逓減制とは?居宅ケアマネ必読、読み方と意味や要件・緩和とは?
 

逓減制とは何か、そして居宅ケアマネジャーにとってその意味とは?逓減制についてケアマネたちの現場の声や問題点、2024年介護報酬改定での逓減制の再緩和でケアマネの処遇は改善されない可能性が高いことなどを掘り下げていきます。

逓減制の基本的な読み方から、その意味、要件、そして最近の緩和措置に至るまで、居宅ケアマネジャーが知っておくべき全てを詳しく解説します。逓減制の理解は、質の高いケアプランの作成と効率的なケアマネジメントに不可欠です。この記事を通じて、逓減制の全容を理解し、日々の業務に活かしましょう。

利用している介護ソフトでお困りごとはありませんか?
介護ソフトは日々進化しています。新しく契約する場合も、ソフトの乗り換えの場合も、人気の介護ソフトの費用や機能、使い心地を比較して、新発見しませんか?
「介護ソフトナビ」 なら、機能や利用料金をかんたん比較!
2024年の介護報酬改定前に仕事環境を見直ししてみましょう!

こちらから無料で介護ソフト・クラウドサービスをかんたんに比較・資料請求できます!


逓減制の基本知識:ケアマネ必読

逓減制は、居宅介護支援における介護報酬の計算方法に関わる重要な制度です。この制度の理解は、ケアマネジャーにとって必須です。

逓減制とは?その意味と読み方

逓減制(ていげんせい)は、ケアマネジャー1人あたりの担当件数が増えると、介護報酬が段階的に減少する仕組みを指します。これは、介護サービスの適正利用を促し、コストの抑制を図るために導入されました。

計算方法と逓減性の適用

逓減制の計算方法は、ケアマネジャーの担当件数に応じて、介護報酬が段階的に下がる方式です。例えば、担当件数が45件以上になると、報酬が減少します。

逓減制の要件とは何か?

逓減制の適用要件は、ケアマネジャーの担当件数によって異なります。2021年度の改定では、適用基準が「40件以上」から「45件以上」へと変更されました。

逓減制の報酬と緩和

逓減制には、報酬の算定に影響を及ぼす要素が含まれています。

逓減性の緩和とは?その適用と施設での利用

逓減性の緩和は、特定の条件下で逓減制の影響を軽減する措置です。例えば、ICTの活用や事務職員の配置などが要件とされています。

加算・減算の評価と施設や業務に対する影響

加算や減算は、サービスの質や量に応じて報酬が調整される仕組みです。これにより、施設や業務の運営に直接的な影響が及びます。

改定と特定事業所加算のメリットと課題

介護報酬の改定は定期的に行われ、特定事業所加算はその一環です。これによるメリットや課題は、事業所の運営方針やサービスの質によって異なります。

逓減制システムの運用:ケアマネとICTの連携

逓減制の運用には、ICTの活用が不可欠です。

逓減システムに於けるICTの活用法とメリット

ICTを活用することで、逓減制の計算や管理が効率化されます。これにより、ケアマネジャーの業務負担が軽減される可能性があります。

データ活用と見直しの効果

サービス提供データの分析を通じて、逓減制の適用効果を見直すことができます。これにより、サービスの質の向上やコスト効率の改善が期待されます。

導入後の改善提案と対策:厚労省の見解

逓減制導入後の改善提案や対策は、厚生労働省の見解に基づいて行われます。これにより、制度の適正化が図られます。2024年の介護報酬改定でもこの逓減制やケアマネのオンラインモニタリングなどについて議論が進められておりますが、ケアマネ不足が問題になっている中、本質を捉えている対策なのか疑問を持つケアマネが増えています。

逓減制についてケアマネたちの対応:現場の声や問題点

2021年度の介護報酬改定で、逓減制の適用基準が「40件以上」から「45件以上」に緩和されました。この改定は、ICTの活用や事務職員の配置などを要件としています。しかし、記事ではこの緩和が実際にはケアマネジャーの負担増加につながる可能性があると指摘しています。

2024年介護報酬改定で逓減制の再緩和

逓減制の再緩和により、ケアマネジャーはさらに多くのケースを担当する必要があり、これが給与アップにつながるとされていますが、実際には業務負担の増加という形でしか待遇改善がなされないと論じられています。また、ICTを活用しても業務軽減に結びつかないという意見や、ケアマネジメントの質の維持が難しいという理由で、担当件数を増やすことができないケアマネジャーが多いとされています。

さらに、逓減性の再緩和を利用して収益を上げようとしても、他の要因で収益が下がる可能性があると指摘されています。そのため、居宅ケアマネの成り手を確保するためには、処遇改善加算の配分事業所を拡大するか、居宅介護支援費の基本サービス費の大幅な引き上げが必要だとされています。

2024年介護報酬改定での逓減制の再緩和でケアマネの処遇は改善されない可能性が高い

現場の声としては、逓減制の再緩和がケアマネジャーの負担増加につながること、ICTの活用が必ずしも業務軽減に結びつかないこと、ケアマネジメントの質の維持が難しいことなどが挙げられています。これらの問題点は、逓減制の再緩和がケアマネジャーの待遇改善に効果的でない可能性を示唆しています。

 

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)

他の介護ソフトの使い勝手、気になりませんか?

介護ソフトナビ
今使っている介護の事務作業、記録・請求・書類作成のソフトは利用料が高いし使いにくい・・・・
パソコンが苦手なみんながストレスなく使える良いソフトやクラウドサービスはないかな…?

そんなときは介護ソフトを一覧から探して比較・情報収集ができる「介護ソフトナビ」が便利です。各社の介護ソフトは進化してますから、今使っているソフトと比べたり、情報収集だけでもきっと業務改善のための発見がありますよ!管理者はもちろんのこと、一般職員もソフト比較や資料請求は無料ですので、新しい業務環境を整える取り組みを通して最新情報にアップデートしていきたい人にもおすすめです。

ソフトの概要や費用の見積もりなどの資料を揃えて、上司や管理者に業務改善の提案してもよいですね!