ホスピスとは?緩和ケアと違い、日本でのホスピスの現状や費用

 

ホスピスは、終末期の患者が最期を快適に過ごすための包括的なケアを提供する施設やサービスです。緩和ケアとの違いや日本でのホスピスの現状、具体的な場所や費用について詳しく解説します。これからホスピスを利用することを検討している方やその家族にとって、重要な情報を提供し、最適な選択をサポートします。

ホスピスとは?

ホスピスは、終末期の患者に対して質の高いケアを提供する施設やサービスを指します。ホスピスという言葉は、ラテン語のhospitumに由来し、親切なもてなしや休息の場、病気や疲れた人を保護するということを意味しています。ホスピスケアでは、主に痛みや症状の管理を行い、患者が残された時間をできるだけ快適に過ごせるようサポートします。ホスピスは身体的ケアだけでなく、心理的、社会的、精神的な支援も提供し、患者とその家族に対して包括的なケアを行います。

ホスピスと緩和ケアの違い

ホスピスと緩和ケアは似た概念ですが、異なる点もあります。緩和ケアは、疾患のステージに関係なく、痛みやその他の苦痛を和らげるためのケアを提供します。これは治療と並行して行われることが多いです。一方、ホスピスケアは、治療が効果を示さなくなった終末期に特化して提供され、患者が最期の時をできるだけ快適に過ごせるように支援します。

ホスピスと緩和ケアの主な違い

項目 ホスピス 緩和ケア
対象患者 終末期の患者 疾患のステージに関係なく痛みや苦痛を持つ患者
目的 最期を快適に過ごすためのケア 痛みやその他の症状を和らげ、生活の質を向上させる
提供場所 ホスピス施設、自宅など 病院、在宅、外来など
治療との関係 治療が効果を示さなくなった段階で提供される 治療と並行して提供されることが多い
サービス内容 身体的、心理的、社会的、精神的ケア 痛みの管理、症状緩和、心理的支援など

ホスピスで最期を迎えるデメリット

ホスピスで最期を迎えることにはいくつかのデメリットも存在します。まず、ホスピスは通常、終末期に特化しているため、治療の選択肢が限られることがあります。また、ホスピスケアに切り替える決断は、積極的治療をやめ、最期を快適に過ごすためのケアに切り替えるということを意味し、家族にとっても本人にとっても心理的に負担が大きい場合があります。さらに、一部の地域ではホスピス施設が少なく、施設が見つけられないこともあります。ライフル介護などの検索サイトでは、ホスピスも含めて検索できるようになっています。

介護施設や老人ホーム探しは、検索サイトを利用すると便利です。 月額費用10万円以下、生活保護OK、認知症OKなど、 条件でかんたんに探して空き状況の確認や資料請求ができます。

日本でのホスピス

緩和ケア病棟・病院のホスピスとは

日本では、緩和ケア病棟や病院内のホスピスが存在します。これらの施設では、専門の医師や看護師が終末期の患者に対して総合的なケアを提供しています。緩和ケア病棟は、患者が安心して過ごせる環境を提供し、症状の緩和と生活の質を向上させることを目指していますが、国としては病院での緩和ケアについては減らしたい意向があるようです。

在宅におけるホスピスとは

在宅ホスピスは、患者が自宅で最期の時を過ごせるように訪問看護や医師の訪問診療などを通じて支援するサービスです。ケアマネジャー、訪問看護師や医師を交えてケアの方針を決めて、計画的に訪問し、必要な医療ケアや生活上の介護を提供します。家族が介護を担う場合も多く、専門スタッフが家族をサポートし、患者が自宅で安らかに過ごせるようにします。介護保険や医療保険を利用して在宅でのサービスを提供することが多いため、高額な費用は掛かりますが、利用者負担は1割~3割となります。

慢性期・終末期の看護・介護ケアに特化したホスピス型住宅

ホスピス型住宅は、慢性期や終末期の患者に特化した住まいです。これらの施設では、専門的な看護・介護スタッフが配置され、患者のニーズに応じたケアを提供します。医療機関と連携し、患者が最期まで安心して過ごせる環境を整えています。近年の傾向としては、民間のホスピスは在宅生活扱いになる住宅型有料老人ホームの形式で運営され、介護保険や医療保険の訪問看護や訪問診療を利用して過ごす形が主流です。例えば、ホスピス事業で上場している企業には株式会社アンビスホールディングスの「医心館」などがあります。民間企業が運営する終末期の看護や介護に特化したホスピス型の施設も増えてきていますが、民間故に特色やモデルも少しずつ違っているので比較して検討しましょう。

介護施設や老人ホーム探しは、検索サイトを利用すると便利です。 月額費用10万円以下、生活保護OK、認知症OKなど、 条件でかんたんに探して空き状況の確認や資料請求ができます。

日本でホスピスを利用するための費用

ホスピスの利用には費用がかかります。費用は施設やサービス内容によって異なりますが、一般的に、入院型ホスピスは高額になりやすく、在宅ホスピスは比較的費用を抑えられる傾向があります。いずれの場合も、医療保険や介護保険を活用してある程度賄われるので、利用者が支払う費用は1割から3割の範囲となることが多いです。ホスピスという性質上、最期にやりたいことを提供してくれるサービスや、特別な関わりをする場合などには別途費用等が発生する可能性もあるので、具体的な費用については、各施設やサービス提供者に直接確認しましょう。

介護施設や老人ホーム探しは、検索サイトを利用すると便利です。 月額費用10万円以下、生活保護OK、認知症OKなど、 条件でかんたんに探して空き状況の確認や資料請求ができます。

ケアマネジャーの転職は、ケアマネ専門の転職サイトを利用しよう

ケアマネジャーの転職はケアマネ専門の転職サイトの利用が安心です。自分で求人を探したり、人づてに紹介してもらったりする場合、本心では希望している条件をいろいろ我慢してしまいがちになります。転職サイトを挟むことで、希望に合う職場を見つけてもらい、見学・面接対策・条件調整なども行ってもらえるので、希望理由や面接対策で悩んだりすることも減ります。新人ケアマネも、ベテランのケアマネも専門の転職サイトの方がケアマネの求人情報を多く持っています。



ケアマネ専門の転職サイト
ケアマネ専門の転職サイトだから安心な転職活動が可能に!

居宅介護支援事業所では人手不足状態、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー資格を有する人の求人が増えています。多くの転職サイトは介護の仕事のおまけのような感じでケアマネの転職支援をしていますが、ケア求人PECORIケアマネの転職だけはケアマネ専門なので、登録して電話面談するときにもケアマネとしての状況や今後の働き方、賃金の相場などを相談しやすいです。


「ケア求人PECOLI」の評判・クチコミはこちら

ケア求人PECOLI」は、ケアマネージャー専門の転職サイトという大変珍しいサービスで、ケアマネに特化して全国の転職支援を行っています。他の転職サイトに登録しても、よい求人が見つからなかったり、電話の人と話が合わなかったりしてうまくいかなかったケアマネも、すぐ登録できるので一度登録してピッタリな求人・転職先の紹介を受けてみましょう。(運営:株式会社PECORI 職業紹介許可番号(厚生労働大臣認可):13-ユ-308091)