介護保険について

介護保険とは、 介護が必要な方(要支援者・要介護者)に介護費用の一部を給付する制度です。介護が必要となった高齢者とその家族を社会全体で支えていく仕組みとして、2000年に制度化されました。介護保険は、全国の市区町村が保険者となり、その地域に住んでいる40歳以上の方が被保険者(加入者)として納めている介護保険料と税金で介護費用が支払われており、被保険者(要支援者・要介護者)は実際にかかる費用の1~3割の自己負担で済みます。

介護保険に関連する記事一覧
介護保険法における訪問介護