今年は本当に寒いです。大寒波が何度もやってきました。北陸での積雪、東京も積雪で大きな被害がありました。本当に寒さが身にこたえます。
『冷えは万病のもと』です。こんなことわざは実はありませんが、あえてこれを言いたいと思います。
私は薬局に勤めていますが、この冬はいつもより多くの患者さまが来局されていたと感じます。
冷えなんて…と思いがちですが、いろいろな病気、体調不良が生じます。この記事では、薬剤師の視点から冷えによるリスクと対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冷えが循環器に生じる症状 血管が縮こまり血圧が上昇

この時期、外出すると外が寒くて、身体を縮こませることが多いと思います。これと同じことが、全身の血管でも生じてます。

温度差リスク(暖差リスク)とヒートショック現象

血管が縮こませられると、血圧が上昇します。それに加え、心臓の血管にも負担がかかります。夏に比べ、冬の血圧は、10から30くらいは上昇することがあります。
現代は室内はとても暖かく保たれているため血管は緩んでいますが、急に外にいったり、冬のお風呂場にいったりすると一気に冷えるため急激な血管収縮がおこり、過度の血圧上昇が起こります。このような温度差のあり危険な場所のことを「暖差リスク(温度差リスク)」と呼びます。
急激な血圧上昇や過度の高血圧状態は、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や不整脈を引き起こします。高齢者や高血圧患者は、重篤な症状を引き起こす可能性があるため、寒い冬はとくに注意が必要になってきます。急激な温度差によって体に及ぼす影響のことを「ヒートショック現象」といい、冬場の死亡要因の上位になっています
塩分を控えるや出来るだけ暖かくする、脱衣所をあらかじめ暖かくしておくなど心がけましょう。
脳梗塞、心筋梗塞予防に水分摂取にも気をつけなければいけません。とくに高齢者は、のどの渇きを感じる感覚が鈍くなっていることもあるので、冬の脱水症状が多く報告されています。

冷えが原因で骨・関節・筋肉などに生じる症状 痛み 痺れ

身体冷えると腰、ひざや古傷の痛みが生じます。ぎっくり腰も冷えにより起こる可能性が上昇します。
冷えにより頭痛・腰痛・膝痛・肋骨の痛み・肩の痛みなどが起きやすい状態になります。
単純な腰痛もありますが、高齢になると脊柱間狭窄症をもっている患者さまが多くいらっしゃいます。
脊柱間狭窄症の症状をもっている患者さまも冷えがあると、痛みやしびれが増大されていきます。夏より圧倒的に、足、腰の痛みやしびれを訴え、病院にこられます。
痛み止めや血流をよくする薬を飲むと改善しますが、冬に増強される症状は、冷えが原因になっていることが多いので、出来るだけ暖めるようにしましょう。
イメージとしては、温泉治療のイメージするとよいと思います。温泉に入って温めると改善する。まさに冷えをなくすと治っていくわかりやすい事例です。
もちろん、身体の冷えも高齢者は感じにくくなっているので、冷えていると感じて無くてもできるだけ温めてあげましょう。痛みが和らいでいきます。

スポンサーリンク

冷えにより胃腸に生じる症状 冷え腹痛 食欲不振 下痢

手足の冷えや皮膚の冷えは感じやすい冷えですが、足腰、下半身の冷えがあると胃腸の冷えも起こってきます。
胃腸の冷えについては、冷えている自覚症状はあまりなく感じることは少ないと思います。
胃腸が冷えると、胃の運動低下、腸の運動低下が起こります。具体的には、食欲不振や下痢などの症状が現れてきます。

冷えで胃腸に生じる症状の対策は?

冬の胃腸不良症状には、まず腹部を温めることと白湯など温かいもの飲んだり食べたりしましょう。白湯をゆっくり飲むと胃腸が温まり、胃腸の運動が活発になっていくのが実感できると思います。

冷えによる 免疫低下 こむら返り(筋の痙攣)

身体の冷えは、免疫力も下げます。免疫力が下がると抵抗力が落ちるため、かぜやインフルエンザになる可能性が上昇します。
また、足腰の冷えから夜間のこむら返り(筋肉の痙攣、あしがつるなど)を訴える患者さまもいらっしゃいます。
この症状も温めることやマッサージすることでよくなっていきます。それでもよくならないようであれば、漢方薬を処方してもらいましょう。

冷え性でなくても冷え対策を

3月になり少し寒さも和らいできましたが、まだまだ寒い日がやってくると思います。冷え対策をもう一度心がけましょう。
老人施設は、暖房完備されていることが多いので、冷え症状は生じにくいと思いますが、個人宅や訪問ケアでの移動時など冷えや寒暖差のリスクが生じてくるので、注意しましょう。
介護職、医療職の人も暖かい場所から急に寒いところに移動する場面があるので、自分自身のケアについても再度注意したいところです。みなさんがんばりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事