地域包括ケアシステムとは?5つの構成要素や課題をわかりやすく解説
 

日本が直面する高齢化社会において、地域包括ケアシステムは重要な役割を担っています。この記事では、地域包括ケアシステムの基本概念、その構成要素、支える「4つの助」、そして各自治体の先進的な取り組み事例を詳しく解説します。高齢者が住み慣れた地域で自立した生活を送るための支援体制の重要性と、その実現に向けた具体的なアプローチを探求します。

地域包括ケアシステムとは

地域包括ケアシステムとは

地域包括ケアシステムは、高齢化が進む現代社会において、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう支援する重要な仕組みです。この記事では、地域包括ケアシステムの基本概念、目的、そして構成要素について詳しく解説します。

地域包括ケアシステムの歴史

地域包括ケアシステムの起源

地域包括ケアシステムは、1980年代に始まり、高齢者の自立支援と地域社会での生活を目的として発展してきました。このシステムは、高齢者が地域内で助け合いながら生活できる体制を目指しています。近年の介護報酬改定でもこの地域包括ケアシステムの強化が重要視されています。

地域包括ケアシステムの目的

高齢者の自立支援

このシステムの主な目的は、高齢者が住み慣れた地域で自立した生活を続けることを支援することです。これにより、高齢者は自分らしい生活を最後まで送ることが可能になります。

地域包括ケアシステムの5つの構成要素

「地域包括ケアシステムの5つの構成要素」についての簡単な表を作成しました。

構成要素 説明
医療 日常的な医療から緊急時の対応までを含む。かかりつけ医や地域の連携病院が重要な役割を果たす。
介護 在宅系サービスと施設・居住系サービスに分かれ、高齢者が必要に応じて適切なケアを受けられるように構築されている。
予防・保健 高齢者が健康を維持し、介護が必要になるリスクを減らすための重要な要素。
生活支援・福祉サービス 日常生活を支えるためのサービスで、買い物支援や見守り、配食サービスなどが含まれる。
住まい 高齢者が生活の基盤とする場所であり、自宅や介護施設などが含まれる。

地域包括ケアシステムを支える「4つの助」

この表は、地域包括ケアシステムの支えとなる「4つの助」の役割と意味を簡潔に説明しています。

助の種類 説明
自助 高齢者が自身の健康や生活課題を自発的に管理し、自立を支える要素。
互助 家族や地域社会が高齢者を支援することで、共同体としての支え合いを実現。
共助 社会保険制度など公的な支援を指し、高齢者が必要なサービスを受けられるようにする。
公助 行政による支援で、生活保護や人権擁護などの社会福祉制度を含む。

 

地域包括ケアシステムの現状と課題

少子高齢化に伴う課題

少子高齢化により、高齢者の数が増加し、医療や介護の需要が高まっています。これに対応するための体制整備が重要な課題です。

2025年問題とその影響

2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、超高齢化社会が本格化します。これに伴う医療・介護サービスの需要増加に対応する必要があります。

地域ごとの特性と対応

地域ごとの特性に応じた対応が求められており、地域包括ケアシステムの柔軟な運用が重要です。

共生社会や権利(人権)の考え方との同時進行

共生社会とは、性別、年齢、障害など、人それぞれの違いを自然に受け入れ、支え合い、互いに認め合う社会のことを指します。障害のある人が受けてきた差別や虐待、隔離、特別なものとして見られる行為は、共生社会ではあってはなりません。

地域包括ケアシステムの事例紹介(厚生労働省)

地域包括ケアシステム 厚生労働省

厚生労働省においては、2025年(令和7年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

地域包括ケアシステム 厚生労働省

各自治体の取り組み事例

具体的な自治体の取り組み事例を紹介し、地域包括ケアシステムの実践的な運用を示します。

厚生労働省のウェブサイト 地域包括ケアシステムに関する情報 - 厚生労働省  には、地域包括ケアシステムの構築に関する各自治体の取り組み事例が掲載されています。このページでは、以下のような地域での地域包括ケアシステムの概要、目的、取り組み事例などについての情報が提供されていますので、詳しくは厚生労働省のページをご確認ください。

自治体 取り組みの概要
世田谷区(東京都) 都市部での医療・介護・予防・生活支援・住まいの一体的な提供
長岡市(新潟県) 小地域での医療・介護・予防・生活支援・住まいの一体的な提供
南部町(鳥取県) 既存資源を活用した共同住宅による低所得者の住まいの確保
柏市(千葉県) 行政と医師会の協働による在宅医療の推進と医療介護連携
四日市市(三重県) 社会福祉法人と地域組織の協働による日常生活支援体制の構築
竹田市(大分県) 介護保険外のサービスの開発とそれを活用した介護予防と自立生活支援
上天草市(熊本県) 離島における在宅生活の基盤づくり
川越市(埼玉県) 認知症施策と家族支援
大和村(鹿児島県) 住民が自ら考える互助の地域づくり
境港市・米子市(鳥取県) 特養等の施設機能を地域に展開

まとめ

地域包括ケアシステムは、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう支援するための重要な仕組みです。今後の社会において、このシステムのさらなる発展と適切な運用が求められています。