悪いケアマネージャーって?やってはいけないこと・避けるべきこと
 

高齢化社会において、ケアマネージャーの役割は非常に重要ですが、すべてのケアマネージャーが良いわけではありません。「悪いケアマネージャーって?」という疑問に答えるため、この記事では、ケアマネージャーがやってはいけないこと、避けるべき行為を詳しく探ります。良いケアマネージャーと悪いケアマネージャーの違いを理解し、適切なケアマネジメントを目指すための指針を提供します。

悪いケアマネージャーとは?やってはいけないこと

高齢化社会が進む中、ケアマネージャーの役割はますます重要になっています。しかし、その中には「悪いケアマネージャー」と呼ばれる存在もあり、彼らの行動は利用者やその家族に大きな影響を与えることがあります。この記事では、悪いケアマネージャーの特徴と、彼らが避けるべき行為について詳しく見ていきます。

ケアマネージャーの基本業務

ケアマネージャーは、利用者のニーズに合わせたケアプランの作成、利用者とサービス事業者の間に入る役割、介護保険に関わる書類作成の代行など、多岐にわたる業務を担っています。これらの業務を適切に行うことで、利用者の生活の質を高め、自立を支援することができます。

良いケアマネと悪いケアマネは表裏一体

実を言うとこれから紹介する良いケアマネと悪いケアマネの捉え方は表裏一体の関係性です。利用者にとって良いケアマネとは何でも自分のニーズを叶えてくれるという人ですが、悪いケアマネは自分の職域以外のことは立ち入らないように自分の職域をしっかりと理解しているという人です。

ケアマネの仕事はあくまでもマネジメントをすることであり、ケアマネが直接、ご利用者や家族の御用を聞いてお手伝いをしたりサービスを提供したりするというのは本来の形ではありません。利用者や家族は喜んでくれますが、業界全体で考えると「ケアマネは何でもやってくれる人だ」という認識が広まってしまい、自分の職域の範囲で仕事をしているケアマネージャーにまで迷惑をかけるような悪いケアマネになってしまいます。

ケアマネージャーが避けるべき業務

ケアマネージャーがどんな仕事をする人なのか介護の現場の人や利用者にうまく伝わっていない場合に、以下のような業務を無償で依頼されてしまうことがあります。

ボランティア精神で行うのは良いのかもしれませんが、ケアマネージャーが例えば病院の付き添いをするのが当たり前だと思われてしまうと、他のケアマネージャーが担当をした時に「あのケアマネをやってくれたのに」というチームでのケアが難しくなる場合がありますので、できるだけ本来の業務以外については避けるべきと考えます。

ケアマネによく依頼される業務 お断りの仕方・説明
通院の付き添いや買い物、家の掃除 これらはケアマネージャーの業務外の仕事であり、避けるべきです。
介護保険に関係のない行政手続き ケアマネージャーの役割は介護保険に関連する業務に限定されます。
特定の事業者へのサービス斡旋 利用者の選択の自由を侵害する行為であり、特に注意が必要です。

これらの業務は、ケアマネージャーの本来の役割から外れるものであり、避けるべきです。特に、特定の事業者へのサービス斡旋は、利用者の選択の自由を侵害する行為となり得るため、特に注意が必要です。しかし実際には法人内での囲い込み、斡旋のためにケアマネージャーが利用されるという例はかなり多い状況です。

ケアマネージャーが避けるべき行為

上記では利用者や家族がケアマネジャーに対して業務外の内容を求めてきた時の対処方法の例を出しましたが、こちらはケアマネージャー自身が気をつけなければいけないことです。

行為 説明
利用者や家族の意向を無視したサービスの提供 利用者やその家族の意向を尊重し、彼らのニーズに合ったサービスを提供することが重要です。
正当な理由なくサービス提供を拒否する 利用者の経済状況や介護度を理由にサービス提供を拒否することは適切ではありません。
利用者にとって必要な手助けをしない 要介護認定の申請支援や受給資格の確認など、利用者にとって必要な手助けを行うことが求められます。

これらの行為は、ケアマネージャーとしての責任を果たしていないことを示しており、利用者やその家族に不利益をもたらす可能性があります。

ケアマネージャーが頼まれがちながら避けるべきこと

ケアマネが避けるべき業務と似ていますが、本来は家族や慈悲のサービスで行ってもらわなくてはならないことをケアマネに無償でやってほしいと頼んでくる利用者や家族もいます。

こちらもボランティア精神で請負ってしまっているケアマネもいますが、ケアマネがすべき業務の範囲を超えているのでしっかりと説明して避けるべきことになると思います。

利用者や家族からの依頼内容 お断りの説明
病院への送迎や金銭管理 これらはケアマネージャーの業務範囲外であり、運送法や金銭管理に関する法律に抵触する可能性があります。
身元保証人になること 身元保証人になることは、ケアマネージャーの職務として不適切であり、避けるべきです。

ケアマネージャーがやってはいけないことを頼まれた時の対処法

利用者や家族の中には、ケアマネージャーはマネージャーなので色々な調整や準備などを何でもやってくれると勘違いしている人がいます。ここまで説明したようにお断りの説明をしても解決できない場合には以下のような対処方法があります。

対処法 説明
行政や管理者に相談する 不適切な依頼を受けた場合は、上司や行政機関に相談し、適切なアドバイスを求めることが重要です。
できない理由を家族や利用者に説明して断る ケアマネージャーの業務範囲外の依頼には、その理由を丁寧に説明し、断ることが求められます。
ケアマネの意見交換サイトなどを参考にする 他のケアマネージャーの経験や意見を参考にすることで、適切な対応策を見つけることができます。
自費サービスや社会資源につなげる 悪いケアマネージャーは実は利用者のニーズをしっかりと叶えようとする良いケアマネージャーです。この場合介護保険で提供できないサービスなどは自分自身が行うのではなく民間の自費サービスにつなげたり社会資源を紹介するなどして切り分けを明確にしましょう。

これらの対処法を適切に行うことで、ケアマネージャーは自身の職務を守りつつ、利用者の最善の利益を追求することができます。

まとめ

ケアマネージャーは、利用者の生活の質を高め、自立を支援する重要な役割を担っています。しかし、その中には「悪いケアマネージャー」と呼ばれる存在もおり、彼らの行動は利用者やその家族に大きな影響を与えることがあります。悪いケアマネージャーとは、利用者や家族からすれば都合のいい良いケアマネージャーに見えます。

しかし、このような一緒に働く上での悪いケアマネージャーに囲まれてしまうと自分がすべき業務でないことまで全部降りかかってきて、一度引き受けたら断れなくなります。

自分の職域を理解していない悪いケアマネージャーの特徴を理解し、避けるべき行為を適切に対処することで、良いケアマネージャーになるための心構えを持つことが重要です。

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)