スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症の中核症状・周辺症状(BPSD)の考え方 フリー素材

認知症の中核症状(記憶障害、実行機能障害、失行、失認、失語など)

アルツハイマー型認知症の中核症状・周辺症状(BPSD)の考え方 図・フリー素材

神経細胞同士の連絡と神経細胞自体の不具合により、記憶障害、道具が使えない、言葉が出てこない、物がなんだか分からないなどの症状がでます。これが中核症状です。

認知症の周辺症状(BPSD)

周辺症状というのは、その患者様の性格、環境、生活リズムなどによって現れます。

スポンサーリンク

認知症の周辺症状・中核症状についてはこちら

アルツハイマー型認知症(AD)の自然経過、治療の三大特徴、中核症状、周辺症状、医療機関受診、治療、薬物療法について図・イラスト入りで紹介。

詳しくは「アルツハイマー型認知症の自然経過、中核症状、周辺症状、薬物療法効果」の記事で。

この素材が気に入ったら是非
フォローして応援してください

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事