LDL・HDLコレステロールの働き・意味、図、イラスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(善玉コレステロール)のバランスが大切です。

検査値に異常がある場合、血管壁が傷ついている可能性は高いです。

血糖と合わせて覚えておきたいですね。

脂質とはあぶらです。上記にもありましたが、糖は赤血球(ヘモグロビン)にもくっつきますが、コレステロールにもくっつきます。

糖がくっついたLDLコレステロールは血管の内皮細胞に取り込まれて、有害物質を産生します。

これも血管の壁を傷つける原因になります。

善玉が多く、悪玉だ少ない状態は、血中に余分なコレステロールが少ない状態であり、血管にとって良好な状態と言えます。

この素材が気に入ったら是非
フォローして応援してください

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事