「家墓」を選ぶべき5つの理由 - 自宅供養が魅力的な選択肢となる理由とは?
 

家族やペットとの絆を大切にしたい方や、お墓の維持管理に悩まされている方に、「家墓」が注目を集めています。家墓は、経済的負担や維持管理の手間が軽減されるだけでなく、自宅で愛する人やペットを側に感じられるというメリットがあります。この記事では、家墓を検討しようとしている方が知りたい情報を網羅し、家墓が魅力的な選択肢となる理由を5つご紹介します。

家墓(いえはか)とは

「家墓(いえはか)」は最高級の御影石で作られ、様々なデザインや大きさがあり、経済的にも手軽に供養ができます。

家墓とは、ご自宅や居住空間に設置して、家族やペットなどの遺骨を安置し、供養できる特別な墓石のことを指します。これにより、愛する人やペットを身近に感じることができ、いつでも手を合わせたり、語りかけることが可能です。家墓は、従来の墓地に埋葬する方法と比べて、経済的負担が少なく、お墓の維持管理が不要で、引越しの際にも一緒に移動できるなど、様々な利点があります。また、家墓はさまざまなデザインやサイズがあり、個々のニーズや好みに合わせて選ぶことができます。

miniboミニボとは

『minibo』は、手元供養できるペット用の小さな墓石です。

家墓の魅力その1:経済的負担の軽減

家墓は、墓地購入や維持管理費が不要であり、経済的負担が大幅に軽減されます。また、遠方へのお墓参りや手間も省けるため、家墓はコスト面でも理にかなった選択と言えます。

家墓の魅力その2:維持管理の手間が省ける

家墓は、自宅で遺骨を安置するため、墓地の維持管理が不要です。これにより、時間や労力を節約できます。

家墓の魅力その3:愛する人やペットを身近に感じられる家墓

を選ぶことで、愛する家族やペットを身近に感じることができます。いつでも手を合わせたり、語りかけることができるため、故人との繋がりを大切にできます。

一般的には、ペットを人間の墓地に入れるのは禁忌とされています。しかし、家墓ならば、大好きなペットと安らかにお休み頂けますし、ご遺族の方への負担もとても少なく済みます。

家墓の魅力その4:デザインやサイズの多様性

家墓は、さまざまなデザインやサイズが用意されており、個々のニーズや好みに合わせて選べます。また、最近では、モダンなデザインや環境に配慮した素材も登場しています。

家墓の魅力その5:引越しにも対応可能

家墓は、引越しの際にも一緒に移動できるため、住所が変わっても故人とのつながりを維持できます。特に、自分の家のお墓がなく、ご高齢になって、ペットや家族などのお墓をどうしようか考える時、家墓ならば、老人ホームにも持ち込めますし、仏壇の代わりとして気軽に供養できるのでお勧めです。

家墓の歴史

家墓の歴史は古く、その起源は日本や中国などの東アジアの伝統的な文化に遡ります。日本では、古来より家族や親族の遺骨を自宅に安置して供養する習慣がありました。これは、家族や親族を大切にし、故人との繋がりを大切にする日本の文化に根ざしたものです。

江戸時代に入ると、都市部での土地の価格高騰や人口増加に伴い、一般家庭でも自宅に遺骨を安置する家墓が普及し始めました。また、戦後の高度経済成長期には、核家族化や都市部への人口集中が進み、さらに家墓の需要が高まりました。

近年では、都市部での墓地不足や維持管理費の負担、遠方にある墓地へのアクセスの困難さなどが問題となっており、家墓の利点が再評価されています。また、現代社会では、宗教や家族構成の多様化、ペットとの絆の深まりなど、家墓に対するニーズが多様化しており、様々なデザインや機能を持つ家墓が登場しています。これらの要因から、家墓は今後もさらなる普及が予想されます。

まとめ

「家墓」を選ぶべき5つの理由とは、経済的負担の軽減、維持管理の手間の省略、愛する人やペットを身近に感じられる、デザインやサイズの多様性、引越しにも対応可能であることです。これらの理由から、家墓は自宅での供養に魅力的な選択肢となります。家墓を検討している方は、これらのメリットを考慮して、最適な選択を行うことが重要です。