クリティカルシンキングとは?意味や看護での活用を簡単に解説!

看護師としての日々の業務は、患者さんの命や健康に直結するため、正確かつ迅速な判断が常に求められます。このような環境で、クリティカルシンキングは不可欠なスキルとなります。看護師がこの能力を身につけ、磨き上げることで、患者さんへのより良いケアが提供できるようになるのです。

クリティカルシンキングとは - 意味を簡単に解説

クリティカルシンキング(Critical Thinking)とは、情報を分析し、論理的かつ客観的に考える能力を指します。看護において、このスキルは患者の状態を評価し、適切なケア計画を立てる上で重要です。看護師は、日々の業務の中で様々な情報に直面し、それらを的確に処理し、優れた判断を下すことが求められます。

クリティカルシンキングは、特定の線形的なステップモデルに従うものではないため、一般的なステップやフェーズに分けることは難しいです。

クリティカルシンキングとは - 意味を簡単に解説

クリティカルシンキングの要素

以下にクリティカルシンキングの要素を示します。

ステップ 説明
1. 問題の特定 問題や状況を明確に理解し、分析するための出発点を設定します。
2. 情報の収集 問題に関連する情報、データ、証拠を収集し、検討します。
3. 分析と評価 収集した情報を分析し、論理的に評価します。
4. 仮説の形成 問題解決のための潜在的な解決策やアイデアを考えます。
5. 意思決定 利用可能な情報に基づいて最適な選択肢を決定します。
6. 行動 決定した解決策を実行に移します。
7. 評価と反省 実施した行動の結果を評価し、必要に応じてプロセスを調整します。

クリティカルシンキングは柔軟で反復的なプロセスであり、これらのステップは連動しています。問題の複雑性や特性に応じて、これらのステップを繰り返すか、特定のステップに焦点を当てることがあります。

クリティカルシンキングの必要性とメリット

看護現場では、予期せぬ状況や複雑な症例に直面することが多々あります。クリティカルシンキングは、このような状況で効果的な意思決定を行い、患者さんに最適なケアを提供するための鍵となります。また、この能力を持つことで、看護師はより自信を持って業務に取り組むことができ、結果的に患者ケアの質の向上につながります。

看護におけるクリティカルシンキングの活用

看護判断におけるクリティカルシンキングの一例として、緊急事態への対応が挙げられます。緊急時には、迅速かつ正確な判断が求められますが、クリティカルシンキングを駆使することで、患者さんの状態を正確に評価し、最適な介入を選択することが可能になります。また、日常的な患者ケアにおいても、患者さんのニーズを深く理解し、その人に最適な看護計画を立案する際に重要な役割を果たします。

ヘブバンのモデルとクリティカルシンキング

クリティカルシンキングについては情報を分析し、論理的かつ客観的に考える能力と紹介しましたが、似たようなモデルとしてヘブバンのモデルがあります、

ヘブバンのモデルとは

ヘブバンのモデルは、看護における意思決定プロセスを支援するために開発されたフレームワークです。このモデルは、臨床データの収集、患者のニーズの評価、介入の選択、そして結果の評価という四つの段階から成り立っています。

ステップ 説明
1. データ収集 看護師は患者の症状、健康歴、ライフスタイルなど、関連する情報を収集します。
2. ニーズの評価 収集したデータをもとに、患者のニーズを評価し、健康上の問題やケアの必要性を特定します。
3. 介入の計画と実施 評価に基づき、具体的な介入計画を立案し、実施します。治療、ケア、教育、サポートなどが含まれます。
4. 結果の評価 実施された介入の結果を評価し、介入が患者の健康や幸福に与えた影響を判断し、必要に応じてケアプランを調整します。

看護師は、ヘブバンのモデルを用いて、患者さんの状況を体系的に分析し、最適なケアを提供することができます。このモデルは、クリティカルシンキングを実践的に応用する際の有効なツールとなります。

クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違い

クリティカルシンキングとロジカルシンキングは、しばしば混同されがちですが、実際には異なる概念です。

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングのプロセスは以下のステップで構成されます。

ステップ 説明
1. 問題の明確化 問題や目的を具体的に定義し、何を解決すべきかを明確にします。
2. 情報の収集 問題に関連する情報、データ、証拠を収集し、整理します。
3. 論理的分析 収集した情報を論理的に分析し、問題の本質を理解します。
4. 仮説の構築 分析に基づいて、解決策や仮説を構築します。
5. 解決策の評価 提案された解決策を評価し、最も効果的なものを選択します。
6. 実行と検証 選択した解決策を実行し、その結果を検証します。

ロジカルシンキングは、問題を体系的に分析し、効果的な解決策を導き出すプロセスです。このプロセスは、問題の明確化から始まり、情報の収集、分析、仮説の形成、解決策の選択、実行と検証の段階を経て完了します。

ロジカルシンキングは、論理的な思考と推論に重点を置きますが、クリティカルシンキングはこれに加えて、情報の分析、評価、そして創造的な解決策の提案を含みます。看護においては、両者の思考スタイルを組み合わせることが重要で、具体的な事例や状況に応じて適切に判断する能力が求められます。

クリティカルシンキングのフレームワーク

看護におけるクリティカルシンキングのフレームワークは、看護師が日々の業務を効果的に遂行するためのガイドとなります。これには、患者の評価、診断、介入の計画、実施、そして評価といったプロセスが含まれます。効果的なフレームワークの構築は、看護師が患者さんの状態を正確に理解し、適切な介入を行うために不可欠です。

クリティカルシンキングのトレーニング方法

看護師向けのクリティカルシンキングトレーニングプログラムは、実践的なスキルを身につける上で重要な役割を果たします。これらのプログラムは、症例研究、シミュレーション、グループディスカッションなどを通じて、看護師が複雑な状況に対応し、効果的な意思決定を行う能力を養います。実践的なトレーニングには、現実の臨床環境を模倣したシナリオや、実際の患者ケアにおける意思決定プロセスの反映が含まれます。

クリティカルシンキングの鍛え方

日常業務におけるクリティカルシンキングのスキル向上は、自己評価とフィードバックのプロセスを通じて達成されます。看護師は、自分の意思決定プロセスを振り返り、患者ケアの各段階での決定がどのように影響を及ぼしたかを評価することが重要です。また、同僚や上司からのフィードバックを活用することで、さらなるスキルの向上が促されます。

結論

クリティカルシンキングは、看護師が高品質な患者ケアを提供するために不可欠なスキルです。この記事を通じて、看護師はクリティカルシンキングの重要性とその応用方法を理解し、自身のスキルをさらに高めるための手がかりを得ることができるでしょう。看護師としての成長と患者ケアの質の向上を目指して、これらの知識を日々の業務に活かしていただきたいと思います。

介護の仕事はどの職種も不足で好条件求人増加中!
専門の転職サイトでよい求人がないか確認してみましょう!

非公開求人無し!登録したら全求人を探せる!
求人案件数最大級!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」登録後に自分で非公開の求人を探していくサーチ型となりますので、転職の情報収集に最適のサービスです。自分のペースで職探しが可能です。 求人紹介のしつこい電話や催促がないのも安心です。

少しの情報で、すぐ登録可能!介護系職種(介護士など)の求人サイト「ジョブメドレー」

「ジョブメドレー」は、都心だけでなく、地方にも強いです。しかも、ケアマネや介護職員の他、生活相談員や看護師、社会福祉士、管理者や施設長・事務長などの高ポジションもジョブメドレーだからこそです。登録すると、検索条件で求人をどんどん調べられるので、お気軽に登録してもよいと思いますよ!