ソーシャルワーカーとは 勤め先と仕事内容・役割

ソーシャルワーカーという言葉をご存じでしょうか。
「ソーシャルワーカーって何だろう?」
「どんなことろに勤め活躍しているんだろう?」
このような疑問をお持ちの方も多いと思います。実際、私も福祉の世界に飛び込むまでは全く知らない言葉でした。

ソーシャルワーカーというのは福祉職業のひとつで「相談」を業務とする人です。

スポンサーリンク

ソーシャルワーカーを分かりやすく解説

ソーシャルワーカーを一言でわかりやすくいうと『生活する上で困ったり、不安を抱えている人の相談にのり解決に導いてくれるつなぎ役の人のこと』です。

ソーシャルワーカーは、国家資格である社会福祉士精神保健福祉士の有資格者のことを意味しているかのように使われますが、資格の有無にかかわらず、生活に問題を抱える人やその家族に対して、適切な助言・支援を行う人のことをソーシャルワーカーと言います。

続いて、ソーシャルワーカーはどこで活躍しているのか、勤め先を紹介します。

スポンサーリンク

ソーシャルワーカーはどこにいる?主な勤め先と仕事内容・役割

ソーシャルワーカーがどんな相談を受け、どんな役割をするのか具体例を紹介します。

貧困、障がい、老化、いじめ、虐待など、いろいろな状況の中でひとりだけで自分に合ったサービスや生き方を探すのは難しい場合も多いです。そこで各機関に所属するソーシャルワーカーの出番です。サービスを熟知したプロが相談内容を聞き、適切な支援をすることがソーシャルワーカーの役割です。

公務員のソーシャルワーカーの仕事内容・役割

公務員と福祉は密接な関りがあり、市町村の役場や福祉事務所などには多くのソーシャルワーカーがいます。

・児童に関すること
・障がいに関すること
・高齢者に関すること
・貧困や生活に関すること

様々な相談窓口があり、自治体で専門のワーカーに相談することができます。

「離婚してひとり親になった。お金や生活面でやっていけるか不安。」
「障がいを負ってしまい、どう生活しようか悩んでいる。」

その他にも「障がいの生活相談」や「高齢になった親のこと」など行政サービスを利用する際は各自治体の行政機関に相談することができます。

医療機関・病院のソーシャルワーカー(MSW)の仕事内容・役割

医療機関、つまり病院などにもソーシャルワーカーは活躍しており、医療ソーシャルワーカー、英語でMedical Social Worker(MSW)と呼ばれます。

「長期間入院していたが退院することになった。退院後の住まいや生活が心配。」

医療ソーシャルワーカーに相談することで連絡・調整など退院に向け様々なサポートを受けることができます。
退院後、頼れる場所が無く生活が心配な方などにも、医療ソーシャルワーカーが多岐に渡るサポートをしてくれます。

学校のスクールソーシャルワーカー(SSW)の仕事内容・役割

学校にもスクールソーシャルワーカー、英語でSchool Social Worker(SSW)と呼ばれるワーカーが活躍しています。

「子供がいじめで学校にいかなくなった。どうすればいいんだろう」

不登校・いじめ・家庭問題などの問題を抱えた児童を多様な支援方法を用いて課題解決していきます。
その他にも家庭に何らかの問題があり、学校で十分な教育を受けれない場合なども担当します。

まとめ

今回はソーシャルワーカーとはどんな仕事でどんな分野でどんな役割をしているのかを紹介しました。
様々な福祉サービスが生まれ生活が豊かになった反面、複雑化してしまい理解するのには大変な労力を要します。
生活するうえで困っていることや心配を抱えている方は、相談できることろがないか、一度調べてみることをおすすめします。

スポンサーリンク