマネジャーの役割とのバランスが重要になってきます。

人間的な側面とAIの公平性の融合

AIはデータに基づいた客観的な判断を下すことができますが、人間的な側面や感情を理解することはできません。一方で、ケアマネジャーは利用者の感情や生活習慣を理解し、それに基づいたケアプランを提供することができます。このため、AIの公平性と人間のケアマネジャーの感情的な理解とを融合させることが、より良いケアマネジメントには不可欠です。

ケアマネジャーの役割再考とAIの活用

AIの導入により、ケアマネジャーはルーチンワークから解放され、より創造的で重要な業務に集中できるようになる可能性があります。これにより、ケアマネジャーの役割は再考され、利用者とのコミュニケーションやケアプランの質の向上により注力できるようになるでしょう。

 

結論:ケアマネ不要論への立場

最終的に、ケアマネ不要論に対する私たちの立場を明確にします。

ケアマネジャーの必要性とAIの適切な活用

現在の高齢化が進む社会において、ケアマネジャーの役割は非常に重要です。AIの導入はケアマネジメントの効率化をもたらすかもしれませんが、人間的な側面を理解し、利用者一人ひとりに合わせたケアを提供することは、AIだけでは不可能です。したがって、ケアマネジャーの存在価値は今後も変わらないと考えられます。ただしAIという技術だけに限らず、ケアマネージャーが、パソコンやiITリテラシーに疎い状態のままだと、書類を作るだけで無駄な時間が使われてしまい、人間らしい利用者の気持ちを汲み取るというような手続きがおろそかになり、その状態であれば機械がそのまま作っても価値的には大きくは変わらないのではないかと考えます。

高齢化社会におけるケアマネジメントの未来

高齢化社会においては、ケアマネジャーの役割はさらに重要になるでしょう。AIや業務効率化との適切なバランスを見つけ、ケアマネジャーが本当の意味でのケアマネジメントを行うことで、AIや機械的に介護度に合わせて振り分けたサービスを利用させるというだけではないその強みを最大限に活かすことができます。

ケアマネ不要論は今後も議論されることと思いますが、利用者ができないことをしっかりと評価し、どんな望む生活があるのかをしっかりアセスメントし、機械にはできない情報収集とモニタリングによる介入効果の適切な評価ができるかどうかということが、人間のケアマネージャーがこれからのケアマネジメントを行っていく鍵となります。

まとめ

書類を作ることで精一杯、介護保険の理念や考え方がアップデートされていないケアマネージャー中心のままでは、やはり、生成AIや電子的な評価システムなどによりなくなる仕事の筆頭に上がってしまうのではないかと思います。介護支援専門員の更新研修の制度にも問題があります。

介護支援専門員が不足している中でいまだに研修会場に赴き長い時間を拘束され座学をするということは結局書類作成をするだけのケアマネを生むだけです。世の中は人工知能やソフトウェアの機能向上により、オンラインで担当者会議ができるようなことも進みましたし、2024年の介護報酬改定ではモニタリングに当たっても2ヶ月に1回はオンラインでビデオチャットなどをすることを許容するような方向へ動いています。

このような時代の変化に合わせて社会福祉協議会が主催となって行っている介護福祉専門員の更新研修や主任介護支援専門員の実務研修なども「座学」を教えるだけでなく将来に向けた実務を教える方向に向かわないとケアマネ不要論はなくなりません。

私は今のケアマネージャーの仕事の状況や、ケアマネージャーを支えたり指導したりする社会福祉協議会が今のままの研修を続けるのであればケアマネは不要であるという意見です。

ケアマネが自分の仕事をアップデートしていかないと、その他のサービス利用者も新しい取り組みをすることができません。ケアマネ不要論などと言われないように、ケアマネの進化、社協のぬるい研修の刷新が求められますられます。厚生労働省はどんどんICT活用をグレーゾーンなく推進していくべきです。上に立って主催をしたりルールを作ったりする人たちが変わらなければ業界は変えられません。

 

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)