ケアマネジメントとは

ケアマネジメントとは、個々の解決すべき課題(ニーズ)を明らかにし、利用者本位の介護サービスが適切に提供されるように導入されたのがケアマネジャー(介護支援専門員)によるケアマネジメントです。介護保険制度では、ケアマネジャー(介護支援専門員)が利用者の望む生活を把握し、その生活の実現に向けて、日常生活の課題と、保健・医療・福祉のサービスが総合的・一体的・効率的になされるサービス体系を確立することとされています。
介護支援におけるケアマネジメントにおいては、要介護者やその家族がもつ生活課題(ニーズ)と各種サービスと社会資源を結び付けて在宅生活を支援する仕組みです。

ケアマネジメントに関連する記事一覧
身体拘束 3つの要件「切迫性」「非代替性」「一時性」
居宅のケアマネジャーが知っておきたい実務
提案型営業?介護でも提案型支援を