2018年10月の日本の人口ピラミッドの形
スポンサーリンク

総務省統計局がまとめ、2019年4月12日に公表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は17年の同じ月に比べて26万3千人少ない1億2644万3千人となりました。2018年の人口推計を都道府県別にみると、人口が増えたのは東京、沖縄、埼玉など前年と同じ7都県となっています。東京への一極集中と言われていますが、最も人口増加率が高い東京でも、増加率は0.72%となっており、ペースは落ちてきています。外国人が総人口に占める割合は1.76%となりました。(参照:人口推計(2018年10月1日現在)‐全国, 総務省統計局

最新版 2018年日本全国の総人口

年齢区分別人口の割合の推移(1950年から2018年)

年齢区分別人口の割合推移

2018年10月時点の総人口は26万3千人の減少

  • 総人口は1億2644万3千人で、前年に比べ26万3千人(0.21%)の減少と8年連続で減少しています。
  • 日本人人口は1億2421万8千人で、前年に比べ43万人(0.35%)の減少と8年連続で減少しています。

15~64歳人口の割合は59.7%で、1950年以降過去最低

  • 15歳未満人口は1541万5千人で、前年に比べ17万8千人の減少となり、割合は12.2%で過去最低となっています。
  • 15歳~64歳人口は7545万1千人で、前年に比べ51万2千人の減少となり、割合は1950年と同率の59.7%で、比較可能な1950年以降過去最低となっています。
  • 65歳以上人口は3557万8千人で、前年に比べ42万6千人の増加となり、割合は28.1%で過去最高となっています

70歳以上人口は97万9千人の増加

  • 70歳以上人口は2621万人で、前年に比べ97万9千人の増加となり、割合は20.7%と初めて2割を超えました。

75歳以上人口が初めて65歳以上人口の半数以上となる

  • 75歳以上人口は1797万5千人で、全値に比べ49万3千人の増加となり、初めて65歳以上人口の半数以上となりました。

12年連続の自然減少、減少幅は拡大

  • 自然増減は12年連続の自然減少となり、減少幅は拡大しています。
  • 男女別にみると、男性は14年連続、女性は10年連続の自然減少となっています。

外国人が6年連続の社会増加、増加幅は拡大

  • 社会増減は6年連続の社会増加となっています。
  • 日本人・外国人の別にみると、日本人は2年ぶりの社会減少となっています。外国人は6年連続の社会増加となり、増加幅は拡大しています。

2018年10月の日本の人口ピラミッドの形

日本の人口ピラミッド(2018年10月1日現在)

2018年10月の日本の人口ピラミッドの形

人口推計における算出方法とは

「人口推計」では,10月1日現在人口を基準人口として、その後の各月の人口の動きを他の人口関連資料から得て、毎月1日現在の人口(総人口及び日本人人口)を算出しています。
人口推計の算出のための基本式はこちらです。

総人口の計算式

総人口の計算式
総人口 =基準人口(総数)+自然動態*(日本人・外国人)+社会動態**(日本人・外国人)

日本人人口の計算式

日本人人口の計算式
日本人人口 =基準人口(日本人)+自然動態*(日本人)+社会動態**(日本人)+国籍の異動による純増減

*自然動態とは、出生児数-死亡者数

**社会動態とは、入国者数-出国者数

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう