片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の測定方法、平均値

体力測定の「片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)」の測定方法について紹介します。立位バランス能力を把握するために簡単にできるテストで、介護予防や通所型サービス・通所介護などで実施されることが多い体力測定項目です。

スポンサーリンク

片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)を測定する意味・意義

通常の生活場面では、立ったままズボンをはく・靴下を脱ぐなどの動作を安全に行うためには平衡感覚が重要です。加齢とともに最も低下するのが平衡機能です。そのために転倒のリスクも高くなります。加齢とともに低下していく平衡機能を測定する方法です。片足立ちをするためには、片足での立位姿勢を保つための全身の筋力、足の裏からの感覚関節の位置や平衡感覚なども総合的に使うため、全身の状態、生活の中で立位での動作を安全に遂行できる能力があるかなども推察できます。
片脚立位
スポンサーリンク

片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)に準備するもの

・ストップウォッチ
・記録用紙及び筆記用具
ストップウォッチストップウォッチ

片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の測定手順

目を開けた状態で、両手は軽く側方に下ろし、片足を床から離して上げてもらう。挙げる方向は、前方・後方どちらに上げても良いが、立っている足(支持脚)につけないようにして挙げてもらいます。

次のいずれかの状態が発生するまでの時間を測定します。

  • 挙げている足が床に着いた時
  • 床に足をついて支えている方の足がずれた時
  • 挙げている足を立っている脚に着けたり支えたりした時
  • 立っている足以外の体の一部が床に触れた時

立っている足が右か左かを記載する。

実際に足が床から離れた瞬間を測定開始時間としてストップウォッチをスタートします。

測定時間は最大60秒までとして2回測定を行う。1回目で60秒に達した場合には2回目は行わなくて差し支えないです。

測定時間の秒未満は切り捨てて読み、2回の測定の大きい方を記録します。

片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の声かけ・指示方法

片足で立っていられる時間を計ります。

(ここで実際にやってもらい練習することも可)

足を挙げる位置は前でも横でも後ろでもかまいませんが、立っている足にくっつけるとやり直しになります。また、立っている足がずれるとその時点で測定終了となりますので、軸足がずれないように片足で立っていてください。それでは、前を見て、準備が出来たら足を挙げてください。

(よーいスタートではなく、ご自身のタイミングで足を挙げてもらいスタートします)

まったく片足立ちができない方には、「前方の印を見ながら足踏みしてください。」と声かけして、足踏みができたら1秒として記録します。

片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の標準値・平均値

特定高齢者を対象とした片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の集計によると、男性の平均は13.9秒でした。女性の平均は15.1秒でした。

要支援の認定を受けている方を対象とした片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の集計によると、男性の平均は9.0秒でした。女性の平均は7.8秒でした。

参考:運動器の機能向上マニュアル(改訂版) - 厚生労働省

片脚立位テスト(開眼片足立ち時間)の注意点

測定者は、対象者の傍らに立ち安全を確保しましょう。

もしバランスを崩しても支えられる場所にいて、転倒事故に十分注意してください。

スポンサーリンク