下肢装具
スポンサーリンク

自立支援・治療のために処方される下肢装具・靴型装具などの主な分類を紹介します。

※わかりやすくするためにAmazon経由で取得できる画像を用いて紹介しておりますが、補装具は個人個人の目的に合わせて最適な素材・形・硬さ・制動などを選択するため、あくまでも画像は一例です。なお、画像をクリックするとAmazonの商品紹介ページに移動します。

下肢装具

下肢装具は、股関節から足に装着する装具で、失われた機能の補助を目的として適切な継ぎ手や長さがオーダーメイドされます。

股装具

股装具
股装具は、腰椎部から大腿部までの構造で、股関節運動の固定や、運動制限のために使用されます。金属枠や硬性、軟性があります。股関節脱臼、人工関節術後などに処方されます。

長下肢装具(KAFO)

長下肢装具(KAFO)
長下肢装具は、大腿部から足底までの構造で、下肢による支持性をほとんどなくしたものに処方され、膝や足の動きをコントロールする装具です。片麻痺、大腿骨骨折、ペルテス病などに処方されます。

業界略語 長い下肢装具は略語として「LLB(Long Leg Brace) 」や「KAFO(Knee Ankle Orthosis)」などと呼ばれます。

 

膝装具

膝装具
膝装具は、大腿部から下腿部までの構造で、膝の動きをコントロールし、膝関節の固定、動揺、拘縮、反張の治療のための装具です。膝前十字靱帯損傷や側副靭帯損傷、変形性膝関節症、反張膝などに処方されます。

短下肢装具(AFO)

短下肢装具(AFO)
短下肢装具は、下腿部から足部までの装具で、装具のうち最も多く処方され、足関節の動き、筋力、症状によっていろいろな構造のものがあります。脳梗塞や脳出血後の片麻痺、下腿骨骨折、腓骨神経麻痺、下垂足、足関節捻挫などに処方されます。パシフィックサプライ株式会社のオルトップAFO(プラスチック製短下肢装具)などをよく臨床や介護現場で見かけます。

業界略語 短下肢装具は略語として「AFO(Ankle Foot Orthosis)」や「SLB(Short Leg Brace)」などと呼ばれます。

 

足底装具

足底装具
足底装具は、足底部での構造で、足部に変形がある場合や、骨折後の痛みのある場合、脚長差補正(補高)、アライメントの改善などに使用されます。扁平足、変形性膝関節症、外反拇指などに処方されます。

ツイスター

ツイスターは、骨盤と足部を布ひも、ゴムひもまたはケーブルによって結び、脳性麻痺児の内旋歩行など、下肢の内外旋を制御するために処方されます。

先天性股関節脱臼装具

先天性股脱装具は、乳幼児の先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全の治療を目的とした装具です。リーメン・ビューゲル装具。

靴型装具


靴型装具は、足部の変形の矯正や脚長差の補正、アキレス腱断裂などの足の運動障害や運動制限などに処方されます。長さにより長靴、半長靴、チャッカ靴、短靴の区別があります。外反偏平足、内反足などに処方されます。

障害や治療を補い自立を支援する補装具

補装具費の支給(購入等)を受けるときの補装具費の支給として、補装具費支給制度、障害者自立支援法、自動車事故、労災の場合の制度と、補装具作成・修理・再支給の手順を紹介します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう