産業ケアマネジャーとは 資格試験や求人状況、将来性を解説!
スポンサーリンク

産業をケアマネージャーとは

産業をケアマネージャーの資格は、一般社団法人日本単独居宅介護支援専門員事業所協会が認定している民間資格です。国家課題として、親の介護を理由に退職をしなくてはならなくなる「介護離職」などの問題が顕在化し介護と仕事の両立の実現が求められる中で、介護保険制度の知識を持ったケアマネジャーが、法律上の育児・介護休業法の介護休業制度や企業側の制度理解、介護に関わる助成金の活用方法など、介護離職を防ぐための両立の役割を担えるのではないかと「産業ケアマネ」という資格が創設されたそうです。

スポンサーリンク

産業ケアマネジャーの資格の将来性

介護離職をする人は年間10万人いるといわれています。介護離職を防ぐということは重要なことですが、育児や介護のために休業制度を利用できないのは中小企業に多いというのが現状です。大企業では産業医という職場で健康にいられるように医師の立場から助言する人がいないといけない決まりがありますが、介護離職が課題としてあるにしても産業ケアマネという資格を持っているということで企業が介護離職を防ぐためだけにその人を雇うことはなかなか難しいと思います。
企業の中で言うと育児や介護の休業に関わる事務手続きや相談に応じる部署は主に人事部や労務管理の部署ですが、これらの人たちの中でキャリアアップやスキルアップするための資格としては社会保険労務士などがあります。産業ケアマネジャーという資格を持っている人をピンポイントで求人をかけることは今後も難しいとは思いますが、将来的に人事や労務管理など従業員の権利擁護や働き方を支えるような仕事をしたいと思っている介護支援専門員の資格所有者にとっては有益な知識や技術を得られる資格かもしれません。

産業ケアマネジャーの資格制度

産業ケアマネジャーの資格は1級から3級まであります。
産業ケアマネジャーの試験の受験資格は、介護支援専門員の資格を有していることです。
試験は○×形式で試験時間は60分、試験の問題数は50問となっています。
受験料は9800円だそうです。

詳しくは一般社団法人日本単独居宅介護支援専門員事業所協会のケアマネージャーを紡ぐ会、産業ケアマネの資格試験のページでご確認ください。

産業ケアマネの資格試験 | ケアマネジャーを紡ぐ会

産業ケアマネージャーの求人は生まれるか

2022年までに産業ケアマネジャーの資格取得者数を1000人、産業ケアマネジャーの導入企業50社をめざすという目標を掲げているそうです。
現実的な産業ケアマネージャーの働き方としては、従業員の働き方を意識している企業などの相談役として顧問的な立場で関わるような形か、介護支援専門員と産業ケアマネの資格を取得している人が企業の人事部などに務め、従業員の働き方の相談などに乗りながら活躍するという未来はあるかもしれません。2019年頃から介護と仕事の両立についての議論が国でもなされていますので、今後介護休業を取得させた企業に補助金を出すなどの動きは活発化するかもしれません。介護と同じように国家的な課題になっている男性の育児休業なども、男性に育児休業を取得させるとその企業に補助金が給付されるなどの制度ができているので同じ文脈で介護休業を取得させた場合にも何かしらのお手当てが生まれてくると産業ケアマネージャーのニーズも高まってくるかもしれません。介護の民間資格はいろいろありますが、産業ケアマネはちょっと毛色が違っていて面白い分野かもしれませんね。

スポンサーリンク