介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)は、介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画書や施設サービス計画書(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者や医療機関との連絡、家族などとの調整等を取りまとめ、介護保険の適正に利用した生活を支援する資格です。通称ケアマネジャーと呼ばれます。

介護支援専門員の記事一覧
居宅のケアマネジャーが知っておきたい実務
サービス担当者会議の様子