呼吸について

呼吸とは、口から肺へ酸素を取り入れて、体内で消費して二酸化炭素を放出することを表すバイタルサインです。呼吸は、体内の異常や精神状態の変化に合わせてすぐに変化が見られます。
呼吸数の平均値は、成人で毎分15~20回です。呼吸数は体位や精神状態など様々な要因によっても変化します。
新生児の呼吸数は平均で毎分40回程度、幼児の呼吸数は平均で毎分20~30回、小学生くらいからは平均で毎分20回程度になってきます。
呼吸の仕方や変化は多種多様なため呼吸数・呼吸の深さ・換気量などの数値的なもの以外にも、呼吸の特徴を大まかにみることも有効です。

呼吸に関連する記事一覧