人生100年時代とは?メディアのおかしい嘘、本来は若者支援の政策

 

人生100年時代とは、平均寿命が延び、誰もが100歳まで生きる可能性が高くなる社会を指します。現代の医療技術の進歩や生活環境の改善により、長寿社会が実現しつつありますが、この長寿化は個人や社会に新たな課題をもたらします。日本政府は2017年ころから安倍晋三首相を中心に「人生100年時代に向けた基本構想」を策定し、健康寿命の延伸と社会全体の活力を維持するための取り組みを進めてきました。しかし、このキャッチーなフレーズが誤解を招き、メディアや金融機関によって現在の高齢者向けの言葉として利用されることで、新たな混乱を生んでいます。

人生100年時代とは?

人生100年時代とは、平均寿命が延び、誰もが100歳まで生きる可能性が高くなる社会のことを指します。現代の医療技術の進歩や生活環境の改善により、長寿社会が実現しつつあります。しかし、この長寿化は個人や社会に新たな課題をもたらします。

日本政府の人生100年時代の基本構想

日本政府は2017年ころから安倍晋三首相を中心に、「人生100年時代に向けた基本構想」「人づくり革命 基本構想」を策定し、健康寿命の延伸と社会全体の活力を維持するための取り組みを進めています。「人づくり革命」を掲げ、幼児教育の無償化や高等教育の支援、大学改革、介護離職ゼロを目指した施策など、幅広い政策を実行しています。特に人材育成に注力し、全世代が安心して暮らせる社会の構築を目指していました。介護離職ゼロのための制度や介護保険で高齢者に必要なサービスの提供なども分野としては入っていましたが、これからを生きる世代への政策が中心だったのです。

人生100年時代、財務省・マスコミ・金融機関が流した嘘

人生100年時代という言葉は、今生まれた子供たちが100歳まで生きる可能性を考慮して、子育てや人づくり革命を重視する考え方として、安倍晋三首相を中心に政府が進めてきた構想から生まれました。この構想は、未来の世代に向けた教育や雇用の改革を目的としたものです。しかし、このキャッチーなフレーズは、メディアによって現在の高齢者に対する言葉として誤解されて伝えられることが多くなっています。

岸田内閣になり、新しい資本主義が前面に、人生100年時代という言葉は都合の良い言葉に

現在の日本の平均寿命は、男性が約81歳、女性が約87歳です。メディアは、人生100年時代という言葉を現実の高齢者に向けたメッセージのように報道し、視聴者に誤解を与えています。これは、視聴率を稼ぐための戦略として、わかりやすくキャッチーなフレーズを利用する傾向があるためです。その結果、多くの人々が、自分たちが100歳まで生きることを前提に生活設計を考えるようになり、現実とは異なる期待を抱くようになってしまいました。

さらに、安倍晋三元首相の死後、岸田内閣になり、岸田総理は「新しい資本主義」という言葉を使い、あまり内容が無い政策や発言をしているために、金融機関や財務省は人生100年時代というフレーズだけを利用して投資を促すためのキャッチコピーにしました。金融商品や投資信託の販売促進において、「人生100年時代を見据えて資産運用を」といったフレーズが頻繁に使われました。このような宣伝は、長期的な資産形成の重要性を訴える一方で、不安を煽り、金融商品の購入を促す手段としても機能していました。実際のところ、全ての人が100歳まで生きるわけではなく、個々の健康状態や生活環境によって大きく異なります。

人生100年時代で広がる定年引上げ・高齢者雇用

人生100年時代を迎えるにあたり、定年引上げや高齢者雇用の促進が重要な課題となっています。政府は、65歳以上への継続雇用年齢の引上げを推進し、高齢者が意欲を持って働ける環境づくりを進めています。企業に対しては、成果を重視する評価・報酬体系の構築を支援し、高齢者の多様な働き方を推進しています。

人生100年時代に重要な健康寿命

人生100年時代においては、単に寿命を延ばすだけでなく、健康で活動的な生活を送るための健康寿命の延伸が重要です。政府は、予防医療や健康増進活動を推進し、国民の健康管理を支援しています。特に生活習慣病の予防や運動習慣の促進が強調されています。

人生100年時代に必要な力、迷惑をかけない生き方

人生100年時代には、自立して生活できる力が求められます。岸田首相が総理大臣になり、人生100年時代を見据えた保守的な考えだった安倍元総理の考えを崩してきています。家族や社会に迷惑をかけない生き方も大切ですが、人生100年時代というのはこれから先の未来の話なので、テクノロジーや価値観の変化で必要な力は変わってくる可能性があります。少なくとも今生まれてきた子供たちが将来にわたり100年間健康で文化的に生活していくためには、今の世代が将来の日本を担っていけるよう成長し、その成長を後押しできるよう子育て世代を支援するという方向性で進んでいくのが理想ですが、岸田首相の思想や政策はやや異なっているようで、あえて安倍晋三元首相が中心になって構想したことなどをホームページ上からも削除するなどが行われています。実際に政府や厚生労働省のサイトからも人生100年時代構想会議に関する政策資料の多くは削除されており、岸田首相の掲げる新しい資本主義というものに置き換えられてしまってきています。その中でも人生100年時代という言葉は都合が良いように使われている状況です。

100年とは言わずとも、寿命は延び、老後の生活も考えなければいけない時代であることは確かです。老後に迷惑をかけないためにどうしたらよいかについて、お金や介護の面ばかりがピックアップされますが、楽しみをもって生きることと、責任をもって管理していくこと、デジタルな財産やアカウントなどもあるので、人生の後片付けの方法も国ぐるみで考えていくことも重要であると考えます。

また、迷惑をかけない生き方という考え方ができるのは実際には日本人的な価値観を持つ人だけです。もしも世界から移民や難民などを次々に日本に受け入れた場合には、人生100年時代の前提は崩れますし、迷惑をかけない生き方をしようなんて考える海外の人はほとんどいないでしょう。結果的に迷惑をかけないで生きようと思っている日本人が追いやられて、生きにくい世の中になってしまうということが容易に想像できます。そのような意味でも人生100年時代という言葉は、単に高齢者になってからのことを考えるだけでなく、若い世代を増やししっかりと育成するということで国家の人口と人の質を維持することが大切なのです。

まとめ

政府の人生100年時代構想は、多くの人々に新たな可能性と課題を提供しました。これらの政策は安倍元総理の逝去後に実効性がなくなってきてしまっていますが、個人の努力と社会の支援が必要です。何よりも日本人の子どもを育て次世代を育成すること、義務教育のみならず学び直しの機会、適切な労働環境の整備などを通じて、誰もが活躍し続けられる社会を目指しましょう。そして、人生100年時代の言葉は家族の大切さも社会の制度の整備も重要視していましたが、現在の政府は家族や社会に迷惑をかけないような生き方を推進し、世帯を小分けにして、団結させないような政策に舵を切っています。海外の多様な価値観や外国にとって都合が良い制度ばかりを取り入れるグローバリズムの波から、世界の国々は自分の国を大切に考えるナショナリズムの考えに変わりつつあります。今の子供たちは100年間生きると仮定した場合、100年間のうちには海外との関わりや思想の影響など様々なことがあるでしょう。

守り続けてきた日本の資源や制度を残し、国民とその子供たちの世代を大切に考えることが人生100年時代に重要な要素であると思います。

 

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)