難民とは? 国際的な定義・難民申請・難民認定について
 

近年、世界中で増加する難民。彼らは何を求め、どのような背景で自国を離れるのでしょうか。この記事では「難民」という言葉の真の意味を探るとともに、難民としての定義、申請の手続き、そして認定のプロセスについて詳しく解説します。難民問題は私たちの遠い他人の問題ではなく、国際社会として共有すべき課題です。

難民の意味を簡単に言うと?

難民とは、紛争や迫害を逃れるために自国を離れ、他国に保護を求める人々のことを指します。彼らは自国にいると生命や自由が脅かされる恐れがあるため、安全な場所を求めて移動します。

難民とは簡単に言うと?

難民認定とビザ発行の違い

難民認定とビザ発行の違い

ビザは、ある国の政府が外国人に発行する、その国への入国や滞在を許可する公式な文書です。ビザには様々な種類があり、観光、ビジネス、学習、就労などの目的に応じて異なるビザが発行されます。 ビザには有効期間が定められており、その期間を超える滞在は原則として許可されません。

ビザとは違い、難民として認定されると、その保護を受けられる期間には一般的な固定の期限は設けられていません。保護の必要性を再評価することなどはありますが、いつまで難民として認定された状態になるかという期限は存在せず、一部の国では永住権や市民権を取得することができる制度もあります。

難民の定義

難民の定義は、一般的には1951年の「難民の地位に関する条約」に基づいています。

難民の地位に関する条約では、難民は「人種、宗教、国籍、政治的意見または特定の社会的集団に属するなどの理由で自国にいると迫害を受けるか、あるいは迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた人々」と定義されています

さらに、UNHCRは「武力紛争や人権侵害などを逃れるために国境を越えて他国に庇護を求めた人々」という定義も追加しています。

難民条約について

難民の地位に関する条約(1951年)」と「難民の地位に関する議定書(1967年)」を合わせたものが難民条約として知られています。この条約は、第二次世界大戦後の人権保障の問題を背景に作成され、難民の基本的人権保障を目的としています。

日本は1981年にこの条約に加入し、1982年に「出入国管理および難民認定法(入管法)」が制定され、難民保護の規定が定められました。

難民問題とは

難民問題は、紛争や迫害、経済的困難などの理由で自国を離れる人々が増加することにより生じる社会的、経済的、政治的な問題を指します。難民は安全な場所を求めて移動するが、受け入れる国や地域には経済的な負担や社会的な摩擦が生じることがあります。

難民申請と難民認定

難民申請は、他国に保護を求めるための手続きを指します。申請者の状況が難民条約の定義に合致するかどうかを審査し、合致する場合は難民として認定されます。認定された難民は、受け入れ国での保護や支援を受けることができます。

難民申請と難民認定

難民としての認定基準

難民として認定される基準は、基本的には「1951年の難民の地位に関する条約」と「1967年の議定書」に基づいています。

これらの文書は国際的な難民の定義と保護の基準を提供しており、多くの国々がこれを基に難民の認定を行っています。具体的には、難民は「人種、宗教、国籍、特定の社会的集団の所属、または政治的意見による迫害を恐れているために、自国に戻ることができない、または戻ることを恐れている人」と定義されています

しかし、この基準をどのように適用するか、また追加的な基準や手続きは、国によって異なります

例えば、一部の国は性的指向やジェンダーに基づく迫害も難民認定の対象としています。また、地域的な事情や国内法の違いにより、難民認定のプロセスや基準が様々です。

したがって、難民としての認定基準は国際的な枠組みに基づいているものの、具体的な適用や詳細な基準は国や地域によって異なることとなります。

難民として認定されることのメリット

難民として認定されることは、多くの利点をもたらします。まず、迫害や危険からの保護を受けることができるのは大きなメリットです。さらに、教育や医療、雇用などの基本的な権利を享受することができるようになります。この他にも、受け入れ国での一定期間の居住が許可されることが多く、再定住のための支援や援助を受けることができる場合もあります。また、家族と再び一緒に生活するためのサポートや手続きの援助を受けることができることも、大きな利点と言えるでしょう。

難民として認定されることのデメリット

難民としての生活はいくつかのデメリットも伴います。受け入れ国の住民からの偏見や差別を受けることがあるのは、難民としての生活の大きな課題の一つです。新しい文化や言語への適応は困難であり、それが生活のあらゆる面での障壁となることがあります。また、難民の地位が雇用の機会を制限することがあるため、経済的な困難に直面することも少なくありません。さらに、難民の地位は一時的なものであることが多く、その不確実性によるストレスや不安を感じることもあります。そして、迫害や戦争、家族との分離など、難民としての経験が心的外傷を引き起こすことも考えられます。

難民申請の悪用の問題

難民申請が悪用される事例は、多くの国で問題となっています。以下はその一例です。

経済的動機による申請

一部の人々は、経済的な理由や、より良い生活を求めて難民申請を行うことがあります。これは真正の難民とは異なる動機での申請となり、審査の際には厳しく見られることが多いです。

生活保護法に基づく生活保護は、日本に居住するすべての人々、日本国民であるか外国人であるかを問わず、一定の基準を満たす場合に受けられるという甘い制度になっているため、このように日本の生活保護による手厚い保護を目当てに日本で難民申請するということも考えられます。その他にも日本などの福祉が充実している国では、福祉や社会保障のタダ乗りが主目的で実際は難民ではない状況の人が混ざっていることも問題視されています。

犯罪やテロ活動を逃れるための難民申請

一部の犯罪者やテロリストが、逮捕や摘発を逃れるために難民としての申請を行うことが報告されています。これは国際的な安全保障の問題ともなり得るため、各国はこのような申請者を特定し、適切な対応を行っています。

難民申請の多重化・ビジネス化

一部の申請者が、複数の国で同時に難民申請を行うことで、認定の確率を上げようとする事例もあります。また、難民申請を代行する仲立人ビジネスなど、難民という地位をめぐるビジネスもあるようです。

 

これらの事例は、真正の難民の保護を求める人々の権利を脅かすものとして、多くの国で深刻な問題となっています。そのため、難民申請の審査は非常に厳格に行われることが多く、真正の難民と悪用を目的とする申請者を区別するための努力が続けられています。