認知症について

認知症とは、脳細胞や脳の神経伝達がさまざまな原因で減少したり、働きが悪くなったりすることで、記憶力や判断力の障害などが起こった状態です。その原因からアルツハイマー型・レビー小体型・脳血管性・前頭側頭型などの種類に分類されます。認知症になると、ごはんを食べたことを覚えていない、自分のいる場所がどこなのかわからない、できたはずのことができなくなるなど、日常的な社会生活や対人関係に支障が生じます。

認知症に関連する記事一覧
グループホームとは(認知症対応型共同生活介護)